The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 1999年に沖縄移住したゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,年下彼氏とのノロケ,過去旅話。

No.6639:ほとぼりが冷めるまで行きたくない

 土佐の安芸市にひっそりとあった洞窟&それに続く谷間が,観光博覧会でのPRをきっかけに人気急上昇。ツアーも組まれて賑わってるそーです。
 その洞窟の名は伊尾木洞。ここにあるシダの群落の組み合わせが珍しいらしく,天然記念物に指定されてます(洞窟そのものではない)。
 ウケてる理由は,昨今ありがちな「写真映え」。やれやれ。


朝日新聞記事:岩の壁、差し込む夕日「神秘的」 高知の洞窟に客殺到




 実はこの伊尾木洞,沖縄移住以前の1998年3月に,バイクのソロツーリングで偶然訪れたことが。
 偶然というくらいだから,当時は勿論有名でもなんでもなく。マップに名所を示す記号「∴」があるだけ。案内板も殆ど見当たらず,何度もマップを見直したのを思い出す。
 僕が訪ねた時も誰もおらず誰も来ず,洞窟隧道を出た先の谷間には,風が通り抜け,小さなせせらぎが流れ,その音が聞こえるくらい静かな空間だった。
 それが今は・・・行列組んでゾロゾロと。うーみゅ,雰囲気ぶち壊し。


No.799:早春に走る21[写真-四国]



 地元にとっては,やっと観光の目玉の一つになってありがたいこととは思うけど・・・人嫌いの僕は,もう行きたくなくなってしまった。
 機会があれば,また訪ねてみたい場所の一つだったんだけどね。



BGM NOW
Bach/Mass in Bm, BWV 232 - 8. Gloria: Domine Deus
(Gustav Leonhardt/La Petite Bande, Netherlands Bach Society Chorus, Etc. )[★★★★]
スポンサーサイト
  1. 2017/11/30(木) 19:16:24|
  2. 旅情:九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5420:崩れて,涸れた・・・

 多大な被害を出した熊本の地震。
 バイクに乗っていた頃,フィールドにしていた阿蘇も南側を中心にかなりの被害が・・・
 その中でショックだったのは,この二つ。


朝日新聞記事:阿蘇の「ラピュタの道」崩落



 僕がYAMAHA XJ400S(ディバージョン400)で走り回っていた頃,この道はまだラピュタの道と呼ばれておらず,無名だった。観光客もほぼ0。
 地元の人のために外輪山を上る作業道で出会う車もなく,カーブごとに移り変わる眼下の景色と,彼方の阿蘇を目にしながらのんびりと走れる道だった。
 上りと下りと,それぞれ違う走りと眺めが楽しめる道だった。


朝日新聞記事:「水の国」熊本に異変



 この記事に取り上げられた「汐井社水源」が,以前にエントリで取り上げた匿名の水源だった。
 太鼓橋が架けられたりはしているものの,徒らに観光地化されていない,だから物見遊山の人も来ることのない,地元の人のために水を与えていた水源だった。
 池の底から,静かに静かに,でも間違いなく大量の水を湧き出させていた神域の水源だった。


阿蘇・白川水源 〜湧き出る静けさ(1995.09)



 道は,作業用ではあるし,コンクリート擁壁で固めての復活もあるだろう。
 しかし,水脈が切れたかもしれない水源は・・・潤していたあの緑の田はどうなるのか。水の女神が機嫌を直してまた水脈を繋いでくれないだろうか。

 この他にも,崩落した阿蘇大橋の近くの柱状節理の露頭は大丈夫だろうかとか,常宿にしていた阿蘇市のペンション村乙姫村は無事だろうかとか,南阿蘇鉄道,JR豊肥本線はいつ元に戻るだろうかと,気になることは多々あるけど。

 ・・・人は自然にはかなわない。



  1. 2016/05/10(火) 09:15:55|
  2. 旅情:九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4901:ゆふいんの森など(16)

 乗降口で,アテンダントがお客様(14の左側席にいらっさいました)とお話し中。
 何かとっても嬉しそうで,いい旅できたみたいでございますね。
 今でこそななつ星ができたので最上位ではなくなったけど,ゆふいんの森のアテンダントはきびしーい訓練を受け,「どうすればお客様に喜んで,楽しんでもらえるか」で自己研鑽を日々積んでいる方々なのです。
 か〜つも,サービス良かったよ〜♪と申しておりました。うちのデカいのがお世話になりまして,ありがとうございます(笑)


