The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 1999年に沖縄移住したゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,年下彼氏とのノロケ,過去旅話。

No.6367:深夜の訪問者(閲覧注意)

 とある,昼間の暑さの残る夜中のこと。
 男がたった一人,店に残って溜まった事務仕事を片づけておった。
 月の出の遅い頃とて,灯をすべて消した店の外は暗闇に覆われ,ただガラス窓から漏れる光だけが敷地をうすぼんやりと照らしておった。
 窓に向かって座った男は,しかしそんな景色には頓着せず,ひたすら仕事に没頭しておったのじゃ。
 どのくらい経った頃かの。
 仕事の終わりの目処もついた男は,ふと自らに注がれる視線を感じ,不審に思うた。こんな時間に,誰もいる筈はないからじゃ。
 振り向いても,そこには防犯用のカメラがいつもの通り,知らん顔をしているだけ。
 もちろん,横にも何者もおりはせなんだ。
 それでも,視線を感じ続けた男は,意を決して目の前の窓を覗き込んだ。
 すると,そこには・・・







 (決して覗いてはなりませぬ)




 (覗くなら覚悟を決めて下さいまし)








 (悪いことは申しませぬ,後悔なさる前にお引き返しなさいまし)












蛾



 ・・・御前様,あれほど覗かないで下さいと言うたのに,覗いてしまわれたのですね・・・(笑)


 窓の外側,セメント枠のところに取り付いた蛾さんが,おっきなまんまるお目目でこちらを見てました。
 触覚と前の歩脚を畳んでて,なんかしおらしくお願いでもしてるようにも見えますな。
 もしかして,「あぶらを~売っておくれで~ないかえ~~~~~~」とでも言ってたのかな(笑)

 幸い,翌日地下タンクのガソリンなどは減ってませんでした・・・って,妖怪油赤子かいっ(爆笑)



スポンサーサイト
  1. 2017/07/17(月) 00:40:54|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6363:◯コチン中毒の禁断症状,ちょっと解消

 ・・・◯の中は,ニではなくネです。ネコチン中毒(笑)

 最近,また近所の猫日照りがひどくなってしまって。
 夜中に喧嘩してる声とか,職場の敷地内をさっと走り抜けるノラさんたちとか,猫さん自体はけっこう存在するものの,ここ4ヶ月ほどおさわりさせてもらってないのです。
 頼みの綱の,弁当屋兼居酒屋の警備員猫「猫丸」さんも,暑くなったものだから裏方の涼しいところに引っ込んでしまってるし。

 重症のネコチン中毒なものだから,そろそろ限界。
 職場を通り抜けるタイミングを窺っているノラさんに「もふらせろ〜!」と迫って更に警戒されたり(たぶん,警報が出たと思うぞ 笑),
 うっかり自ら猫化して,お客様と話してる時に語尾に「〜ニャ」が付きそうになったり。
 このまま行ったら,近場の動物病院(二つあるです)に深夜突入して,入院中の猫さまを無理やりもふってしまうんじゃないかと(犯罪だからっ!)

 そんな禁断症状に悩まされていた猫信徒に,哀れと思し召した猫神さまが救いの手を。
 4日前,近所のファミマに寄ったら,入口近くに香箱作ってる薄茶白の猫さま。
 「猫さまだぁ〜」と近寄ったら,あまりにも異様なオーラが出てたのか,警戒されて立ち上がられてしまった;;; いかんいかん,落ち着け。
 しゃがみこんで,ご挨拶に「にゃあ」とやったら,立ち止まって「・・・にゃ」。よし,これはイケる!
 しばらく鳴き交わして(店の中から見えたかもしれんが,そんなこたぁどうでもいい 笑),やっと足下においでいただくことに成功。まずは首筋からさわさわ。ん〜いい毛並み。再び香箱を作ったところで,耳の後ろから顎の下,口許,喉から肩,背中と。
 目を細めてぐぅぐぅ言ってらっしゃる。喜んでいただけて,幸甚に存じます〜〜〜〜♪
 ごろんと横にはなってもらえなかったので,残念ながらお腹もふもふはできなかったけど,存分におさわりさせていただきましたニャ。
 ・・・これで,また1ヶ月は猫日照りに耐えられますっ!

