The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 1999年に沖縄移住したゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,年下彼氏とのノロケ,過去旅話。

No.6678:どこかにぽちっと赤い色

 わたし〜に会〜えば〜わ〜かり〜ます〜ぅぅぅ♪

 いや,春じゃないけどね,まだ(笑)
 近所の草叢,というか放ったらかしな植え込みで,見つけた赤い色の実。
 ツヤツヤした感じに目が止まって,撮っちゃった。
 気温低下にも関わらず咲かせてる白い花(これも一部がぽちっと赤みを帯びてるよね)と青みを帯びた葉,そして南天とか万両のような和風な紅色とは違った,ピンクを含んだ洋風な赤い実。
 ・・・クリスマス三点セット色?(微笑)



赤い実




スポンサーサイト
  1. 2017/12/18(月) 09:04:27|
  2. 生命:植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6437:見るからに不自然だよ

 菊といえば,アントシアニンとかカロテノイド系の色素による黄色,赤か,色素なしによる白,と相場が決まってましたが。
 このほど,遺伝子組み換え技術により青い花の色素を作り出す遺伝子を無理やり突っ込んで,青い菊の花を咲かせることに成功したそーです。


朝日新聞記事:これまでなかった「青い菊」、遺伝子組み換えで開発成功



 提供の画像,すごく不自然に見えるんですけどーーー。
 なんか不吉な感じもするから,ものが菊だけに葬儀用に最適じゃないでしょうか。贈り物としては,わしゃ絶対いらん!!!(嫌悪)



  1. 2017/08/21(月) 09:00:39|
  2. 生命:植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6051:外面はとっても端正な容姿なのに,実は中身は相当にひねくれ曲がっていて驚いたという件(笑)

 ヒャダ!
 アタシのことじゃ,なくってよォ〜♪(←外面からして端正じゃないし,ひねくれ曲がってるのは「相当」というレベルを超えてるよな)

 えー,コホン。
 ご近所に街路樹として植えられている,ガジュマルさんのことですの。
 年に2回くらい,強剪定されて殆ど枝だけの丸坊主にされてしまうのに,2ヶ月後には枝を伸ばしてどんどん葉を出し,4ヶ月もすれば元のこんもりとした状態に戻ってしまうのね。
 さすが,キジムナーが棲むと言われてきた在来樹木だけのことはあるわね〜,といつも感心してるのだけど。
 このガジュマルさんは,中がスゴかったわ・・・;;;

 剪定前が,こちら。
 四方に好き勝手に葉を茂らせて,それでもそれなりに整った外見になってますでしょ?

ガジュマル剪定前



 これが,一旦伸び過ぎた枝と茂りすぎた葉を徹底的に剪定されると・・・


ガジュマル剪定後



 画像にすると遠近感がイマイチな上に,気根などがあってわかりにくいので,一番ひねくれ曲がった太枝を水色線で示してみたわヨ。
 一度外側に向かって伸びたのが,急角度で内側へ向かい,中の枝たちを突っ切って,向こう側の上に突き出ちゃうというひねくれよう。
 外側へ伸びてそれなりに太くなっていた時にばっさり切られ,仕方がないのであちこちに出した枝芽のうち,内側へ伸びたのだけが剪定の度に見逃してもらえて,どんどんどんどん生長して数年後にはこんなひねくれ状態の太枝になり果てた,ということよね,多分。

 人間も,あんまり強剪定してると,中身だけがひねくれてしまうかもしれないから,老婆心ながらお気をつけあそべ〜♪(←既にひねくれてる人間から言われてもな・・・)



  1. 2017/02/20(月) 00:40:49|
  2. 生命:植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5991:この〜木なんの木気になる木(になる木)〜

 近所のベーカリー&レストランJimmy'sの近くに,ちょっと変わった木がありますのです。
 ぴーんと直立して,真横に枝を伸ばして,反対側から見たら「ト」の字そのまま。


