The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 沖縄移住17年のゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,ノロケ,過去旅話。

No.6113:「戦国時代」はいいけどさ,地元密着過ぎたり,碌に事績がなかったりして全国ドラマには仕立てにくい連中はやめとけという件(笑)

 還俗して凛々しい女地頭の姿を見せるのも間近なNHK大河ドラマ。去年ほどではないものの,毎回楽しみにしておりますが。
 福井新聞によりますと,2020年以降の主人公に・・・と全国各地で誘致組織が結成され,NHKへの陳情や署名活動にしのぎを削ってる,んだそーです。


福井新聞記事:大河ドラマ誘致の「戦国時代」到来 全国各地に団体、NHKへ陳情も



 それはいいんですけどね。岡山県の山田方谷って・・・事績はわかるけど地元密着過ぎて;;;
 赤穂のテロリストなんぞ,大河でも既にやってるし,毎年のように取り上げられてるんだから,いいだろ(NHKで「四十八人目の忠臣」放送したばかりだし)。それくらいなら,一捻りして吉良義央とか,巻き込まれた上杉家の方から描けや。
 この中で,あ,これ見てみたいと思うのは,島津義弘,ジョン万次郎,徳川宗春,朝倉一族,保科正之,北条五代(というより初代早雲),里見一族,ですかね。
 どこも誘致しそうにないけど(笑),クーデンホーフ・カレルギー・光子(古き良き欧羅巴が描けましてよ)とか,檀林皇后・橘嘉智子(古代のどろどろの権力闘争を見たいです)とか,藤原定家と丹後局高階栄子のダブルキャスト(定家は徹底的に観察者として,局はフィクサーとして)とか,どないだ?



スポンサーサイト
  1. 2017/03/23(木) 09:27:46|
  2. 大河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6107:早くもイケメソが一人退場するのは主人公が活躍できないからだよな,と納得しつつアノ人コワ〜い;;;とカマトトぶってみる件(笑)

 ・・・直親サンが消えるの,4月に入ってからくらいかなと思ってたんですけどね。想定より動きが早いわ,この大河。ま,さっさと退場してもらわないと,次郎法師→直虎にならないし。実際のところ,直親サンが当主として活動したの,3年くらいだもんね。

 それはともかく,遠州錯乱という衰退・混乱の中,離反した三河の松平と結んだと今川が疑心暗鬼になって謀殺,という筋でいくのかと思いきや,もっと積極的に罠を仕掛けて反抗の芽を消すという直接的な話にしちゃったですね。話が長くなっちゃうからか,それとも脚本家が面倒くさがったのか(笑)
 ぶっちゃけ,疑心暗鬼コースでいくと,政次サンがより陰湿な描かれ方にならざるを得ないという難点もあるし・・・

 で,陰で,っちゅーより表で正々堂々と(笑)糸を引いていた寿桂尼サマ・・・さすが,お公家の中御門家の姫でありながら今川に嫁入って,夫の晩年からずっと屋台骨を支えていただけあって,コワーいぃ〜〜〜〜〜〜〜んっ♪ 浅丘ルリ子さんの演じ方といい,目に特徴のある化粧といい,存在感あるわーー。
 いつか,この方で大河やってみたらどうですかね? 存命中にはとりあえず今川は滅びないんで,ラストもやりやすいと思うんだけど・・・って,その前に息子の義元サマがまだだった;;;;;;;;



  1. 2017/03/20(月) 00:45:51|
  2. 大河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6083:もうあのお二人の姿が見られないのかと思うと落胆を禁じ得ないものの,今後の展開(脚本・演出)に期待したい件(笑)

 殆ど台詞なし演技の太守様と,パパ上が・・・史実だからしょうがないけど・・・あと2回くらいは引っ張るかな,と当初は思ってたから;;;
 あ,パパ上,若い者に井伊谷を託す的なことをおっしゃってましたが・・・あなた,まだ36歳ですよね? いくら寿命の短い戦国時代とはいえ,脂がのってくる頃ですよ(苦笑)。大体,主君が逃げ延びれば地元の混乱もそれだけ少なくて済む筈。あのシーンでは逃げ延びられないほどの深傷を負っていたとは見えなかったしね。
 などとブツブツ言いながら,でもママ上との(首だけ)対面シーンが良かったから,許す(笑) ってか,亀がパパの首と対面した時に首桶相手の演出だったのは,ここでの盛り上げに使おうと思ってたからなのね。納得しました。確かに,子役よりもママ上の演技の方が格段に上だもの・・・(涙)

 あとは・・・まあ,次の展開への布石的なシーンばかりだったので,後半は正直ダレました。 あ,最後のごたごたは,次回に回した方が良かったような気が・・・
 4月に入る頃には,(今はほぼ裏方の)主人公が表舞台で活躍するようになるの・・・かな?



