The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 沖縄移住17年のゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,ノロケ,過去旅話。

No.5420:崩れて,涸れた・・・

 多大な被害を出した熊本の地震。
 バイクに乗っていた頃,フィールドにしていた阿蘇も南側を中心にかなりの被害が・・・
 その中でショックだったのは,この二つ。


朝日新聞記事:阿蘇の「ラピュタの道」崩落



 僕がYAMAHA XJ400S(ディバージョン400)で走り回っていた頃,この道はまだラピュタの道と呼ばれておらず,無名だった。観光客もほぼ0。
 地元の人のために外輪山を上る作業道で出会う車もなく,カーブごとに移り変わる眼下の景色と,彼方の阿蘇を目にしながらのんびりと走れる道だった。
 上りと下りと,それぞれ違う走りと眺めが楽しめる道だった。


朝日新聞記事:「水の国」熊本に異変



 この記事に取り上げられた「汐井社水源」が,以前にエントリで取り上げた匿名の水源だった。
 太鼓橋が架けられたりはしているものの,徒らに観光地化されていない,だから物見遊山の人も来ることのない,地元の人のために水を与えていた水源だった。
 池の底から,静かに静かに,でも間違いなく大量の水を湧き出させていた神域の水源だった。


阿蘇・白川水源 〜湧き出る静けさ(1995.09)



 道は,作業用ではあるし,コンクリート擁壁で固めての復活もあるだろう。
 しかし,水脈が切れたかもしれない水源は・・・潤していたあの緑の田はどうなるのか。水の女神が機嫌を直してまた水脈を繋いでくれないだろうか。

 この他にも,崩落した阿蘇大橋の近くの柱状節理の露頭は大丈夫だろうかとか,常宿にしていた阿蘇市のペンション村乙姫村は無事だろうかとか,南阿蘇鉄道,JR豊肥本線はいつ元に戻るだろうかと,気になることは多々あるけど。

 ・・・人は自然にはかなわない。



スポンサーサイト
  1. 2016/05/10(火) 09:15:55|
  2. 九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5174:末吉宮の足下

 小径を上って,末吉宮拝殿の足下へ戻る。
 石段の下のアーチを左手に見て,山手側の入口へと上ってみる。
 前に来た時は本殿の朱塗りが見えたのだが,今日は茂った緑に隠されてちらりとも見えない。樹々に埋もれた感じ。
 石の上で危うく滑りそうになりながら,戻って宮の足下を廻る小径を辿ると,ぱっくり縦に割れた岩。雨水で石灰岩の弱い部分が溶かされてこうなったのか,それとも風化で割れてずれ落ちたのか・・・この宮はこうした自然の岩の雰囲気が,「もの凄さ」を感じさせてくれる。それが気に入っているのだが。


末吉宮



 傾斜はさほどないのに,落葉と湿った泥,転がる石ころの相乗効果で歩きにくい路面。晴れた日でも,緑に覆われて陽があまり当たらないから,完全に乾くことはないんだろう。
 もう少し行くと,根ごとべりっと剥がれて倒れた木。様子から察するに上から落ちたんじゃなく,左の岩壁に張り付いていたのが風のせいか,それとも自重に耐え切れずこうなったのか。亜熱帯の植物は,面白い生え方をする。


末吉宮
Google Map末吉公園






  1. 2016/01/22(金) 13:08:50|
  2. 沖縄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5169:末吉宮のまわり

 えっちらおっちらと磴道をを上ると,やっと末吉宮が見えてきた。
 左手にある小さな絵馬掛けには,真新しい願い事の絵馬や白い和紙の御神籤がびっしり。皆さん,新年のお詣りに来られたようで。ちらりと一つを見やると,「高校合格」祈願・・・無事に受かるといいね。
 反対側の小さな社務所に灯りが。新年だからなのか,それともたまたま今日がその日だったのか,兼轄している波上宮から神官が詰めているわけだ。
 前を通る時に,軽く会釈して「お訪ねしますよ」の挨拶。
 拝殿の前に上ると,今日は神官が詰めているためか,扉が開いてる。もっとも,通常の参拝は高い石段の下で,ということになっているらしい。

