The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 1999年に沖縄移住したゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,年下彼氏とのノロケ,過去旅話。

No.7049:ネコと子猫(12)

 メールの送り主は,女性で,以前に家族と子猫から飼った経験があるという人。
 まだ生後1ヶ月半の仔だから,経験者なら安心はできるな。
 ペット可の賃貸で,飼育に関するその他の条件も,クリア。
 何度かメールをやり取りして,次のお休みの日に獣医さんで本猫と顔合わせをすることに。・・・この時に,人柄等の見定めをして,信頼できる人かどうかチェックね。
 獣医さんのスタッフにも,日時を知らせて,センセから健康状態や飼育の注意点などを教えてもらえるよう手配。ヨシ。

 そして,当日。
 時間より早めに獣医さんに行って,子猫を出してもらって。
 カウンターの上に置かれると,すぐにどっかに冒険旅行に行こうとする。お前,ホントお元気になったね〜♪

 「いい人だといいですね〜」
 「ホントに」

 待合室の,外が見える場所の椅子に腰掛けて。
 膝の上で子猫はもぞもぞ。この匂いは前にも抱っこしてもらった人だにゃ,とでも思ってるんだろうか。
 保護した時もそれほど痩せてたわけじゃないけど,心持ちふっくらしてきた感じ。ここのご飯,おいしい?
 ・・・そう言えば,この仔の鳴き声,まともに聞いたことないなあ。保護した時は,怯えててシャーッしかしなかったし。箱の中にいた間も,静かだったし。
 その後も,鳴いてる場面に出会わない。スタッフさんによると,餌の前などにたまに鳴くそうだから,あんまり声を出さない仔なのかな。
 今日は獣医さんの中で環境が変わらないせいか,子猫は最初から本領発揮。僕の上をとにかく動き回る。
 よじ登って,降りてきて,シャツの襟に戯れて,ポケットに頭を突っ込んで,また登って・・・お前,僕のことキャットタワーと勘違いしてない?(笑)

 そんなことしてると,ガラスの向こうにそれらしい女性の姿が現われた。僕の姿(「スキンヘッドなのですぐわかります」)を探してキョロキョロしてる様子は,どこかおっとりした感じ。

 「あ,すみませーん,●●さんですか〜?」
 「あ,ハイ」
 「お待ちしてましたー,どうぞー」

 中に招き入れて,子猫とご対面。

 「かわいいですね〜」
 「メールにも書きましたけど,女の子で今1ヶ月ちょっと,だそうです」

 掌の上に載せた仔を,しげしげと。知らない人が目の前にいるせいか,子猫はちょっと大人しくなった。

 「ちょっと抱っこしてみます?」
 「そうですね」

 ハイ,と差し出しすと,ちょっとおずおずと,でも子猫が危なくないように気をつけて抱きとってくれる。
 子猫は知らない匂いに抱かれて,緊張気味。でも,優しく撫でられると安心したように身を委ねて。きょとんと女性の顔を見上げてる。
 抱きとり方,撫で方,共に猫の扱い方をある程度わかってるみたいだな。家族と飼ったことがあるというのは本当らしい。
 保護した時の状況とか,抱っこしてる時の活動状況(笑)とかをお話しながら,人柄の品定め。第一印象のおっとりした感じそのまま,だな。何かを企んだり,裏に隠してるという雰囲気は,ない。・・・横流しとかの心配はなさそう。
 子猫を抱いて撫でながら顔を見ている表情は,動物好きな人がよく見せる愛情に溢れたもの。これなら,虐待の心配もないでしょ。
 あ,センセがカウンタに出てきた。

 「おはようございますー」
 「じゃ,今の健康状態とか,先生に聞いてもらえますか?」
 「はい」

 話の邪魔にならないように,子猫を抱きとる。慣れた匂いに戻ってきて,子猫再活性化(笑)



スポンサーサイト
  1. 2018/06/21(木) 09:35:59|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.7046:ネコと子猫(11)

 遊び足りなさそうな子猫を抱き上げて,再び獣医さんのカウンターへ。

 「すみません,お見合い整いませんでした・・・」
 「あらら・・・おまえ,ダメだったの〜?」
 「またしばらくの預かり,お願いします〜;;;」
 「わかりました。ちゃんとお世話はしますから,大丈夫ですよ〜」