 翌日,翌々日と,またお会いできるかと(あわよくば腹もふできるかと)同じ時間に行ってみたけど姿は見えず。
 ノミ除け首輪をしていたし,♂なのにωがなかったし,人馴れしてるから,近所の飼い猫さんがたまたまお散歩に出てただけニャのか・・・
 いや,きっと猫神さまが遣わされた堕天使ならぬニャ天使だったんだ。そうにちがいニャい。



おーい,また猫化してるぞーーーーーー(笑)




  1. 2017/07/15(土) 00:40:46|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

No.6359:悪くない演奏だワン

 ・・・とでも,思ったんでしょうかね。

 トルコ西部の古代から続く都市エフェソスで,このほど開かれたウィーン室内管弦楽団の野外コンサート。
 古代遺跡を使った以外はごく普通の演奏会の筈だったのに・・・演奏中にワンコが突然現れ,指揮台近くのコンサートマスターの足下に座り込んで,聴衆と一緒に演奏を楽しんだそーです。聴衆大受け(笑)

 演目はメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」。ワンコが現れたのは,第一楽章ですな。
 記事画像で見ると,かなりリラックスしてるようで・・・動画で見ると,ほんとにリラックスしてる(笑) そのまま第4楽章まで居座ってたのかしら?


時事通信記事:クラシックコンサートに現れたかわいいゲストに拍手喝采、トルコ

Turkish dog's virtuoso solo steals hearts at classical concert(動画)



 乱入したのが温和なワンコで良かったですな。
 ネコ様だと,しゃかしゃか動くヴァイオリニストの弓や指揮者のひらひら揺らめく服の裾に反応して,おイタをなさってたかも。・・・演奏中の指揮者登頂成功という快挙もあったりして(爆笑)



  1. 2017/07/13(木) 09:09:38|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6309:マイノリティの恋愛成就は,大変だ

 パートナー候補といいところまで行っていたのに,突然現われたヤツに相手を奪われて三角関係に敗れてしまうなんて;;; ・・・って,人間の話じゃありません,カタツムリさんのお話(笑)

 えー,イングランドはノッティンガムにお住いのカタツムリ・ジェレミー。ごく普通のカタツムリに見えますが,実は殻の巻き方が普通とは逆になっている,カタツムリ界のマイノリティ(苦笑)。その巻き方のせいで,普通巻きの個体とはうまく交尾ができず,子孫が作れないのです。
 そこで,研究をしている教授が呼びかけたところ,同種で逆巻きの同じマイノリティ個体2匹が提供され,御一緒に・・・なる筈が,ジェレミー以外の2匹がいい関係になってしまって,しっかり交尾,お子さんまで生まれちゃったというね。
 ちなみに,カタツムリは雌雄同体なので交尾はお互いに精子を交換する形になり,どちらも卵を産めますです・・・まあ便利(笑)


時事通信記事:希少な「逆巻き」カタツムリ、三角関係に敗れる



 面白いのは,ジェレミーを袖にした逆巻き2匹から生まれた子は,親とは違って普通巻きだってこと。単純に遺伝するわけじゃないのか・・・それとも何かの環境要因なのか?
 それと,殻が逆巻きということは,人間の内臓逆位のように体の内部の体制も逆になってるんだろうか? うーむ,生活には全く無関係な余計な好奇心がムクムク勃起してきたぞー(笑)

 ところで,逆巻きカタツムリ,カタツムリ捕食専門のヘビさんが住まっているところでは,存在確率は高いらしいです。なぜかというと,ヘビさんの口が多数派の普通巻きを食べやすいように進化しているので,逆巻きだと殻の形がマッチせず,うまく食べられない=捕食圧がそれだけ少なくなるから。ヨーロッパにはそこまで特化したヘビさんは,いないみたいね。

