The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 1999年に沖縄移住したゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,年下彼氏とのノロケ,過去旅話。

No.6846:桃の節句にゲシュタルト崩壊・・・

 本日は桃の節句の雛祭り。
 福井県は大野市で開催されている「春を彩る越前おおのひな祭り」の一会場で,20段に2,000体ものお雛様を飾った大雛壇が展示されているそーです。
 ・・・2,000体って,あんた・・・;;;


朝日新聞記事:ひな壇20段、圧巻の2千体 福井・大野




 記事の正面写真見てたら,物の見事にゲシュタルト崩壊起こしますた・・・orz;;;;;;;;;;;
 現物見たら,その存在感に圧倒されて心が壊れてしまうかもしれません(そこ,もう壊れてるんじゃ?とか,言わないっ!)
 ・・・こんなん子供に見せたら,トラウマになっちゃわない???



スポンサーサイト
  1. 2018/03/03(土) 09:00:13|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6803:どうせなら●根を使った方が

 宮城県石巻市の大杉神社で,輪切り大根に煤をつけて頰に付けるという奇祭「アンバサン」が行われたそーです。
 海上の安全・豊漁,五穀豊穣を願うということですが・・・記事には云われとかが書いてないので,大根で煤をスタンプする行為とどう結びつくのか,イマイチよくわからん行事であります(苦笑)


毎日新聞記事:奇祭 大根使い頬にすす 宮城・石巻でアンバサン



 記事の見出しを見た時,アンバサンをアンパサンと見間違えて,チェスにおけるポーンの特殊ルールと神社と何の関係が???と頭をひねったのは,置いといて(笑)

 記事をきっちり読んで,どうせ豊穣を願うのなら,大根じゃなくていきり勃った男根を使ってスタンプした方が,呪的な効果が高いし楽しいんじゃないのぉ?と,おゲイ子ならではの妄想をしちゃったのはお約束。
 黒々とした神男の男根を頰にベチベチ,ぺたりんこ。受ける方はそれを口できれいにしてあげて・・・でも,白いのを出しちゃうのは黒い煤の効果が失せるから厳禁とかって,どーですか???
 (それ,いわゆるひとつのマラびんた&チン拓&フェラチオとゆーヤツでは・・・)



  1. 2018/02/13(火) 09:18:34|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6754:砂かけ婆ならぬ●●かけ漢

 ●●は,お湯ですがナニか?(釣るなよ 笑)

 えー。
 今年も,群馬県長野原町川原湯温泉にて,紅白の褌一丁で男たちがお湯をかけ合う「湯かけ祭り」が,無事に挙行されたそーです。
 毎年,下心満載で記事ウォッチをしているこの行事,今年は参詣vs.命日で見ましたが・・・圧倒的多数の支持により命日の勝ち〜〜〜〜〜。だって,記事画像の群像が若い衆率高いし,画像左手で跳び上ってる男が,ブレとアングルの妙により褌が殆ど写らず,マッパのように見えるんだも〜ん(垂涎)。カメラマン,グッジョぉぉぉぉぉ〜〜ブっっっ!

 毎日新聞の方では,別記事「湯かけ祭り お湯湧いた、お祝いだ 長野原・川原湯温泉の奇祭 /群馬」もあって,こっちは男のアップ画像が見られるでよ(歓喜)


毎日新聞記事:群馬・川原湯温泉 迫力満点の「湯かけ祭り」

産經新聞記事:「お湯湧いた」「お祝いだ」群馬・川原湯温泉で奇祭「湯かけ祭り」




 ところで。
 この行事,単にお湯かけ合って温泉復活を喜ぶ(笑)だけじゃないんですね。
 薬玉に入った奉納鶏を奪い合うのがクライマックスとか。マッパに見える画像も,その時のもの。
 なぜ鶏かというと,茹で卵と温泉の臭いが似てるから・・・って,お湯かけと合わせて類感呪術の二段重ねかいっ(笑)



  1. 2018/01/22(月) 09:33:40|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6719:やっぱり若者が絵になる

 元旦早々に冷水に打たれて禊をする「冨士根本宮 元旦祭」が,富士宮市の村山浅間神社で行われたそーです。
 褌一張(白装束の女性はout of 眼中)で水垢離をしたのは,ここでは若者メインだそうで・・・絵的に眼も心も満たされちゃうので,新聞各社で色々な「裸の行事」が紹介されてたけど,ここを取り上げたです。画像もけっこう大きいし♪(←身も心も清らかにヨコシマ 笑)


毎日新聞記事:元旦祭 身も心も清らかに 若者らがみそぎ 静岡・富士宮



 それはともかく。
 禊祓の前に行うという,「船をこぐ動作の『鳥船行事』」ってのが気になります。
 山の中の神社で「船を漕ぐ動作」って・・・鳥船といえば天鳥船で鳥之石楠船神のことですわね。一体何の関係が???