 スタッフさんに抱っこされて,ケージに戻る子猫。まあ本人は何もわかってないだろうけど(苦笑)

 さて。
 愛らしくもヤンチャな子猫との触れ合いの余韻を引きずりながら,おうちへ。
 今日撮った画像を加工して,二つの里親募集サイトにアップ。紹介文も追加して。
 猫神さま,どうぞいい人が見つかりますように・・・!
 勿論,サイトだけじゃなく,翌日からも常連のお客様とか,給油に来た関連会社の人とか,行きつけのお店の人とかにも「もし猫を飼いたいという人がいたら・・・」と紹介を依頼,依頼,依頼。
 「ねこや〜ねこ〜,げんきでかわいいこねこは,いらんかえ〜」
 ・・・気分は殆ど,売れ残りを抱えた棒手振り(笑)

 でも。
 それから4日,どこからもなんの音沙汰もなし。
 女性が多いから期待していた保険会社の方も,「カワイイ」という反応はあるものの,具体的な「飼いたい」にまでは踏み込む人がいないとか・・・。
 どうしよう。
 保護猫の譲渡会という手もあるけど,これは大抵が週末に開かれてるから,土日出勤の僕には無理;;;
 保護猫カフェに委託・・・も考えてみたものの,今年は猫が豊作(違)みたいで,どこも現在抱えてる仔たちで手一杯らしい。
 獣医さんとこの掲示板も,既に4枚くらい募集ポスターが貼ってあったし。
 わーーーーどうしたらいいんだーーーーーー。

 と,頭を抱えていたところ。
 突然に,後から登録した里親募集サイトからメール。
 また注意喚起? いやいや,違った。応募者がいますというお知らせメールだ!
 やったー! 遂に来たーーーー!
 いや,待てよ。なかなか見つからなくて焦れてるところを狙った,里親詐欺かもしれないぞ。そういう手口もあるという話じゃないか。
 まずは,サイトの注意喚起を読み直して,事前の心構えをしておいて。

 ・・・とりあえず,メールの内容はごく普通だった。



  1. 2018/06/20(水) 00:50:09|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.7042:ネコと子猫(10)

 部屋の空気をふんふんやって,あたりを見回して。
 ここは安心できる場所だと思ったのか,少しずつ動き始めた子猫。
 まずは,僕の膝の上をおっかなびっくり先まで行って。おーい,飛び降りるんじゃないよ。
 強制的に向きを変えさせると,不思議そうな顔で僕を見てくる。
 あ,こっちに来た。おーだんだん接近してくる。腹から胸,わざと立てて急角度にした体をよじよじ。頭頂に登頂するのはやめてね,スキンヘッドだから痛いからっ。
 襟のところで背中に回り,ぐるっと反対側の肩に。さすが子猫,身軽。
 降りてきたら,今度は右手の指に戯れて。また甘噛みから本気噛みになったので,軽くぺし。まぁた不思議そうな顔でじーっと僕を見る。
 ・・・そんな見られたら,オキシトシン分泌が全開になっちゃうじゃないかぁ〜〜〜(微笑)
 その後も,隣の椅子に置かれた箱に興味を示して,上に乗ったはいいものの,ビニール包装の感触に困惑して爪を立ててみたり,僕経由で後ろのホワイトボードに登ろうとしたり。・・・お前,意外にやんちゃだね(笑)

 ・・・で,気づいたら,もう約束の時間を1時間以上過ぎてる。呑気者の僕も,さすがに不安になって来た。
 どーしたんだ? 仲立ちしてる高校生バイトに聞こうにも,学校の集会か何かで今日は遅れると連絡があったそうだから・・・まだかなまだかな,学研のおばちゃんまだかな〜(違
 あ,来た。おーい,まだ相手来ないんだけどー?

