The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 1999年に沖縄移住したゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,年下彼氏とのノロケ,過去旅話。

No.6814:もしかして,改造された?

 腹腔鏡下胆嚢摘出から,はや二十日。
 もう痛みも全くなく,傷口のカサブタも殆ど取れて。
 腹腔鏡を挿入した臍下,腹筋を縫った糸のしこりがあるのが気になるものの,これは吸収されるからそれを待つだけだし。

 じゃあ,体には何も問題はないかというと,実は一つだけあるです。
 僕は,平熱36℃後半,食後とかどうかすると37℃近くまでなっちゃおうかという高体温体質。
 だもんで,冷え性とは全く無縁でこれまで来たんですけどね。
 退院して,3回ほど寒波による低温を経験して,気温が低くなると手の指の温度が上がらないというか,冷えやすくなってることに気づいちゃったです。
 掌は,ちょっと擦り合わせれば血行回復して温かくなるんだけど,掌から出てる指全体,特に親指表面の血行がなかなか回復せず,冷たい状態が続くんですよ。
 足指とか耳とかの,手指以外の先端部は冷えることはないのに・・・あ,男のコ特有の先端部も,だいじょーV(←蟄居)

 ありー? なんで手指だけー??
 低温への抵抗力は,まったく異常ないんだけどなー。
 初体験の全身麻酔の影響かなぁ? 薬物で微妙に体質変わっちゃった?
 それとも,まだ体の細かいところで,手術侵襲の影響が残ってる?
 ・・・まさか,センセが術中にこっそりナニか改造を施した,とか?(爆笑)



スポンサーサイト
  1. 2018/02/19(月) 01:03:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6807:かけてて良かった

 顔への熱くて白い雄汁を,じゃありませぬ。いや,ぶっかけられるの大好きだけどさ。たらーりと口元へ垂れてきたのを,舌先を伸ばしてペロリと舐めて味わったりとか。かかった瞬間熱かったのが,すうっと冷えていく感触も,いいよね。

 って,話が逸れた。
 良かったのは,医療保険のお話。まあ,生命保険との合わせ技なんだけどさ。
 昨日の昼間,保険会社の営業のおねーさんにお店に来てもらって,給付金請求書に書き間違いがないか,添付書類は揃ってるかを確認してもらったのね。
 オールクリアしたので,専用封筒に入れて封して,帰り道にポストに投函。保険会社の査定で給付金の額が決まったら,おねーさんから連絡があるので,それを楽しみに・・・♪

 ところで。
 今の保険は,死んだ時の後始末費用としてがメインで,医療補償の方はやや薄めだったのだね。勿論,一番低い査定でも,病院で支払った分はカバーできるけど。
 でもまあ,今回みたいにドックで想定外のものが見つかる可能性もあるわけだし,給付金が出たらもうちょっと医療面を手厚くするようにした方がいいんだろうな。
 僕&一族の遺伝的体質から考えて,七大疾病までは見なくてもいいから,ベーシックなやつに悪性新生物を特約付ける形とか,どうかな。

 とりあえず,給付金振り込まれたら,おねーさんに相談してみよう。



  1. 2018/02/16(金) 00:49:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6798:というわけで,総括

 昨日,無事に抜糸&病理検査の結果がわかったことで,今回の腹腔鏡下胆嚢摘出はミッション・コンプリートしたわけですが。
 少しは役に立つように,今後この手術を受ける人のために,今回の経験を基に助言を幾つか。


 1. 切開創が小さいだけあって,術後は思ったほどには痛くない。勿論,術後1日は腹の中に鈍い痛みがあって,ベッドの上での身動きもなかなか難しいけど,それ以後は経口の鎮痛剤で十分。もし痛みが我慢できなければ,遠慮なくナースに言って,坐薬式の鎮痛剤を入れてもらえばよろしい。なので,痛みに関する心配は,それほどしなくても大丈夫。