電信柱の木



 実は,これ,木ではなく電信柱。
 ふさふさと茂ってるのは,本来は蔦のような植物。
 根本にできた舗装の隙間から上へ上へと伸びていき,何年もかけて電信柱全体を覆っちゃったんです。
 でも,ずーっと柱にべったり張りついた状態で,当初は電信柱の形そのままだったんですけどね。
 ある時,柱のてっぺんの機器の点検かをした時に,「これじゃ邪魔だ」と思われたのか,上から1/3のあたりで茎が切られたらしいんですよ。それからしばらくの間,上1/3は枯れていってそのままになるか,と思いきや。
 知ってました? 植物って,上の部分をちょん切られると,横へ横へと芽を出して,枝を伸ばしていく性質があるの。
 この蔦もどきも,残り2/3部分のあちこちから横へ枝を出し,勿論上にも新たに伸びていって,ついでにケーブルにも伸ばしちゃえ,と頑張りに頑張った結果が,これ。
 一昨年あたりまでは,真ん中あたりだけがこんもりとしていて,まるで「つくね」のようでしたが,今はもうこんな有様。

 この生きようとする力は,素晴らしいですな〜。・・・梵天丸もかくありたい(笑)



  1. 2017/01/28(土) 00:51:26|
  2. 生命:植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5843:名残りのサガリバナ

 今年は,ちょっと気温が下がったかと思うと,また高温がぶり返していつまで経ってもだらだら暑いという気候。ラ・ニーニャのせいですか?
 それはともかく。
 そんな高温傾向のおかげか,新都心の一角に植えられているサガリバナ,まだ咲いてました。しかも,宵に咲いて朝には散る筈(だから今まで蕾か残骸の画像しか撮れなかった)なのに,白昼堂々と開いているというね(朝10時頃でしたが)。
 香りもほのかに残っていて,ちょっとパウダリーな感じのある甘さ。割と好み。


サガリバナ

サガリバナ




 予報では,来週半ばから最低気温が20℃を下回るようになるらしいけど・・・ホントか?(苦笑)



  1. 2016/11/21(月) 00:25:48|
  2. 生命:植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5395:野良サンニン(笑

 那覇新都心の丘には,谷間のようになった空間がありまして。
 さほど大きいというわけではないのですが,底は湿地帯,周囲は緑が密生していて,数少ない自然に近い環境。
 そこの際を通る遊歩道を自転車で通っていたら目に入った月桃(サンニン)。
 花壇的なところじゃなく,転落防止の柵の下の方から伸びてるので,おそらく,間違いなく自生した野良さん。
 蕾がかなり開きかけていて,幾つかはもう山吹色の花弁を覗かせてました。明日か明後日には見事に咲くのかな。

 サンニンの花は沖縄に来て初めて見ましたが,蕾のつやっとした質感と柔らかな風合いの花弁の対比が良くて,一番のお気に入りです。


サンニン(月桃)

サンニン(月桃)




  1. 2016/04/28(木) 09:22:23|
  2. 生命:植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5211:剃らん銅鑼・幕揣摩

 ・・・カタカナ変換するつもりが,うっかり漢字変換させたらこーなりました(笑)
 ソランドラ・マクシマ=Solandra maxima,中南米原産らしい花の名前。亜熱帯の沖縄には,街路樹や公園に暖地の植物がけっこう導入されてるので,ないちゃ〜には物珍しく映ります。
 先日,と言ってももう一月近く前に末吉宮を訪ねた時,公園芝地にかなり大輪の黄色いラッパ状花を咲かせていたのを撮ってたんですが,すっかり忘れてました。

 雨上がりのどんよりした空の下,雰囲気をパッと明るくしてくれていいですな。


Solandra maxima



 大きさがイマイチわかりにくいので,地面に落ちたヤツを靴と並べてみると。


Solandra maxima



 全景は,こんな風で。
 一応蔓性の植物ということで,パーゴラの上にのさばってます(笑)