 「え? 何やってんだあいつ。LINEで確認して見ますー」

 ユニフォームに着替えて再び現れた顔は,すまなさそうな表情。

 「すみません・・・やっぱり今日は来れないってLINE入ってました」
 「あらま」
 「集会でケータイ確認できなかったから,気づかなくて」
 「いやいや,それはいいんだけど・・・じゃあ,この線はなかったことにした方が,いいかな?」
 「そーですね;;; アイツ,ほんとにいい加減なんだから」
 「仕方ない,別口で探すか」
 「すみません」
 「いやいや,お前さんのせいじゃないから気にすんな・・・それに子猫とたっぷりスキンシップできたし♪」

 というわけで,また振り出しに戻っちゃった。
 しかし,よく考えたら,予定通りこの相手に渡せてたとして,果たしてこの子猫が幸せになったかどうか・・・このいい加減さだと,持て余してまたどっかに捨てちゃうという可能性だってなきにしもあらず。
 よし。
 気持ちを切り替えて,も一度募集サイトに今日撮った最新の画像を載せて,今日の様子も書き加えてみよう。もしかしたら,惹かれる人が現われるかもしれない。


 それにしても。
 猫さまと2時間以上接したの,すごく久しぶりだなあ。しかも,かわいいやんちゃ子猫。
 心蕩けて,癒し度Maxになっちゃったよ。
 あ,もしかして,猫神さま,一時保護のご褒美にこんな時間作ってくれたの? 僕頑張りますっ(笑)



  1. 2018/06/18(月) 00:50:25|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.7038:ネコと子猫(9)

 そして,約束の日。
 時間前に,獣医さんのところで子猫をお引き取り。
 お会計は,8日間分+ノミ取り処置代で一万円ちょっと。

 「いい人だといいですね~」
 「ホントに。決まりになったら,健康状態とかを先生からお話してもらっても,いいですか?」
 「伝えておきますね~」
 「お願いしまーす」

 抱っこして,お店に戻る。
 んー,ちょっとだけ大きくなった? 獣医さんでもらってた餌,おいしかった?(笑)
 サービスルームで待機。テレビの音,待ってるお客さんの立てる音,外から聞こえる車や洗車機の音・・・静かだったペットホテルと環境が違うので,ちょっと怯え気味。音がする度に,体がピクッと動く。
 しかも,この日は気温が高めだったので,サービスルーム内はクーラーが効かされてて。小さな子猫にはちょっと冷えるかも。
 というわけで,椅子に浅く腰かけて,下腹部あたりに座らせて上からシャツの裾をかけてやる。安心したように,丸くなって大人しくなったよ。

 「お? 可愛くなりましたねえ」
 「あ,店長♪」
 「どれどれ~」

 あー,店長,いきなり撫でようとしちゃダメで・・・と言おうとした瞬間,子猫がシャーッ!パッ!!! うーん,録音しておきたいような見事な空気砲(笑)
 まだ急な動きはコワいんですよ,幼いし。様子窺いながらそーっと手を伸ばせば,大丈夫だったのに。

 「あーごめんごめん・・・Ikunoさんにしか慣れてないみたいですねえ」
 「そーゆーわけでもないと思いますけど(苦笑) ・・・はーい大丈夫,こわくないこわくなーい」

 きゅっと抱いて,優しく撫でてあげて,落ち着かせる。トックントックン,心臓の音が伝わってきて,相当こわかったみたいだね。

 iPad miniで読書しながら,撫でたり指先で遊ばせたりして,時間が過ぎていく。
 あり?もう約束の時間なんだけどな。学校終わるのが遅くなってるのかな?
 ん~。ここだと冷え過ぎになってもいけないから,事務室に移動しようか? 店長はさっき帰ったから,誰もいないし。ここより静かだし,まだ冷房も入れてないからね。

 ここなら人目がないから,自由にできるよ。ほーら。
 また環境が変わったので,少しおどおど。前と同じように,シャツの裾で包むようにしてしばらく抱いてたら,ここは静かなせいか,すぐに落ち着いた。
 撫で撫でしてると,甘えるように顔をシャツにこすりつけたり,指にちょっかい出してきたり。目の前で動く指をパクッと咥えて,甘噛み甘噛み。ん~,かわいいなあ・・・イテッ!
 これっ,本気噛みはご法度だぞ! 君らと違って毛皮着てないんだから,穴が開いちゃうんだッ!
 教育的指導ですかさず頭をぺし。母親やきょうだいと一緒なら,どこまでやっていいか自然にわかってくるんだろうけど・・・。