 2. 切開する場所は,臍のすぐ上か下(胆嚢の位置によって違うらしい),胃の横,臍の横になるので,術後に穿くパンツはゴムがそのあたりに来ないものがお勧め。ローライズのボクサーブリーフがいいかもね。もしくは,ずっと上の方にゴムがくるようなデカパンタイプ。

 3. 術後は割とすぐに,体力回復のために歩き回ることが推奨されるので,歩きやすく履きやすい靴を持って行くといいでしょう。履きやすいっていうのは,腹部に傷があるので,身を屈めにくいから。かといって,スリッパだとつまずいて転倒する可能性がないとも言えないので,スリッポン式のものがいいかも。僕が持っていったライトな安全靴は,踵を踏んでもしっかり履けるタイプなので,

 4. 入院手術するような病院なら,入院時に必要な物品を販売する売店が必ずある筈なので,あまり必死になって事前に持ち物を揃える必要は,ないでしょ。

 5. 大部屋に入るのなら,安眠のために耳栓的なものを用意しておいた方がいいかも。同室者にもよるけど・・・

 6. 病棟内は,意外にも室温が高く設定されてない。ので,病衣の上に羽織るものを用意しておくと快適。

 7. 仕事への復帰は,室内での事務系なら,退院した翌日でも大丈夫なんじゃないかな。僕の場合は,ガソリンスタンドで動き回るお仕事だから,用心して1日自宅静養したけど。



 ・・・ん〜,こんなもんかしら。
 ああ,そうそう,内部の傷(=腹筋の切開創)の痛みは,もう殆ど感じなくなってます。ほぼ,術前と同じように動けるようになりました。昨日あたりまでは,腹筋を伸ばす動き=背伸びとかをするとちょっと軽い鈍痛があったけど。
 10日ちょっとだから,体の回復力ってバカにしたもんじゃないねえ。



  1. 2018/02/11(日) 01:04:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6795:抜糸のこととか

 今日,10時から外来診察室で抜糸。
 ・・・白状すると,今回の手術前後を通じて,この時が一番緊張してたというね(笑)
 針を刺すのは,術前のぶっといヤツでも大したことないとしか感じないくせに,糸を抜くみたいな摩擦による刺激の痛みは,正直コワいんですわ。術後にカテーテルチューブを抜く時も,緊張してたもんね(だから,全然痛みがなくて拍子抜けした)。
 処置ベッドに仰向けになって,センセが糸の頭をピンセットで引っ張って鋏でチョキン,そのままずるっと抜いてる間,顔は平静を装っていたものの,血圧は間違いなく急上昇してたハズ。実際の痛みは,チクリってレベルで,普通のお注射なんかよりもずーーーーーーーっと弱いんだけど・・・;;;

 それはともかく。
 皮膚の抜糸はこれで完了だけど,皮下の各所の縫合糸は残ったまま。センセによると,特に臍下の傷の下に糸のしこりがあるけど,これは自然に体に吸収される素材なので,気にすんなと。「長い人でも2ヶ月くらいでなくなりますからね〜」。

 で,最後に病理検査の結果は・・・ハイ,術後のセンセの目視による見立てのとおり,良性でした。無罪放免,良かったね♪
 「あとは,これまで通り,年一回の検診とかを受け続けてくださいね」


 大腸ポリープの方は,急ぐほどでもないレベルのようなので,春以降にお願いするつもり。・・・4月からお店の体制が変わるかもしれないから,それが落ち着いてから,かな。



  1. 2018/02/10(土) 11:09:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6792:体のこととか

 術前術後の体の画像など。
 肉片とか傷跡とかが苦手だという気弱な人は,見ないように(笑)