ゆふいんの森




  1. 2015/09/10(木) 09:28:28|
  2. 旅情:九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4897:ゆふいんの森など(15)

 終点,博多駅到着でーす。
 お忘れ物,ございませんように〜(笑)


ゆふいんの森



 ・・・お隣に並んでるのは,787系の有明じゃないかしらん?
 あちらの内装もいいんだけど,か〜つ乗らなかったんだよね〜;;;



  1. 2015/09/08(火) 11:24:54|
  2. 旅情:九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4894:ゆふいんの森など(14)

 振り返って,車内後部。
 最後近くなって,やっと全体デザインや天井と床の処理がはっきりわかる画像が出てきたわ(笑)
 それにしてもこれだけ人が写ってると,顔のぼかし処理がめんどくさー。


ゆふいんの森



 ・・・どーでもいいけど,最前列右から二人目の男性,身体の傾き方が何となく組合員っぽくね?(笑)



  1. 2015/09/07(月) 09:45:31|
  2. 旅情:九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4892:ゆふいんの森など(13)

 それでは,皆様お待ちかね〜!
 先頭車輌特権のかぶりつきでござゐますぅ〜〜〜っ♪
 あ,踊り子さんには手を触れないでくださーいっ!見るだけ,見るだけですよ〜(違


ゆふいんの森

ゆふいんの森



 ・・・って,これ,既に鹿児島本線に入ってるし。
 か〜つってば,どうせなら久大本線の景色のいいところで撮れば良かったのにねえ(苦笑)



  1. 2015/09/06(日) 21:08:43|
  2. 旅情:九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4889:ゆふいんの森など(12)

 トイレの扉も,もちろん木目調。
 ついでに中も撮ってきてくれれば・・・って,使用中か。


ゆふいんの森




  1. 2015/09/05(土) 09:00:09|
  2. 旅情:九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4887:湯布院の森など(11)

 か〜つが乗ったのは,またもや先頭車。
 アテンダントのおねーさんが何やらご案内をしております。
 ・・・揺れたのか,ちょっとブレてるけど,女性だから別にいいや(苦笑)


ゆふいんの森




  1. 2015/09/04(金) 09:07:27|
  2. 旅情:九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4885:ゆふいんの森など(10)

 シートのテーブルも,観光用だけに広々。一応,木目調(実際には,防火の観点から無垢の木なんか使えませんからね,せいぜい薄皮一枚の合板を貼っただけ)。

 ・・・右壁にやたら凸凹が作られているのが,樹脂っぽい素材感と合わせて,個人的にはちょっと・・・。
 あと,シートの間の肘掛,背後から見た剥き出しな機械感覚はデザイン処理が甘いなと思ったり。
 (単に乗れない人の僻み目線です 笑)


ゆふいんの森




  1. 2015/09/03(木) 09:07:30|
  2. 旅情:九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4881:ゆふいんの森など(9)

 帰りのゆふいんの森で,か~つが座ったのはここらしいです。
 飛行機と同じく,荷棚は引き上げ式のカバーで覆われていて,荷物は隠して車内の雰囲気を壊さないようにしてるのね。


ゆふいんの森




  1. 2015/09/01(火) 09:45:59|
  2. 旅情:九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4878:ゆふいんの森など(8)

 ハイデッカーは必然的に客室への階段が・・・車椅子や足の弱い人に優しくないのは事実。3,4号は車椅子対応のシート設定がないし。
 (小田急10000系ロマンスカーHiSE車が更新されずに淘汰されていったのも,バリアフリーに対応できなかったからだもんな)

 それはともかく,階段部も木,木目調をあしらってるのね。


ゆふいんの森




  1. 2015/08/31(月) 09:03:18|
  2. 旅情:九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.4876:ゆふいんの森など(7)

 帰りの「ゆふいんの森」号。
 ハイデッカーのこの重厚感がいいんだなぁ・・・

 ところで,「入場券をお買い求めください」って,何の?


ゆふいんの森




  1. 2015/08/30(日) 09:00:47|
  2. 旅情:九州,中国,四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
   [Special御苦労!]
→ iMac (21.5-inch, 2017)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹→高紫衣裸
iPad miniは2017.06.08に退役,
以後はiPad mini4(Gold)に。
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2018.Jun.17~)

honto
中世ヨーロッパの都市の生活

ISBN :4-06-159776-0
ギース著
講談社学術文庫(1,188円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先