 室温も高めだし,もう寒くはないよね。あ,出てきた。空気をふんふんやってる。いっちょまえ(笑)


子猫

子猫

子猫




BGM NOW
Rachmaninoff/Piano Concerto No.4 in Gm, Op.40 - 1. Allegro vivace
(Nikolai Petrov:Pf, Gennadi Rozhdestvensky/The USSR Bolshoi Theatre Orchestra)[★★★★]
  1. 2018/06/15(金) 00:59:05|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.7033:ネコと子猫(8)

 別の里親募集サイトに,かわいいアップ写真も付けて登録したのはいいけれど。
 こちらも,閲覧者数こそ毎日増えるものの,応募者は皆無。
 初日にメールがあってワーイ♪と思ったら,「里親詐欺にご注意ください」という内容の注意喚起だったというね。

 これはもう,サイトは見切りをつけて現実の人脈に頼るしかないか。
 そんなある日,大分以前に勤めていたバイトスタッフが久々に訪ねてきた。

 「旦那旦那,いいコいますぜ?」
 「なんすか,Ikunoさーん」
 「マスカラぱっちりのかわいいコ・・・ほれ」

 iPhoneの壁紙を見せたらば。

 「あー子猫ですかぁ・・・実はねえ,うちの会社でも迷い込んできたのがいて,引き取り先探してるんすよー;;;」
 「あらま」

 獣医のセンセも言ってたけど,この時季は猫の出産シーズンで,それに伴ってはぐれ子猫も増えるんだとか。
 伝え聞いた話では,近くの別のガソリンスタンドでもしばらく前に保護したものの,引き取り手がどーにも見つからず,扱いに困ってどっかの公園に放しちゃったとか・・・オイコラ!
 この仔は,敬虔なる猫信徒として,そんな目に遭わせるわけにはいきませぬ。あ,そうだ,保険に取っておいた高校生スタッフの筋は,どうかな。

 「親戚の方は,やっぱ難しいみたいっす・・・前からいるヤツがちょっと神経質だって」
 「じゃあ,しょうがないね。友だちの方は?まだ脈ある?」
 「聞いてみましょっか」

 翌日,吉報が。

 「あいつ,まだ欲しいって言ってましたよー」
 「おうちの方も大丈夫なんだろうね?」
 「親には言ってるって」
 「んー」

 この際,この筋にした方がいいのかな。スタッフの知り合いなら,全く知らない人間に引き渡すよりも,とりあえず目は行き届くよな。
 最悪の場合,取り戻すことも簡単だし。・・・よし,決めた。

 「んじゃさ,次の自分の休みの時に,ここに来るように言っといてよ。本人と顔合わせさせて,そいつの話を聞いて,それから判断したいから」
 「わかりましたー」

 獣医さんには,一応その日で一旦卒業扱いにして料金を清算するってことでお話をしておく。
 勿論,話が整わなければ,再度預かってもらうということで。


これが吉と出るか凶と出るかは,猫神さまのみぞ知る・・・




  1. 2018/06/13(水) 00:50:14|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.7023:ネコと子猫(7)

 猫神さまの采配ミスで,いい里親さん候補を逃してから3日。
 子猫は,ペットホテルの環境にも馴染んだようで,スタッフさんによるとケージの中で一人遊びしてるらしい。
 センセの見立てでは,生後一月ちょっと。
 母親やきょうだいと離れてしまって,寂しくないかな。

 閲覧者が増えるだけの最初の里親サイトには見切りをつけて,別のにも登録してみよう。
 アピールするように,新しくかわいい写真も撮らなきゃね。
 というわけで,また休憩時間中にお邪魔して。
 今度は人慣れしやすい仔をアピールするために,抱っこして撫でなでしながらね。
 ・・・それにしても,お前,マスカラが濃いねえ。その目力で,里親候補さんをメロメロにしておやり(笑)


子猫
猫に触れてるので,無駄に口角が上がってます(笑)

子猫
・・・右手の指が,キャマっぽい?(笑)