 手術当日の朝,薬剤注入・輸液の静脈路確保のために左手首に刺された点滴針。
 昔と違って,長時間留置する場合は,血管に金属の針を刺した後に柔軟な合成樹脂製のチューブに替える(というか太い金属針の中に仕込まれてるので,外側の針だけ抜く)んですな。
 きっちりテープで固定されてるのでまったく動かないから,入ってても全然痛くない,というか寝てる時など存在を忘れそうになってしまうこともあったり。
 皮膚が赤いのは,血管を浮き出させるためにナースが何度もペチペチ折檻したから(笑)
 ちなみに,手首付け根に巻かれた紙テープみたいなのは,患者認識票。バーコードと氏名が印字されていて,これをリーダーで読み込むことで投薬とか処置の人違いが起こらないように管理。

点滴チューブ




 手術後2日目のお腹。動けるようになったので早速記念撮影・・・でも,全面ガーゼに覆われてるので何が何やら(笑)
 切開したのは,都合4(3?)ヶ所。メインの腹腔鏡を挿入するのが臍のすぐ下で,水平に4cmくらい。
 手術器具を挿入する小さな穴は,臍の上・胃の下あたりと,右脇腹・臍切開の横の方に,それぞれ1cmくらい。
 これに,術後に切除・結紮部からの出血,胆汁漏がないかを確認するために留置したカテーテルチューブのための穴(5mm弱)が,右腰骨のあたりに。これは切開したのか,それともぶすっと刺したのか,不明。チューブを抜いた後,滅菌ガーゼを当てるだけで特に処置はなかったから,切ったのではないのかも。
 それはともかく。傷の場所が場所だけに,パンツも病衣のズボンもずり下げ気味に穿くしかないというね。

術後の様子




 術後にセンセがくれた,切除した胆嚢=Ikunoさんの新鮮な獲れたて生き胆の写真(爆笑)
 既に洗浄して,中が見えるように開きにした状態。これを病理部に届けて,しっかり検査してもらうわけね。・・・とりあえず,センセの目視では悪性の所見なし。

切除した胆嚢




 退院後,抜糸数日前の傷の様子。
 表面の切開創そのものは,意外なくらい,というか全然痛く感じなかった。多分,鎮痛剤が効いてるのと,内部の持続的な鈍痛にゴマかされたんじゃないかな。
 それより,今でも中の方(切開された腹筋とかね)が思い出したように鈍痛を発してくれるのが,ちと不愉快かな。ま,これは時間の問題だな。
 写し損なったけど,左下ギリギリのあたりに,カテーテールチューブと固定用の糸を抜いた痕が。
 縫合糸は,思ってたより太くて黒くて・・・(←意味深な書き方すなッ)。

手術創




  1. 2018/02/09(金) 00:49:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6784:冷えてるなー

 那覇地方,朝の気温が11℃あたりと,この冬一番の冷え込みになったらしい・・・昼間も14℃になるかならないかって。
 入院手術後の初出勤に,キビシイなぁ。冷えると低温に弱いうちなーんちゅは不要不急の外出を避けてしまうから,一般客の給油が減って動くことも少なくなるだろうなあ。窓拭きとかで体動かさないと,高体温維持するのが大変じゃないか;;;
 風邪ひいてまた休んじゃうというのも避けたいし,今日は,というかこの冷え込みが緩むまでは,年に数回しか着ないという上着をツナギの上に着用しときますかね。

 ・・・とか言いつつ,部屋の中では重ね着だけで(しかも,下半身はユニクロのフリースズボン1枚だけ),暖房器具の必要性は感じないというね。
 部屋の中の常時発熱体は,冷蔵庫とiMacと,そして自分自身。時々,前世はタテゴトアザラシかなんかじゃなかったのかと思ったり(笑)


 それはともかく。
 沖縄でこうなんだから,内地はさぞや冷え込んでおりましょう。木曜日あたりまで寒気が居座るということなので,皆様くれぐれもご自愛を・・・



  1. 2018/02/05(月) 09:21:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6781:病室とか