 ・・・前から思ってるんだけど,子孫を残しにくいにも関わらずほぼ一定の割合で存在するってことは,人間の性的マイノリティにも何かしら淘汰圧が軽くて生存に有利なところとか,あるのかしらね?(苦笑)



  1. 2017/06/21(水) 08:44:10|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6273:野生の王国は足下に・・・

 職場の前の歩道に電信柱と信号柱のためのスペースがありまして。
 そこは舗装されてなくて,土が剥き出しの状態にされております。
 季節柄・・・というか,温暖な沖縄のこと,道路管理が刈り取っていってもすぐに草が生えてきて,蔓延しちゃうんですねえ。
 その中には,幼虫の食草も生えてくるらしくて,2週間くらい前にモンシロチョウみたいな白い蝶が何頭も産卵してったですよ。

 そして昨日の夕方近く。
 近所にお住まいのイソヒヨドリが一羽,飛んできまして。グレーの地味な姿のイソヒヨドリ夫人,縁石のところに留まって,しばらく首をかしげて子細ありげに草叢を見てたと思ったら,いきなりパッと飛び込んで。
 何か見つけたのかなあとしばらく見てたら,ひょいと出てきた時に嘴に小さな青虫を咥えてました。またぴょんぴょんと跳ねながら草叢に姿を隠して,更に2匹ゲット。咥えたままで更に捕まえるとは,意外に器用だな。
 すぐに食べずに咥えたままどっかへ飛んで行ったので,きっとお家で待っているお子さんたちに食わせるんでしょう。子育ての季節だし。

 イソヒヨドリ夫人が去った後,どこら辺に幼虫がいたんだろうと,彼女が入り込んだあたりの草を暇に任せて観察してみたんですけどね,全然見つけられなかった。産卵の回数からして,まだまだいる筈なのに。さすが,鳥の視力は鋭いなあ,と感心。
 取られてった蝶の幼虫は気の毒だけど,そういう犠牲は織り込み済みの多産多死タイプの繁殖ですからねえ。

 ・・・おたくのご近所にも,野生の王国が転がってるかもよ?



草叢は野生の王国




  1. 2017/06/02(金) 10:15:27|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6241:問題はどうやって突き付けるか。

 キャビアの採れることで有名なチョウザメ。
 そのチョウザメを飼育・研究している北海道標津町の標津サーモン科学館で,チョウザメに噛んでもらう体験ショーをやってるそーです,
 形が似ているのでサメとついているけど,実はチョウザメはサメとは違う種類で,歯が全くないんだそうで,噛まれても無問題。この「指パク体験」で噛んでくれるのは,1mほどの幼魚・・・って,けっこうでかいな(苦笑)
 職員が2mに育った成魚に腕を呑み込まれるのを見せる,「エサガブ」もやってるそーです。


朝日新聞記事:チョウザメが指ガブリ かまれる恐怖体験が人気 北海道



 夜の大人の体験イベントとして,イチモツを飲み込んで歯のない口で優しくガジガジしてもらう「ブツパク体験」なんてものは・・・しないよな(苦笑)
 噛まれた瞬間,うっかり人間の白子を給餌しちゃうこともありそう・・・人間の白子を餌にしてできたキャビアとか,給餌したイケメソ職員の顔写真付きでネット販売したら,高値で売れたりなんかしちゃったりして。

 (ジョーズに喰い切ってもらって来い!)
 (そんなにでかいモノ持ってません,残念!)



BGM NOW
武満徹/弦楽のためのレクィエム
(尾高忠明/Tokyo Kioi Sinfonietta)[★★★★★]
  1. 2017/05/16(火) 09:13:34|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6203:せっかく冬を越したのに・・・せめて繁殖はできたのかしらん?な件(哀)

 お店の前で,死亡事故が発生しました!
 時速50kmで疾走する車にぶつかったのは,こちら↓


蝶



 はい,蝶々さんでした(苦笑)
 ぶつかった時の衝撃で,後翅が一枚取れちゃってて,その他の翅も脱臼しておかしな状態に・・・。
 鱗粉がところどころ剥げてたり,翅の一部が欠けてたりしているところを見ると,成虫の状態で越冬(つっても沖縄の冬は温かいけど)した個体と思われます。
 ・・・せめて,繁殖活動には参加できたのかな?