BGM NOW
ハウンドドッグ/ff(フォルティシモ)[★★★★]
  1. 2018/01/05(金) 00:43:19|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6711:一度中止すると

 物事の復活はなかなか難しいもの。
 特に,人的な理由で中止になることが多い伝統行事ともなると・・・;;;

 三重県鳥羽市の沖合に浮かぶ神島に伝わる元旦の奇祭「ゲーター祭り」が,過疎と高齢化による祭主不在のため,今年は中止されたそーです。残念。
 奇祭といっても,このブログでヨコシマ目線からよく取り上げる裸の男衆が出てくるようなものではなく,祭事の内容が変わっているもので・・・。グミの枝を何本も重ねて折り曲げて輪にしたものに白紙をぐるぐる巻きにしたものを,大勢の男たちが手に持った竹で頭上高くに持ち上げ突き上げては落とす,という多分他には類を見ない祭り。

 実は,この祭り,去年読んだ御本「山の神」の中で取り上げられていて,どこかの新聞社の記事で紹介されないかなと期待してたんですよね。
 宮持ちと呼ばれる祭主は夫婦で1年間,この祭りだけでなく島内の神事を全て取り仕切る,という負担の重さも,原因の一つかと。
 また,「山の神」にも書いてあったんですが,グミは木質がとっても堅いので,それをまとめて輪にするには相当な力が必要,ということは若い衆がある程度いないと作れない。


毎日新聞記事:元旦の奇祭 ゲーター祭り、来年は中止 南北朝時代が起源



 来年以降どうなるのかわかりませんが,「宮持ち」を神事祭事一回ごとに交代するとか,外部からの若い衆の参加を求めるとかしないと,復活するのは無理かもしれませんね。
 幸い,毎年の祭事なので,数回中止したからといってすぐにその伝承が失われるわけではないけれど・・・継続的な復活は無理でも,伝承が残っているうちに再現して,それを学術的な記録に残しておいた方がいいんじゃないかと。
 ・・・沖縄の久高島で,ほぼ失われたと言ってもいい12年ごとの「イザイホー」が,映像と写真できちんと残されたように。



  1. 2018/01/01(月) 20:17:51|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6680:期待は外れた......

 冬になると,あちこちで裸の男衆が禊したりぶつかり合ったり荒ぶったりする神事が活発になりますが。
 一月ほど前に,とある記事で福岡県のとある神社で400年前から伝わる「寒みそぎ」が紹介されてまして。
 冷え込んだ深夜に締め込みの男衆が神社境内に集まって,冷たい川に入って水をかけ合う&奉納米(御国米)を研ぐという,書いてるだけで震え上がるような神事。奉納米は炊き上げて,豊凶の占いに使われるというね。
 もしかして,どっかの新聞が写真入りで取り上げてくれないかなぁ,と淡い期待を抱いてたんですけどねー。


WEDGE記事:極寒の川で身を清め豊作を祈願 福岡県糸島市白糸地区・熊野神社



 今日まで待ってみたけど,残念ながらどこも取り上げてなかった・・・orz。
 結構,キャマ目線で見所が多そうな感じなんだけど。残念!(←神罰食らってろ!)



  1. 2017/12/19(火) 00:58:08|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6489:こちらもお疲れ様でした

 山形の「日本一の芋煮会フェスティバル」で活躍してきた巨大鍋の鍋太郎が,17日の約3万食の提供を以って,引退したそーです。
 人手だけでは足りずに重機を使っての豪快な調理風景は,初秋の風物詩となってましたが・・・老朽化には勝てず。


毎日新聞記事:山形芋煮会:「2代目鍋太郎」有終の3万食提供



 鍋太郎と言ったら,弟の鎬之助とかもあるのかしらね?
 「おめでとうございま〜す!」「いつもより余計に煮ておりますー!」「これでギャラは同じなの」「文句言わずにお仕事お仕事♪」
 ・・・と,一人( *- -)トオイメ



  1. 2017/09/18(月) 00:41:04|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6389:そ,その褌,くださいっ(笑)

 津市河芸町一色の八雲神社で,褌一張の男たちが笊を奪い合って壊すという「ざるやぶり」神事が行われたそーです。
 夏の最中ではあるし,熱気でムンムンしていそう。

 笊の破片は厄除けに,その竹の部分は歯痛に,男たちが着用した白褌は安産に効果があるとか。・・・ねえ,厄年の男の赤褌には,どんなご利益が?
 イケメソで締まった体型の男衆が付けた白褌をもらっちゃったら,カ●パー腺液が早期破水しちゃいそうだわ〜〜〜〜♪ 子種のシミとか付いてたら,ホントに孕んじゃいそう(←付いてるわけないだろがっ 笑)


時事通信記事:ざる壊して豊漁祈願=津市〔地域〕



 ところで,地域の人口減の為に,この神事も参加者の半数以上は氏子ではなく域外からの公募参加者なんだとか。
 そういえば,礼文を旅した時も,人が少なくなってしまった地域の盆踊りを賑わすために,宿から参加させられたことがあったなあ。
 神事を残すためとは言え,「行事,イベント」に成り下がってしまわないように・・・