 入院中にiPhone6で撮影した画像,修整やサイン入れがイマイチやりにくかったし,意図した通りにできるか不安だったんだよね。データ巨大なTIFFで撮ってるから,iPhoneの写真アプリでJPEGにしてファイルサイズがどこまで落とせるかわからんし。
 なので,iMacに取り込んで後からアップップぅ〜(笑)


 まずは,入院直後,ベッド準備できていなかったためにとりあえず案内された個室=特別室。すぐにMRI検査があったので,実質滞在時間は1時間弱(笑)。ベッドとキャスター付きのテーブルはどの部屋も同じ仕様(衛生管理・感染予防などのため,この二つは属人的に移動する)。
 特別室だけあって,大きめの収納家具と冷蔵庫,瀟洒な小さめの木製丸テーブルと椅子2脚。この他に,シャワー室とトイレ室。部屋ごとに独立した空調あり。
 ちなみに,術後にインフルエンザを避けるために丸一日滞在していた通常個室は,これより幅が2割ほど減って,冷蔵庫と大きめ収納家具がなくなり,大部屋のものと同じ扉一つの縦長チェストと,テレビ台兼用の抽斗3つ付きのローチェストに代わるのね。接客家具も二人がけソファになって,シャワーとトイレは同じ部屋に。
 あ,あと個室には壁に何ヶ所かコンセントあり。入口は二段式の引き戸で,プライバシーはバッチリ。隔離にもなるので,インフルエンザなどの感染症が侵入した場合,感染者が1〜2人で部屋が空いてれば,感染予防のために感染者がそれぞれの個室にブチ込まれることあり(勿論,感染の危険がなくなれば大部屋に戻る)。
 ・・・術直後という感染に最も神経質にならなければならない時期だったので,僕も一日ブチ込まれたわけ(笑)

病室:特別室



 こちらは通常の大部屋=4人部屋。ずっとコンパクト,でもスペースとしては必要十分でしょ(笑)
 写ってないけど,右手にテレビ台兼用のローチェストあり。テレビなんか見ないから無用の長物だったけどね。
 幸い窓側だったので,読書に疲れた時に外を眺めて気晴らしもできて,良かった〜。
 で,術後も就寝時以外は,体力と平衡感覚保持のために,基本的にこの折り畳み椅子に座ってたというね・・・ちょっと腰が痛くなったわ(苦笑)
 ベッドの上に転がってるピンクのボタンがついたリモコン状態のものは,ナースコール。ボタンを押すとナースステーションに繋がって会話ができるの。
 シャワー室はなし。フロア内にある共用のシャワー室もしくは浴室を利用。トイレは入口にあって,その反対側に洗面台。勿論,フロア内には広いスペースの共用洗面台あり。
 部屋の入口には一応引き戸があったみたいだけど,緊急時などナースたちが出入りしやすいように,常に開放状態。なので,フロアの物音がよく聞こえます(苦笑)
 プライバシーの最後の砦は,周囲に巡らされたカーテンのみ。ただし採光と空気流通のため,上の方は目の荒い網状。隠されるのは視線のみ。なので,同室の迷惑にならないように物音や声は抑えましょうね。
 ・・・全然それができない慎みのない輩もいるけど。まあ,高齢者の場合,耳が遠くなってるので声が大きくなったりするし,後期だと体力も落ちてるから,物を置いたりする時にカタンコトンとぶつかる音が出るのは仕方ないとわかってるの。ただ,静かにするべき就寝時間にそれをやられるとね・・・。


病室:大部屋



 ついでに,入院当日夕方のセンセとの面談で渡された「入院診療計画書」。
 病室512号室になってるけど,実際には521号室に変更された。その人の病状とかによって,部屋はひょいひょい移動されるのね。基本,注意を要したり,介護などで手がかかる人ほど中央のナースステーションに近い部屋に(移動はベッドごと)。
 ここで,初めて病名を知る。胆嚢腺筋腫症ってゆーんですか,へー。まあ,良性ならただのシコリってことですが(笑)
 手術日が間違って入力されてたのはご愛敬。同じものを2枚渡されて,それぞれにセンセがサイン。僕もサインして,確認しましたってことで1枚はナースステーションへ。それがファイルされて病院側の確認記録に。これは僕の方の控えね。
 センセはクランケに接してる間はいつもにこやかで,いい人だったです。基本,入院中に接したナースは男女ともに柔らかい雰囲気で接する人たちだった。
 ・・・これ,簡単なようで大変なのよ?接客業してるとよーくわかるけど。