  1. 2018/06/07(木) 00:50:09|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.7021:ネコと子猫(6)

 その日の夕方,高校生スタッフが脈のありそうな人を2人教えてくれた。
 1人はその子の親戚の女性。もう1人は中学校時代の女友だち。
 ただ,親戚の方は既に先住がいるので,子猫が受け入れられるかわからない。女友だちの方は,ちょっといー加減なところがあるとは本人談。
 ・・・万が一の時の保険として確保しておこう(苦笑)
 そいつは,バイク関係者のTwitterにも流してくれて,バイク乗りには猫好きが多いのか,やたら「かわいい!」と反応は来るものの,飼いたいという打診は今のところないらしい。
 やはり里親サイトをメインで行くべきか。

 2日後。
 里親サイトからメール受信の通知あり。
 やった,応募のメールだ。
 あの仔の一生がかかってるんだ,サイトの注意事項に従って,瀬踏みをしながら慎重にやりとり。
 子猫からの飼育経験もあって,なかなかいい人のよう。
 お互いの都合のいいタイミングを見計らって,獣医さんでのお見合いをセットするところまで話が進んでたのに。
 猫神さまが采配を誤ったか,直前にその人,おうちの前でもっと小さい子猫を保護しちゃった;;;
 というわけで,振り出しに戻る(苦笑)

 サイトだけに頼らず,常連のお客さんや関連会社の人にも声かけしてみたり。
 勿論,時々顔を見せに来る,前にいたアルバイトスタッフやら,ちょうど保険の契約変更の話をしている時期でもあったので,営業のおねーさんにも。
 もうね,すぐに見せられるように,iPhoneの壁紙をあの仔のアップ画像にして。
 あー見てるだけで癒される〜〜〜〜〜♪
 って,呑気なこと言ってる場合じゃない。

 その後,里親サイトの方は,閲覧数こそどんどん増えるものの,とんと応募の申し出はなく。
 次から次へと新しい募集が入るから,時が経てばなかなか難しいのかもしれない。
 うーむ・・・うちで飼えれば一番問題ないんだけどねえ・・・ってか飼いたいんですけどーーーーーッ。

 そうそう。
 か〜つにも,本業の塾方面と夜のバイトのMaxValu方面でいい人いないかお願いしたものの,こちらは早々と玉砕。
 か〜つの周辺では,猫派より犬派の方が圧倒的な模様(苦笑)


・・・どないすべー?




  1. 2018/06/06(水) 00:51:42|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.7019:ネコと子猫(5)

 まずは,人脈。
 スタッフ&高校生バイト2人に,学校や知り合いで猫を飼いたい人がいないか,聞いてもらう。
 高校生1人は,バイク関係での繋がりも広いので,そっち方面にも画像を拡散して。
 これは,保護した当日のうちに手を打っておいたから,いいとして。

 里親探しでネット検索したら,保護猫&犬の里親募集会的な催しも色々あるようだけど,大抵が日曜日とかだから,土日出勤の僕は行けない。却下。
 あ,ネット上での里親募集サイトってのがあるんだな。どれどれ。
 登録自体は,そんな難しいわけじゃないし,かわいい画像を載せれば,いい里親さんが釣れる率も上がるだろ。やってみよ。
 ・・・で,注意事項とか読んでて,恐ろしい事実を知る。「里親詐欺」・・・いい人を装って猫や犬を引き取って,虐待したり,ペットとしてではなく繁殖用に過酷な環境に置いたり。また,すぐに飽きて無責任に捨てちゃうとか。なんてヤツがいるんだ。そんなヤツに引っかからないように,色々とアドバイスが。
 猫神さま,この仔が変なヤツに引き取られたりしないよう,守ってやってくだせえ(祈)・・・って,お前がしっかりしろってか。
 とりあえず,1ヶ所を選んで登録。
 昨日撮った中から,いいのを選んで。
 かわいい,元気,病気なさそう,とこの仔のいい点を強調して。
 ポチッとな。