 一礼して,そこにおわす神々に敬意を表しておいて。拝殿の下に降りる。
 左に行けば,すぐに石段をくぐる石のアーチに出るところ,今回はそのまま茂みに続く小径を辿ってみる。
 しばらく行ったところに現われたのは,石灰岩の断崖。前面が少し開けているので明るいけれど,上から樹の根が絡み合って下りてきている姿が異様。何やら水が少しずつ浸み出しているような・・・見ると「子の御方水」と刻まれた碑があって,水神の拝所。


末吉宮の近くの拝所



 ここで小径は二手に。「子の御方水」の前を通って更に先に向かうのと,下方へ行くのと。
 先に進むと,どんどん行ってしまって収拾がつかなくなりそうなので,ちょっとだけ下へ降りてみる。
 10mも下ると,また巨岩。足下の地面が抉れて,オーバーハングになっている。羊歯がそこから頑張って生えて逆さまに葉を広げているのも,また異様。何かありそうな雰囲気だが,特に拝所らしいもの(香炉とか)は見当たらず。ただ,根元近くの小岩の向こう側に真新しいカップ酒のガラス瓶があったので,やはり誰かが拝んでいるのかもしれない。ただの酔っ払いがここまでくるわけはないので。
 オーバーハングの向こう側にも踏み分け道っぽく見える空間があったが,進むのはやめておく。


末吉宮近くの拝所

末吉宮近くの拝所
Google Map末吉公園




BGM NOW
聖飢魔II/嵐の予感 [Live][★★★★]
  1. 2016/01/20(水) 09:39:58|
  2. 沖縄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5161:末吉宮への道

 1/14の木曜日。
 雨上がり,というよりは雨の合間を縫って行ってきた末吉宮。
 あ,別にお参りしたわけじゃないですよ。神や神々を崇拝してはいないので(僕は浄土宗徒)。あくまでも,訪問です。

 ゆいレールの市民病院前駅から安謝川の谷を挟んで向こう側,お宮のあるあたりをながめたところ,前回はちらりと見えた朱塗りがまったく見えない。夏の間に樹々が茂って,覆ってしまってるようで・・・
 駅の出口からすぐに下に降りる階段を通って,直接安謝川まで下り,そこから川沿いの舗装道を通って,最寄りの公園入口へ(Mapでは紫色のルート)。
 地面が濡れてるにも関わらず,意外に猫さんたちがちらりほらりと散策中。でも,視線が合うと,さっと逃げてこちらを窺うというね・・・

 15℃くらいの低目の気温と湿り気を含んだ空気。冬生まれで低温に強いくせに喉が弱点の僕には,大変結構なコンディションなわけで。
 見かける猫さんすべてに逃げられながら,めげずに広場を迂回するように上っていくと,現われる石段。いい感じに苔がついてる。


末吉公園



 この上の方から,何やら重機がぐががががっと働いている音。公園内でなんの工事だ?と思ったら,粗々と表面を掘ったところで,作業員たちが刷毛やら箆やらでほじくってる・・・ってことは,発掘調査? 末吉宮関係のなにかがあったのかね?
 それはともかく。ここから先の参道?は昔の石畳があるとはいえ,凸凹,泥でまっすぐ歩くのが大変。↑の石段まではいい道なんだけどね。
 そして,その脇には,昔からの拝所へ向かう小道もあって。拝みに来る人たちがそれなりにあるので,踏み固められているものの,やっぱり泥で滑りやすかったり。
 しばらく頭上を覆う枝の下,薄暗くなったところを行くと,それが途切れて明るくなって・・・なかなか雰囲気がいいなあ。


末吉宮



 荒れた石畳道から左に分かれる細い参道=『磴道』。その入口近くに確か空閑地があったのだけど・・・ここもまた樹々が生い茂っていて,空閑どころじゃない。さすが亜熱帯の島,ほっとくとどんどん植物が増殖していくのだな。
 風化し,靴で磨かれた琉球石灰岩の石畳は,滑りやすくて小さな穴ぼこだらけ。隙間の土も風化石灰岩の産物で,粘土状でこれまた滑りやすく。
 そこへもってきて,しばらく行くと45°もあろうかという急坂になって・・・上りはいいけど下りはちょっと,いやいや相当気をつけないと滑って痛い目に遭いそうだ。
 その途中にも拝所があって,そこへの小径の薄暗さが,なんだか落ち着く感じ。