入院診療計画書




  1. 2018/02/04(日) 09:40:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6778:戻ってきたお

 本日退院して,11時過ぎに帰宅いたしましたデス。

 10時過ぎに,会計課から届いた精算書をナースがベッドまで持ってきてくれたので,病衣から来た時の服装に着替え。病衣は自己流で畳んで(いや畳まなくてもいいんだけどね,気持ち)。荷造り(バックパック一つ)は事前に済ませてたので,読書してたiPad miniを放り込んで。
 まずは1階の会計窓口でお支払い。支払い済み証明もらって,ナースステーションに届けて。今日の担当ナースと一緒に忘れ物ないか確認。最後に,ナースステーションにも一度寄って,お礼の挨拶して・・・わーい,自由の身だーーーーーーッ♪

 気温が低下してるので,一瞬タクシーで直帰しようかなという考えが過ぎったけど,この5日間の運動不足による足の筋力低下を考え,歩くことに。
 傷をかばってまだすこぉし前屈みになりがちなのを,できるだけ術前のようにシャンと背筋を伸ばした姿勢に近づけて,はい,歩け歩けー。
 ん〜やっぱ歩幅が前より狭くなってる。チョコチョコ歩きとまではいかないけど,あの僕特有の典型的な「西アフリカ的歩容」(→『日本人のくせに日本的ではなく欧米的でもなく(中略)いる件(笑)』)ではなくなってるなぁ。ま,これは時が経てば元に戻るでしょ。

 あ,そうだ。どうせ新都心にいるんだし,快気祝いにか〜つに「秀のパン工房・窯」の菓子パン買って行ってやろっと。距離としては,か〜つの部屋に寄っても大して違わないし,坂道があるから運動にもなるし。
 てくてくと歩いて着いた「窯」。お目当てのラズベリー&胡桃入りの1斤パン「赤い彗星」は,既に予約で全部押さえられてた・・・土日の午前中は,いつもこうなっちゃうんだって。さすが,人気商品。
 なので,ナッツたっぷりにチョコの載ったのと,イチジクと胡桃の練り込まれたのとの小さめのを一つずつ。自分用にも,小さめのを二つお買い上げ(か〜つと同じイチジク&胡桃と,レーズン)。

 風は冷たいけど,歩いてると体温上がるからかえって気持ちいいくらい。いつもは自転車で通り過ぎる道を,のんびりのんびり。
 急坂を上って,か〜つの住んでる集合住宅の前・・・あ,カーテン閉まってる。やっぱりまだ寝てるよな。というわけで,ドアのノブに袋を引っかけて。午後,塾出勤の時に気がつくでしょ(微笑)
 丘の反対側の坂を下って,はいはいはいはい・・・着いたーーー。
 月曜日の朝と,何にも変わってな・・・あ,出る前日にネット書店hontoに発注してた御本の不在連絡票が,何枚も入ってる;;; うーん,「10日〜3週間必要」って表示だったから安心して頼んだのに,また那覇のジュンク堂に在庫があったんだな。想定外だわ。後で再配達頼んどかなきゃ。
 荷物を置いたら,近所のファミリーマートに食料調達。プレミアム肉まんと,トルティーリャと,あさりときのこの和パスタ買って,とりあえずお昼用ね。あ,前エントリで言ってたチョコレートケーキあったーーーーー♪ これは3時のおやつにいただきましょ。
 戻って,荷物整理したら,いつもは目覚めに飲む練乳たっぷりの濃ゆいコーヒーを1杯。はあ,落ち着いた。