  1. 2017/03/06(月) 00:51:05|
  2. 大河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6067:いい人(もしくはいい人ぶった人)たちが傍にいると,コムプレックスのある人はどんどん歪んでいって取り返しがつかなくなる件(笑)

 亀改め直親さんの正室のしのさん(笑)
 鶴改め政次さんも,コムプレックスではないけど,歪んできてますな(苦笑)
 ・・・でも,ひねくれ性格のβ型としては,そっちの方に肩入れしたくなる(爆笑)

 おかーさま,しのさんに直接次郎法師から子を授かる薬を渡すように言ったの,絶対その後の修羅場を想定してたでしょ。コワイ人(汗)
 でも,あの「子が生まれなければ側室/妾を入れる」という歴史上の常識,最近の大河では現代の感覚を持ち込んで,やたら「愛」だのなんだのとオブラートで包み込んで描くようなのが多くてげんなりしてましたから,すっぱりとおかーさまが仰ったのはいっそ爽快でございました。脚本家,見直したぞ。
 養子の直親さんに実子がなければ,今川から意に沿わぬ跡継ぎを押し込まれて井伊谷を乗っ取られるのは目に見えてますもんね(幸い,もう少し先の桶狭間で今川が弱体化したから良かったようなものの)。

 旦那の尻をひっぱたきまくる瀬名さんも,なかなか面白うございます。そういえば,前回最後のシーンの「わたくしも身が余っております」も,思わず噴いたっけ(笑)


 ところで,なんですか,最近武闘派僧侶の傑山さんが美坊主として人気が出てるとか?
 確かにあのムッキムキの腕とか,オキャマから見ても萌え〜〜〜♪ですけど・・・



  1. 2017/02/27(月) 00:35:13|
  2. 大河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6016:亀帰る(笑)

 密かにちょっとだけ気に入ってた小野パパりんが死んじゃったー;;;
 しかし・・・史実での鶴改め政次の最期を考えると,あの最後の父子の対話は,ある意味ムゴいなぁと。
 この筋書き演出では,ハメられてそうなってしまうという方向に持ってくらしいから,それを考えると少しはマシなのかな。でも,そうするとあの対話の意味が今度は薄くなってしまう・・・

 さて。
 とわ改め次郎法師&亀の再会シーンは,ありきたりだのぉ・・・どうせなら,帰還顔見せの場面で和尚様が「誰だかわかるか?」と示した鶴を,「とわじゃ,立派になったであろ?」と紹介して驚かしておいて,更に出家姿の次郎法師をバーン!と押し出しても一回驚かす,とか(←三谷演出じゃないんだから・・・)

 それはさておき。
 柴咲次郎法師は,まあまあ生き生きしてていいんじゃないですか?
 今後に期待しませう。



  1. 2017/02/06(月) 00:49:03|
  2. 大河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5996:おとわちゃん(のママとパパ 笑)

が良かったですなー。

 ママは,パパとおにーちゃんに啖呵切ったところが凛々しかったし。
 パパはパパで,切先突きつけて所領を諦めるように脅す場面が,カッコ良かったし。


 山門前で何度も何度も放り出されるシーンは・・・なんか前回の駿府の蹴鞠シーンの焼き直し?ダメじゃん;;;
 てか,ご出家の身では亀ちゃんと夫婦になれるわけ,ないでしょーが。最初から気づいとけよ(苦笑)


 というわけで,個人的には主人公のおとわちゃん関係の演出にがっかり。これが子役最後の回なのになー。


さぁて,来週のおとわちゃんは〜?(違




  1. 2017/01/30(月) 00:42:08|
  2. 大河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5980:おとわちゃん(微笑)

 義元様,ちょっとしか喋らんかったがなーっ(←そこ?)
 あまり喋らないキャラになってるとは聞いていたけど,ここまでとわ・・・

 で,おろおろしたり暴走したり策が失敗したりと当てにならない大人だから,自力で何とかするおとわ,というわけね(笑)
 まあ,蹴鞠百回勝負(ホントは何回だ?)とか,チープというか,一瞬根性ものか?と思ったぞよ。あれはもうちょっと何とかならんかったか?

 駿府で,たけの語る人質→側室→放置の危険性を,鬼ごっこと勘違いするすれ違いシーンあたりは,前作から引き継いだギャグ体質ですかね?