 この後,花壇の上に安置してやりました。蟻さんたちが処分してくれるでしょ。



  1. 2017/04/29(土) 08:15:26|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6195:過酷な乱交交尾してると,雄の命が短くなる・・・;;;件(笑)

 乱交し過ぎにより種の素が尽きてしまって,雄としての命(笑)が短くなるということじゃ,ありません。文字どおり,寿命が短くなっちゃうんだそーです。
 ・・・あ,ヘビの一種の話です,悪しからず(笑)

 カナダ在住のガーターヘビの一種は,冬眠から目覚めた直後に1匹の雌に100匹にもなろうかという雄が群がって「交尾玉」を作るんだそーですが。
 雄は冬眠の絶食状態から目覚めてすぐに交尾玉に参加するので,ロクに餌も食べられない。交尾期間は2〜4週間なので,冬眠前から通算すると8ヶ月も絶食状態!
 そんな中で,雌を巡ってのくんずほぐれつの「乱交」してたら,染色体末端で染色体そのものを保護しているテロメアがどんどん短くなって,老化が早まってしまう・・・というね。
 雌の方は,1回交尾すればいいので,餌を食べられないのは数日だけ。雄は自分の種をなんとか雌に渡すために,次から次へと交尾玉に参加しなければならないという無間地獄(苦笑)
 詳しくは,下記の記事を・・・と言いたいんですが・・・冒頭に交尾玉の画像があるんで,蛇嫌いの人は,決して覗かないでください・・・;;;


National Geographic日本語版:「過酷な乱交」でヘビのオスが短命に?



 記事の続きによると,『アンテキヌスと呼ばれる小型有袋類のオスは、あまりに長時間にわたり交尾するため、毛が抜け、血管が破れ、ついには壊疽を起こす。』って,どこがーーーーーーーーーーッ?!
 世のHomo Sapiensの雄の方々,くれぐれもヤリ過ぎにはご注意を・・・って,飲まず食わずで乱交することは,ないわな・・・擦り切れるくらいヤルことはあるかもしれんが(苦笑)



  1. 2017/04/26(水) 01:03:10|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6175:「ぼっち」はこわくないことを体現しているように見えるからウケるんじゃないか?な件(笑)

 京都市動物園にお住いの雌のフンボルトペンギン「ナンテン」が,ネット上で人気なんだそーです。
 理由は,その壁に向かって一羽立ち尽くす「ぼっち」な姿。群れに馴染めないで,自分一羽だけで行動しているんだーです。別にいじめられてるとかいうわけではないようで。
 確かに,記事の画像を見ると,その立ち姿がかわいい・・・しかし,7年前に入園してからずっとってことは,フンボルトペンギンの寿命がどんだけかは知りませんが,群れに入り込むのは最早無理なんでは?
 まあ,別にお互い困ってるわけでもなさそうなので,これは他のペンギンたちより仲間との距離が必要なナンテンさんの個性ってことで。


朝日新聞記事:壁に向かい立ち尽くす… 「ぼっち」ペンギン人気



 ナンテンさんがウケる理由・・・「絆」という言葉に象徴される,人と人との繋がりを強調/強制する空気に疲れが出てるんじゃないですかね? などと思ってしまうわけですよ,社会内隠者的生活を送るひねくれ者としては。
 「友だち百人できるかな」なんて,ぞっとしますわ・・・てか,それホントに友だちか?ただの知り合いレベルだろ(笑)



  1. 2017/04/16(日) 00:46:05|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6136:久々に聞く若いコの啼く声は,やっぱりええのぉ(*´д`*)な件(笑)

 高めの澄んだ声で連続して啼かれるとね,もうね,もうね・・・





 誰でつか?股間を甘固くしちゃったりしてるのは?
 最近,お店の近所に棲みついたらしい,カラスさんのことでつよ?(笑)