 ところで,まだ抜糸は済んでません。来週10日の土曜日に外来でセンセの診察受けて,その時に病理検査の結果を聞くのと一緒に,抜糸する予定。
 あと,お仕事は5日の月曜日から復帰できると店長には伝えたから,明日夕方にでもお店に連絡してシフト聞かなきゃ。・・・ま,力がいる作業はしばらく控えた方がいいかもだけど,通常の給油や洗車作業は問題ないでしょ。

 というわけで,本日からブログの方も通常営業に戻ります(ペコリ



  1. 2018/02/03(土) 14:00:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6777:術後4日目

大部屋の欠点。慎みのない輩がいると、安眠が妨害される…(怒)
0時過ぎて、がさごそやるんじゃないっつーの、いい年こいて。やっと眠りに入りかけてたのもあって、キツく言っちゃったじゃないの。

それはともかく。
朝の診察で、明日土曜日の退院決定。ただし、抜糸はまだ。後で外来でやるってことで。
詳細は、夕方面談の時に。

朝食は、鶏ジャガ、チンゲンサイのお味噌汁、味海苔、バナナにカップヨーグルト。鶏ジャガに強めの塩気を感じたけど、トータルの食塩相当量は昨日のより少ない1.5g。よく考えられてるなあと感心。
味海苔は食べなかった。ヨーグルトを食べるのに、やっと持参のスプーンが活躍。よかったね出番があって(笑)

食後、歯を磨き終わった頃に、やっと便意様ご降臨。凝縮された小さな塊が二つ、出てきた。
手術前日の夕食+αってとこですか。やれやれ、これで懸案はなくなったぞ、と。


これより先は、前日と同じになる筈だから、めんどくさいので以下省略(笑)



あーチョコレートケーキ食いたい(笑)




(入院中)

  1. 2018/02/02(金) 09:21:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

No.6776:術後3日目その2

10時に、元の部屋が空いたので、移動。ベッド丸ごとと、キャスター付きテーブルでガラゴロ民族大移動(笑)
鎮痛剤効いてきたらしく、お目覚めの時より楽になったな。

お昼ご飯は、八宝菜と卵の中華スープ、春雨サラダにフルーツポンチ。鎮痛剤は効果に切れ目が出ないように、食後ではなく時間をずらして飲むつもり。

14時過ぎにシャワーを浴びたんだけど…ガーゼが1ヶ所外れなかったので、とりあえず下半身と腕を洗って、胸と腹は拭いただけ。まあさっぱりしたからいいけど。
ガーゼ貼り替えてもらったナースによると、べリッとやっても大丈夫だったみたい。糸が絡まってるように見えたからビビったんだけど(この辺、用心深い性格が出た 苦笑)。んじゃ、明日は全身洗って、頭も剃ろっと♪

タオルと着替えたパンツ、ソックスは、コインランドリーで洗濯、乾燥。ついでに、散歩。
途中でセンセと遭遇。元気そうなので、明後日あたり、退院を相談しましょうって。
あ、そうそう、一般病室に戻ってからは、就寝時以外はベッドに横にならず、椅子に座ってます。でないと、筋力落ちるし、平衡感覚も狂うからね。

17時半にセンセの傷点検。腹腔鏡を突っ込んだ(笑)一番大きな臍上の傷も浸出液が出なくなってるので、そろそろいいんじゃね?ってことで、このまま何事もなければ、土曜日に退院となりそうデス。
ただね〜、いまだに便通がないですよ。ガスは出るし、そろそろ溜まってきた感じもあるんだけどねえ。

で、夕食。魚のナポリ風、ヒジキのサラダ、野菜炒め、ナメコのお味噌汁。ナポリ風ってどんなのかと思ったら、粉を付けてさっと揚げたものにケチャップで風味が付けてあるものだった、なーんだ期待させやがって(ただの食いしん坊 笑)