 翌日。
 里親募集サイトを覗いてみたら,既に30人以上が見てくれてた。これは可能性高いかな???
 お仕事の休憩時間に,獣医さんとこに行って,様子を確認。
 スタッフさんが出して来てくれた仔は,まだ環境に慣れてないのか,ちょっとおどおど。
 騒々しい車のエンジンルーム,暗い箱の中,設備の整ったケージの中,と短い間に変化したから,当たり前だね。でも,元気そう。
 洗ってもらったらしく,ふんわり毛皮,縞模様もくっきり。

 「ご飯もちゃんと食べてますし,便も異常ないですよ♪」
 「良かった良かった。おまえ,お腹空いてたよね〜?」

 じゃ,また募集用に写真撮ろうね。
 受け取って,膝の上に載せると,逃げようともせずに腿の間に納まって,あたりをキョロキョロ。昨日のお兄さんだよー?匂いで思い出したー?(・・・お兄さん??)
 ちょっとだけ撫でなでしてると,安心したように体を預けてくれるのが,嬉しいなあ。
 落ち着いたところで撮影会(違) iPhone構えてセルフィーモードで撮って見たけど,画質も写りもイマイチ。

 「こっちで撮りますか?」
 「あ,いいですか?」

 スタッフさんの提案で,カウンタ上に移動・・・周りに何もない空間はまだコワいらしく,落ち着ける場所を探そうと動き回る。気持ちはわかるけどさ,それじゃ君のいい写真,撮れないんだよ。
 スタッフさんに保定してもらって,きれいになった姿を1枚。帰ったら,これも里親募集サイトにアップしよう。


子猫

子猫

子猫
・・・なんか,おっさんっぽく写ってね???(女の子なのに;;;)




  1. 2018/06/05(火) 09:33:47|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.7017:ネコと子猫(4)

 あ,この仔の番だ。はい,行くよー。
 センセは若くて,いつもにこにこしてる男性。数年前に開業してから訪れる人がどんどん増えてるのは,腕と人柄がいいからなんだろうな。
 「こんにちわー」
 「保護されたんですか?」
 「そうなんですよ」

 診察台の上に載せて,とりあえず経緯を説明。さすが獣医さん,初対面でも子猫が驚かないようにして,ざっと状態を診てる。

 「うん,どこも怪我してないし,病気もなさそうですねー」
 「あー良かった」
 「これからどうされます?」
 「お店に置くこともできないし,家で預かれるスタッフもいないので,こちらで預かってもらうことってできますか?」
 「ペットホテルでの預かりって形になりますね」
 「ちなみに,お値段はいかほど???」
 「保護猫は半額にしてますから,1日1,188円ですよ」
 「じゃ,里親さんが見つかるまで,お願いします!」
 「野良さんだったようだから,とりあえずノミ取り処置しときますね」
 「ところで,この仔,雄雌どっちでしょう?」

 センセ,片手で体をぶら下げて,お腹と股間をしげしげと。

 「まだちっちゃいからわかりにくいけど,雌ですねー」
 「そっか,女の子だったのか,お前」
 「それじゃ,とりあえず餌をあげて,様子を見てみますね」
 「はい,お願いしますー。じゃ,ここでいい子にしてるんだよー?」

 というわけで,子猫は奥のペットホテルルームへ。獣医さんに預けとけば,健康状態も管理できるし,安心だあ。
 受付でスタッフの人と話をして,お支払いは「卒業」の時にまとめてってことでOKになった。さて,何日かかるのやら。
 保護猫の先客さんによると,その猫にもよるけど,1ヶ月くらいかかっちゃうこともあるとか。うああああ。貯金は取り崩したくないから,人間の経費を削減して費用捻出しよう;;;

 お店に戻って,店長に報告。ふとパソコンの画面を見ると,あの獣医さんの口コミ情報を検索してた。気にしてないようで,気にかけてくれてる。いい人や〜〜〜〜〜〜(微笑)
 店長が作ってくれていた保護囲いを撤去してから,お家に帰る。さて,これからどうやって里親さんを探そう???



  1. 2018/06/03(日) 01:24:26|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.7015:ネコと子猫(3)

 写真撮影の後は,再び箱に戻ってもらって。
 とりあえず,今夜はこの中でお休み。幸い明日は僕も休みになってたから,獣医さんが開く時間を見計らって連れて行こう。
 朝お店を開ける店長がびっくりしないように,箱にはでかでかと「子猫在中」と書いといて。メモも残して,OK!