Solandra maxima



 あれから寒気が2回入ってるから,今は咲いてないかもね。





  1. 2016/02/09(火) 09:12:55|
  2. 生命:植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5156:ちょっと早い,寒緋桜

 昨日,雨上がりに訪ねた末吉公園。
 末吉宮へ向かう園路の途中,枝の先にちんまり淡い桃色を発見。
 もしかして・・・と樹肌を見ると,確かに桜。
 他の蕾はまだまだ膨らみきっていないけど,ちょっと気が早いコのようで。
 近くにも,もう一本だけ,辛うじて咲いてる木が。
 週末には最低温度が12℃くらいにまで下がるようだから・・・本格的に咲き始めるのは,気温が回復してしばらくしてからだろうね。


寒緋桜

寒緋桜
Google Map末吉公園





  1. 2016/01/15(金) 09:28:39|
  2. 生命:植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5044:Barringtonia racemosa:第三形態

 やがて,子房が膨らんできて・・・まだ残っていた皮の赤みも,少しずつ薄れて茶緑へ。
 自分の重さで,だらんと垂れた感じになります。
 この期に及んでも,まだぺろーんと蕊を出したままのコもいたり。
 ・・・なんか,かわいい(笑)


サガリバナ
(まだ軽いから風に揺れて,せっかく合わせたピントがずれた・・・orz)

サガリバナ



 この後どうなるかは,実はまだ観察したことがないのです。
 そのままポトッと落ちちゃうのか,それとも椿の実みたいに大口を開けて中身を出すのか。
 ・・・綿毛の生えたフワッフワの種を風任せで飛ばしたりして?(←それはキワタ)



  1. 2015/11/19(木) 08:53:36|
  2. 生命:植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5042:Barringtonia racemosa:第二形態

 丸く膨らんだ蕾がぱかっと開いて,合歓のような形になります。
 が。
 実は,このサガリバナ,咲くのは夜中で一晩のうちに散ってしまう一夜花。
 なので,昼間は第二形態=花を撮ることができないんですねー。


サガリバナ



 というわけで,この時撮ったのは散った後。
 長く残っているのは雌蕊。
 横から見たら,大きな口からびよーんと舌を伸ばしてるみたいで,ユーモラス。



  1. 2015/11/18(水) 08:43:22|
  2. 生命:植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5040:Barringtonia racemosa:第一形態

 ・・・サガリバナという沖縄の常緑樹のことですの。
 花が美しいのと香りがいいということで,新都心のとあるスペースにも何本か植えられてましてね。
 先日通りがかったら,11月だというのにまだまだ花を咲かせるつもりだったので,撮ってみました。

 まずは,第一形態=蕾。


サガリバナ



 サガリバナの名前のとおり,枝から花茎が垂れ下がるように伸びて,そこここに赤い小さなのをつけます。
 この状態から,膨らんで,膨らんで・・・


サガリバナ


 第二形態=花まで,あと少し。



  1. 2015/11/17(火) 09:03:39|
  2. 生命:植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5004:秋,なのかなあ

 最低気温が21℃になるとか言っても,こんなものがまだ咲いてたりするんだなあ。


芙蓉



 ハイビスカスもまだまだ元気に咲き続けてるし,内地的な感覚からしたら季節感がよくわからん!ということに・・・
 沖縄には沖縄独自の季節感というものがあるんだけど,温度の変化が小さい分,内地ほどくっきりとしたものにはなりにくいねえ。



  1. 2015/10/31(土) 09:47:24|
  2. 生命:植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
iPad miniは2017.06.08に退役,
以後はiPad mini4(Gold)に。
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2018.Feb.11~)

honto
新体系・高校数学の教科書 上

ISBN :978-4-06-257677-2
芳沢 光雄著
講談社ブルーバックス(1,274円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先