(入院中)

  1. 2018/02/01(木) 18:58:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6775:術後2日目

入力したけど、アップしてなかった;;;



8時に、モニターの端子を外して、腹部と胸部のX線撮影。

8時半、採尿管を抜く。一気に引き抜かれて、ズルリンッて感じ。痛くもないけど、新たな感覚も芽生えなかった模様(笑)
その時ナースが話してくれたところによると、手術開始前に気管内挿管しようとしたら、口が大きく開かなくて困ったって。…実は顎関節症があって、一気には大きく開けられないんだよねー。か〜つのを咥える時も、関節を押さえて少し横にずらすような操作しないとイケナイんだよね〜。…まさかそんなこと言いはしなかったけど(笑)
その後、体を拭いて(上半身のできる範囲は自力で)、手術着から普通の病衣にお着替え。ナースの動きに合わせて体を浮かせたりしたら、「上手上手ー」って褒められた。ワーイ♪(お前歳いくつだ?)
ベッドを起こして、座位に。うーん、たった1日なのに、ちょっとフラフラする。ま、すぐ慣れたけど。

ところが。
元いた部屋でインフルエンザ発生。万が一を避けるために、とりあえず個室へ入ることに。ラッキー♪
その個室が空くまで、今の場所で待機(?)。のんびりとiPad miniで読書したり、うつらうつらしたり。

11時半に、センセが登場。摘出した胆嚢の写真をくれたよ。見たところ悪性の所見はないということで、一安心。ま、病理検査の結果が出ないとわからんけど。





(入院中)

  1. 2018/02/01(木) 14:49:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6774:術後3日目

前日は、21時消灯で大人しくベッドに入ったけど…手術侵襲で体力がガックリ落ちていた前夜と違って、睡魔はなかなか訪れてくれない。
どうやら睡眠サイクルが通常営業に近くなったみたいで、眠りに落ちたのは
日付変更線手前だったというね。
でも、完全に回復してるわけじゃないことは、夢見が多かったことでもわかる。ま、風邪ひいた時みたいな悪夢っぽい妙ちきりんな内容じゃなかったからいいけど。…そういや、なぜかこれまでの蔵書を整理してる夢があったけど、なかなか幸せな夢だったな。移住前に手放したのと再会できて。中身までは出てこなかったのが残念。

それはともかく。
7時前のナースのチェックで、輸液の針(というか細い樹脂チューブ)が抜かれた。やっと自由の身になれたよ。
ちなみに、この夜の担当は優しそうな男性だった。…残念ながら、対象外なタイプでしたが(って何の? 笑)
両手が自由になったので、久々の洗顔と髭剃り。あースッキリ。髭剃り後は、持参の高保湿化粧水でスキンケア(女子力高い? 笑)

んでもって、朝食。よく考えたら、この病院で摂る初の朝食だわ。内容は、納豆ご飯、大根の煮物、里芋の味噌汁。パイン缶と牛乳。ごちそうさまです。
鎮痛剤が切れかけてるのか、痛みが微妙に強くなってたり。食後すぐ薬を飲んで、様子見。傷の状態はいいそうなので、心配はしてないけど、歩く時にかばう身の屈め方が昨夜より大きくなっちゃった;;;

フロアを散歩すると、ちょっとお腹がゴロゴロ。…でもまだ何も出ない。腸が動いてるのは確かだから、あとちょっとだと思う。

10時前のナースチェックで、傷の塞がり具合もいいから、シャワー許可出た〜〜! 昼飯後に浴びて、タオルとかパンツ洗濯してこよっと。



(入院中)

  1. 2018/02/01(木) 09:45:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
iPad miniは2017.06.08に退役,
以後はiPad mini4(Gold)に。
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2018.Feb.11~)

honto
新体系・高校数学の教科書 上

ISBN :978-4-06-257677-2
芳沢 光雄著
講談社ブルーバックス(1,274円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先