 翌朝。
 獣医さんは10時から。
 それに合わせてお店に来たら,昨夜「子猫在中」を置いた場所がすっからかん。もしかして,逃げちゃった???
 居合わせたスタッフに聞いたら,一晩中狭いところにいた子猫を心配した店長,階段の踊り場を逃げられないように仕切って,そこに箱のフタを開けて置いてくれてたんだって。小動物にはあんまり興味ない人かと思ってたら・・・優しいお心遣い,感謝♪
 早速見てみると,箱から出て店長が敷いてくれたタオルの上にうずくまってた。食べさせるものがなかったので心配だったけど,とりあえず弱ってはいないようなので,一安心。
 手を伸ばすと,一瞬シャーッとしたけど,僕の匂いを憶えてたのかすぐに落ち着いてくれて。そのまま抱っこして,近所の獣医さんへ。

 受付のカウンターでスタッフさんに相談。じゃあ,まず健康状態を先生に診てもらって,それからどうするか決めましょうね。
 待合室には,既に先客が。こちらも保護猫さんの健康診断。もう成猫で,大人しくキャリーバッグの中。同じ猫好き同士で,話が弾むこと(笑)
 その間,うちの仔は膝の上で大人しくしてた。一日近く何も食べてないよね。ひもじくない? お喋りしながら,頭や耳の後ろ,背中をを優しく撫でてあげる。目を細めてもぞもぞ体を動かすけど,声は出さない。そういえば,昨日から鳴き声は聞いてないなあ。・・・いっちょまえにシャーッ!はするくせに。
 間もなく先生の準備もできたようで,その猫さんが診察室へ。ふと思いついて,iPhoneを取り出し,カメラをセルフポートレートモードに。
 目の前に出してみせると,画面に映る自分の姿に興味津々。首を伸ばして,画面の動きに更に反応。膝の上で,画面に向かって軽く猫パンチ(笑)
 各場面でシャッター切ったら,なかなか面白い絵が撮れたよ。動きが早いし,レンズに近過ぎてピンボケだけどね(苦笑)
 ま,とりあえず,子猫らしく遊ぶ元気があるので,お兄さんは安心したよ(・・・お兄さん???)。


子猫
にゃんだこれー?

子猫
おまえだれにゃー

子猫
こんにゃろこんにゃろ!

子猫
ふっ,やってやったにゃ




  1. 2018/06/02(土) 08:48:32|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.7013:ネコと子猫(2)

 タオルの中の子猫は,とりあえず大人しいまま。
 走る車のエンジンルームの中にいたものの,駆動系とかベルトの近くじゃなかったらしく,奇跡的にかすり傷もなし。運がいいね,おまえ。
 こうしててもしょうがない,とりあえず何かの箱に入っててもらおう。

 「ごめーん,そこの適当な段ボール箱,組み立ててー」

 手の空いてた高校生バイトに頼んで,小さめの段ボール箱を用意。はーい,ちょっとそこに入ってな。タオルごと入れてやって,喉が渇いた時のために水を入れた皿を置いて。
 あー耳がイカになってる・・・怖がってるなー。だいじょぶだいじょぶ。しばらく待ってな。
 そーっと蓋を閉めて,体当たりして飛び出したりしないように,重石を載せて。
 あ,空気穴がない・・・太めのプラスドライバーで,側面を何ヶ所かブスブスッ! びっくりして,中からシャー! 手際が悪くてごめんよー;;;

 さて。
 こうなったらしょうがない,こっちで里親探してやらなきゃなあ・・・ちなみに,うちのスタッフに猫を飼える,飼いたい人はなし。1人いたけど,去年の台風の時に避難してきた子猫を保護して飼い始めてるから,2頭目は無理。
 飼える環境なら,うちで飼ってやりたいけど,1ルームでペット不可だからダメ。
 って,そうだよ,里親探してる間,どこに置いとけばいいのさ??? あ,そうだ,お店の近所に獣医さんがあるから,そこで預かってもらえないか聞いてみよ・・・うあああああ,今日休診日だぁ;;;
 やむをえん,今夜はこのまま箱の中で過ごしてもらって,明日相談しよう。