  1. 2017/07/28(金) 00:47:24|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

No.6379:男がグッと握ると上へ向けて勢いよく噴き上げた

 ・・・のは,火花です(笑)

 愛知県豊橋市の吉田神社の豊橋祇園祭で,恒例の手筒花火が奉納されたそーです。
 手筒花火って,この神社の奉納が発祥なんですってね。知らなかった。
 真上に向けて豪快に噴き上がる火花・・・すごいわー。


朝日新聞記事:火花、勢いよく 「豊橋祇園祭」で手筒花火の奉納



 祇園祭っちゅーことは,夏場の疫神除けの要素もあるんでしょうかね?
 それはともかく,やっぱり男衆は法被じゃなくて半裸とかじゃないと,見栄えが・・・(磔殺)



  1. 2017/07/23(日) 00:58:36|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6164:もっと露出を多くしなければ裸参りとは呼べないのではないかとケチをつけたくなった件(笑)

 UNESCOの世界無形文化遺産に選定された,滋賀県長浜市の長浜曳山まつり。
 その祭事の一環である「裸参り」が,9日から始まったそーです。今日12日の夜まで,4つの組の若衆が,鉢巻+さらし姿で長浜八幡宮の手水舎の井戸で身を清めるとか。


産經新聞記事:長浜曳山まつりの景気づけ、裸参りスタート



 ・・・上半身も下半身も,さらしに覆われてて露出度少ないわ。
 せめて写真の撮りようで,濡れたさらしで肌が透けていい感じになりそうなのに・・・ホント産經のカメラマンって無能だわねッ(赫怒)



BGM NOW
Astor Piazzolla/Sur: Regreso Al Amor[★★★★★]
  1. 2017/04/12(水) 13:09:35|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6110:華やかな衣裳をアタシも着た〜い♪と思う前に,イケメソな船頭にヨコシマな目は惹きつけられてしまう件(笑)

 「北原白秋の生まれ故郷」と「鰻の名所」と,どちらで有名なのか?な福岡県の水郷・柳川で,19日にお雛様たちに扮した女の子たちがどんこ舟に乗ってクリークをめぐるという,「おひな様水上パレード」が行われたそーです。
 お雛様なので,一応お内裏様の男雛役の男性も乗ってますが,主役じゃないので影が薄いです(笑)
 なぜ19日なのかはよくわからんとですが,とっても華やかでキャマ心がキュンキュンしちゃいますぅ〜♪ 女雛や官女の衣裳とまでは言わないから,先頭の舟の舳先で桜の花びらを振りまく年増のを着てみたいわぁ〜♪(←LGBT版花咲か爺になっちまうゾ?←昨今ではそれもアリなんじゃないのォ?←誰も見たがらんわ!)


朝日新聞記事:華やぐ、水上おひな様 女の子らがパレード 福岡・柳川



 ・・・などとほざきながら,記事画像中の若くてイケメソな船頭さんをメインに鑑賞させていただきました,というね。
 他の船頭さんは おっさん 老練なベテランみたいなのに,画像ではこの人がよく出てるというのは,やはり朝日新聞の「偏向」というやつなんでせうか?(爆笑)
 でもさ,せっかくの白い浄衣なんだから,天も突然の驟雨を送ってびしょ濡れにして欲しかったわね。そしたら体にぴったり張りついて,しかも肌の色が透けて見えたりして,とってもステキな図になったのに・・・気が利かないったらっ(行事が台無しになっちまうだろーがっ!)



  1. 2017/03/21(火) 09:24:14|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6068:冷水に浸かって祈りを捧げるストイックな姿もいいけれど,どうせなら飛び出した直後の湯気が上がるツヤツヤ肌とスケスケになったサラシ姿を載せて欲しかったと思う件(笑)

 新潟県は魚沼市浦佐の「毘沙門堂裸押合大祭」を前に,一週間にわたって行われる心身を清めるための水行が,25日から始まったそーです。
 初日に参加したのは,大祭を仕切る浦佐多聞青年団の最高幹部と年男・・・最高幹部の団長というと中年過ぎのように思えるけど,青年団なので実は29歳。脂がのってきた旨そうなお年頃でごわす(笑)


毎日新聞記事:裸押し合い大祭 水行の年男、心身清める 新潟・南魚沼



 業の深い組合員としては,毎日新聞のちっちゃな画像だけでは満足できないわけで(笑)
 検索かけてみたら,大祭そのものの記録写真が見つかりました。
 青年団のホームページ↓写真リンクから見られるでよ。スケスケの白猿股が,チラリズムぅ〜ン(←VXを顔面に塗られてろ!)


平成29年度 浦佐多聞青年団




  1. 2017/02/27(月) 09:17:54|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
   [Special御苦労!]
→ iMac (21.5-inch, 2017)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹→高紫衣裸
iPad miniは2017.06.08に退役,
以後はiPad mini4(Gold)に。
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2018.Jul.17~)

honto
雲南の歴史 アジア十字路に交錯する多民族世界

ISBN :978-4-86398-118-8
川野 明正著
白帝社アジア史選書(1,944円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先