末吉宮
Google Map末吉公園




  1. 2016/01/17(日) 09:13:35|
  2. 沖縄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4901:ゆふいんの森など(16)

 乗降口で,アテンダントがお客様(14の左側席にいらっさいました)とお話し中。
 何かとっても嬉しそうで,いい旅できたみたいでございますね。
 今でこそななつ星ができたので最上位ではなくなったけど,ゆふいんの森のアテンダントはきびしーい訓練を受け,「どうすればお客様に喜んで,楽しんでもらえるか」で自己研鑽を日々積んでいる方々なのです。
 か〜つも,サービス良かったよ〜♪と申しておりました。うちのデカいのがお世話になりまして,ありがとうございます(笑)


ゆふいんの森




  1. 2015/09/10(木) 09:28:28|
  2. 九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4897:ゆふいんの森など(15)

 終点,博多駅到着でーす。
 お忘れ物,ございませんように〜(笑)


ゆふいんの森



 ・・・お隣に並んでるのは,787系の有明じゃないかしらん?
 あちらの内装もいいんだけど,か〜つ乗らなかったんだよね〜;;;



  1. 2015/09/08(火) 11:24:54|
  2. 九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4894:ゆふいんの森など(14)

 振り返って,車内後部。
 最後近くなって,やっと全体デザインや天井と床の処理がはっきりわかる画像が出てきたわ(笑)
 それにしてもこれだけ人が写ってると,顔のぼかし処理がめんどくさー。


ゆふいんの森



 ・・・どーでもいいけど,最前列右から二人目の男性,身体の傾き方が何となく組合員っぽくね?(笑)



  1. 2015/09/07(月) 09:45:31|
  2. 九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4892:ゆふいんの森など(13)

 それでは,皆様お待ちかね〜!
 先頭車輌特権のかぶりつきでござゐますぅ〜〜〜っ♪
 あ,踊り子さんには手を触れないでくださーいっ!見るだけ,見るだけですよ〜(違


ゆふいんの森

ゆふいんの森



 ・・・って,これ,既に鹿児島本線に入ってるし。
 か〜つってば,どうせなら久大本線の景色のいいところで撮れば良かったのにねえ(苦笑)



  1. 2015/09/06(日) 21:08:43|
  2. 九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4889:ゆふいんの森など(12)

 トイレの扉も,もちろん木目調。
 ついでに中も撮ってきてくれれば・・・って,使用中か。


ゆふいんの森




  1. 2015/09/05(土) 09:00:09|
  2. 九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4887:湯布院の森など(11)

 か〜つが乗ったのは,またもや先頭車。
 アテンダントのおねーさんが何やらご案内をしております。
 ・・・揺れたのか,ちょっとブレてるけど,女性だから別にいいや(苦笑)


ゆふいんの森




  1. 2015/09/04(金) 09:07:27|
  2. 九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4885:ゆふいんの森など(10)

 シートのテーブルも,観光用だけに広々。一応,木目調(実際には,防火の観点から無垢の木なんか使えませんからね,せいぜい薄皮一枚の合板を貼っただけ)。

 ・・・右壁にやたら凸凹が作られているのが,樹脂っぽい素材感と合わせて,個人的にはちょっと・・・。
 あと,シートの間の肘掛,背後から見た剥き出しな機械感覚はデザイン処理が甘いなと思ったり。
 (単に乗れない人の僻み目線です 笑)


ゆふいんの森




  1. 2015/09/03(木) 09:07:30|
  2. 九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4881:ゆふいんの森など(9)

 帰りのゆふいんの森で,か~つが座ったのはここらしいです。
 飛行機と同じく,荷棚は引き上げ式のカバーで覆われていて,荷物は隠して車内の雰囲気を壊さないようにしてるのね。


ゆふいんの森




  1. 2015/09/01(火) 09:45:59|
  2. 九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
そして,満を持してiPad mini!
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2017.Mar.13~)

honto
中国五代国家論

ISBN :978-4-7842-1545-4
山崎 覚士著
思文閣出版佛教大学研究叢書(7,020円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先