 夕方過ぎて,お店が落ち着いたところで,現状確認。
 箱の隅っこでタオルと一緒。軍手をつけた右手を伸ばすと,シャーッ! 元気そうだな。
 えーとね,里親募集しなきゃいけないから,君の写真撮りたいんだよ。ちょっと出ておいで。
 自分の匂いの付いてるタオルごと,ひょいっとつまみ上げて,左腕に載せてみた。
 抱っこすると,大人しくなるんだよなー。体が包まれて落ち着くんだろか。
 高校生バイト呼んで,彼のiPhoneで記念撮影(違)ねー。



子猫
なにするのーーーー?!

子猫
けっこう整った顔だよ〜

子猫
裏はこんな感じ。白ソックスね

子猫
やだ,こわーい;;;

子猫
こわくないこわくないー




BGM NOW
Mozart/Serenade No.11 in E♭, K.375 - 5. Allegro
(Otto Klemperer/New Philharmonia Wind Ensemble, 1971.9)[★★★]<
  1. 2018/06/01(金) 00:50:50|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.7011:ネコと子猫

 先日の「読書」エントリで,『とある理由により経費削減の必要があった』と書いたところですが。
 やっと,その理由が書ける〜・・・実は,子猫を保護してたんです。
 正確には,子猫を助けて,獣医さんに預かってもらいながら,里親を探してた。
 保護猫ということで,獣医さん併設のペットホテルに格安で預かってもらえてたんだけど,何日かかるかわからないから,人間の方の経費を削減してたというね(笑)
 このほど,やっといい里親さんが見つかって,無事そのおうちの猫になったので,一安心ですわ。


 えーと,あれは3週間ほど前か。
 夕方近くになって,一台の車が入店。
 ボンネットを開けて,スタッフと一緒にエンジンルームを覗き込んで,何やらごそごそ。
 他にやることが一杯あったので,何かの不具合か何かかな?としか思ってなかったんですけどね。
 洗車やら片づけて,ふと見ると,エンジンルームに空気入れのノズルを差し込んで,ぷしゃーーーーっとかやってるんで,近寄って見たら。

 「子猫が入り込んでるんですよ〜;;;」
 「えええええええっ?」

 奥の方に入り込んでしまったので,エアで驚かして手前に出そうとしたみたい。
 その甲斐あって,見える位置に出て来たのはいいものの,しきりにシャーッ!と威嚇すること威嚇すること。

 「大丈夫だよ〜コワくないからね〜〜〜〜」

 軍手を左手に付けて目の前でちらちらさせたら,いっちょまえに猫パンチかましてくるの。あ,こら,引っ込むんじゃないっ。
 元気一杯なところを見ると,どうやら怪我とかはしてないらしい。

 「はいはい〜もうちょっとこっちに出ておいで〜〜〜〜」
 「Ikunoさーん,向こうからなんか突っ込みましょうかー?」
 「コワくなーいコワくなーい」
 「Ikunoさーん?」
 「にゃ〜お〜」
 「ダメだ,世界に入ってるwww」(←失礼なやつ 笑)

 右手で囮のタオルを振ると,釣られて猫パンチ。爪がひっかかったところを,すかさず左手で胴体キャッチ! シャーッ!!!と噛みついてくるけど,軍手だから無問題。獲ったどーーーーーーっ!(違)
 タオルで包んで,暴れないように抱っこ。あ,大人しくなった(笑)

 「おまえ,どっから入っちゃったのー?」

などとやってる間に,ドライバーはお礼を言って出てっちゃった。おーい,この仔,どーすんのさーーーー!


保護した子猫




  1. 2018/05/31(木) 00:59:41|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
   [Special御苦労!]
→ iMac (21.5-inch, 2017)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹→高紫衣裸
iPad miniは2017.06.08に退役,
以後はiPad mini4(Gold)に。
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2018.Jun.17~)

honto
中世ヨーロッパの都市の生活

ISBN :4-06-159776-0
ギース著
講談社学術文庫(1,188円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先