 どっかで書いたこともあると思うんですが,ワタシ,鳥に関しては基本,愛でる対象というより「潜在的な食料源」としてしか見てません。
 ただし,フクロウ,カラス,ペンギンに関してはその限りにあらず。理由は,どれも鳥離れしてるから(フクロウは外見,カラスは知能,ペンギンは水中飛翔)
 中でも,カラスはとっても賢いし,その艶やかな黒一色のシックな姿,飛翔時の翼の先がピン!と反った曲線の美しさ(それはまるで,うちらおゲイ子が人前で無意識に細部に神経を使った仕草をしてしまうのを連想させるのです)と,ダントツで好き。

 そんなカラスさんたち,沖縄本島では元々は北部山原地方にしかいなかったんですが,この10年くらいの間に少しずつ南下してきて,お店の周辺でも割と普通に見かけるようになったんですね〜。とても嬉しい(微笑)
 で,今日,暇こいてぼーっとお客さん待ちしている時,すぐ横の街路樹の上から,カアカアカアカアカアカアカアカア・・・と連呼するコが。
 澄んだ声なので,ハシボソさんではなくハシブトガラスさん。割と高めの声なので,まだ巣立ちして間もない若い個体かと。
 暇に任せてじーっと見ていると,何度か連呼を繰り返して。んー,誰か呼んでるのかな? そのうち返事もないまま,パッと飛び立ってどっかへ行っちゃいましたが。

 ・・・カラス・ラブな身としては,もうちょっと啼いてて欲しかったんだけどなあ。



  1. 2017/04/02(日) 00:41:19|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6101:気候がおかしいというより一月くらいずれてる,ということは旧暦進行してるということで,も一度御真影を上げてみる件(笑)

 エルニーニョが終わってラニーニャに入ってる?せいなのかどうなのかは知りませんが,今年は気候がおかしいですな。
 沖縄の気候も,1月半ば過ぎてやっと冷えてきたり,寒暖の差が激しかったり,3月半ば過ぎの今頃になってもまだ冬のようなどんより天気で低温傾向が続いていたり。ちょうど一月ばかり季節の変化がずれてるような感じです。
 で,ふと旧暦を見たら,今年は新暦とはほぼ一月ずれていて,ちょうど今日が2月20日。ということわけで,猫の日企画ももう一度,でございます(笑)

 先日の冷えた日にジュンク堂へ威力偵察に向かった時に撮った,宝くじ売り場近くにたむろしていた猫様たちの御真影。
 15℃は,沖縄在住の猫様たちには寒かったらしく,基本丸まっておられました。その中でも毅然として座っておられる黒猫様のお姿と横顔が,あまりにも凛々しく・・・ありがたやありがたや。


猫2匹

黒猫




  1. 2017/03/17(金) 12:54:11|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6091:バター犬の連想から,やっぱりそーゆーイケナイ方向に調教されたものと一瞬勘違いしたくなった件(笑)

 4〜5日に開催された(筈)のテニスのブラジル・オープンで,ボールを拾い集める役にワンコ6匹が採用されたそーです。ボール犬の登場は,去年の4匹に引き続いて2度目らしいです。
 ワンコの保護施設にいるコたちから選ばれたとか。去年の先輩たちに続いて,いい飼い主さんが見つかるといいね。


CNN Japan記事:テニス大会に6匹の「ボール犬」登場 ブラジル



 ところで,腐れた性根のオキャマは,タイトルのように「こ,これはもしかして股をおっ広げたらωをぺろぺろはむはむするように訓練された・・・」とおバカなことを考えてしまったのでしたとさ(・・・そのまま噛み切ってもらえ)



  1. 2017/03/10(金) 08:14:44|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
iPad miniは2017.06.08に退役,
以後はiPad mini4(Gold)に。
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2017.Aug.06~)

honto
ロシア中世都市の政治世界 都市国家ノヴゴロドの群像

ISBN :4-88202-738-0
松木 栄三著
彩流社(4,104円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先