 最後の小野政直の苦渋の表情が,良かったです。今回も脇の俳優さんがいい演技してくれてるから,少々ツッコミどころがあっても,見逃せるわー(笑)


 次回で,無事ご出家の身になって,そーしてコウさんの出番かぁ。
 うまいこと繋がれば,いいんだけど・・・まさか,また水に飛び込んで出てきた時には大人になっていた,などという二重の二番煎じは,やらんだろーな??
 (かつて,牛若丸→水中→義経という例があるです・・・あれは意味不明でひどかった・・・;;;)



  1. 2017/01/23(月) 00:40:22|
  2. 大河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5961:おとわちゃん(苦笑)

 うーみゅ・・・話があんまり進まなかったなぁ・・・一気に御出家まで持っていけばいいのに・・・と思わないでもないけど。

 考えてるよーで考えなしなおとわちゃんがイキイキしてるから,許す(笑)

 亀・・・「おまえのところに戻る」とは言ってないよね(苦笑)


 ってか,おとーさま,貫禄なさ過ぎ(いや,それはそれで面白いんだけど)



 次回は,義元様がお喋りになるのね・・・♪(←実は今川義元をけっこう評価してる人 笑)



  1. 2017/01/16(月) 00:41:29|
  2. 大河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5943:おとわちゃん(笑)

 「おんな城主 直虎」,始まりましたですね。
 これまでの大河の慣例を破り,1ヶ月ほどは子供時代を描くということで,大丈夫かいなと心配してたんですが,子役がなかなかいい演技してたんで,これは安心かな。
 そこはかとなく謀略を描いてるのも,悪くなく。

 一つ文句を言えば,亀之丞(後の井伊直親)が駿府で殺された父・直満の首桶を抱いて号泣するシーン,蓋を開けた演出にしてればもっと説得力があったのにね。


 とりあえず,続けて見ようという気にさせてくれる出来でした。
 一昨年の花なんたらは,初っ端からつまづかせてくれましたからね(←もはやトラウマ)



  1. 2017/01/09(月) 00:41:31|
  2. 大河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5893:・・・終わってしもうた

 真田丸・・・;;;
 清盛以来,毎週毎週楽しみにしてきた大河でございました・・・

 素材が敗将だし,時代もこれまでに幾度となく取り上げられて食傷気味な部分だっただけに,始まる前は殆ど期待してなかったんですが。
 終盤に入ると,足を引っ張りまくりの大蔵卿局にイラつかされたり(役者さん,嫌われ役お疲れ様でした),うざキャラだったきりが面白くなってきたり(腐れ縁です,で総括するなよ 笑),凛々しい秀頼公に萌えたり,織田有楽斎に笑わされたり,ヒールな秀忠が新鮮だったり,と完全に三谷の掌の上で転がされてましたなあ。わかってるんだけど,引っ張り込まれる。
 俳優も,主人公以下皆さんいい演技で・・・若いは若いなりに,老練は老練なりに。何より信繁が後半過ぎからぐんぐん「成長」していくのが,良かったです。


近年の大河では稀に見る秀作でしたな。




 来年は,同じく戦国とはいうものの,取り上げられたことのない素材。
 どう料理してくれるのか,楽しみではあります。適度にツッコませてもらえるか,それとも去年のように呆れさせてくれるのか。さすがに,今年のように引っ張り込まれるというのは,ないだろうな。

 ・・・その次は,鹿児島の人には悪いけど,まったく興味の持てない素材。というか,なぜ彼があれだけ日本人に人気があるのか,わからんのです(「ビッグストーンと46人のテロリスト」はもっとわからん)。功績は認めるけどさ。
 大河カテゴリも再来年は一年間休止?(苦笑)



  1. 2016/12/19(月) 09:30:57|
  2. 大河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5812:今日の大河

 タイトルロール(←誤用),キタ━━━━━━(`▽´)━━━━━━ !!



 えー。
 ものすごく久しぶりの「大河」エントリですが,なんで書かなかったかというと,文句のつけようがなかったからです(⌒〜⌒;A
 いや,いろいろツッコみたいところがありはするんですが,大した瑕瑾じゃないし。さすが三谷らしく,史実が残ってないところでの独自解釈や面白い演出がそちこちに出てくるので,感心してたです。

 ボケてく秀吉,能吏で忠義者のくせに絶望的に他人との交流が下手で墓穴を掘っていく三成,周囲に流されながら天下を盗ってしまう(←これ,褒めてます)家康・・・これまでのこの時代を扱った大河に比べると,キャラクターがいい方向に捻られていて,歴オタも満足してます{□_□}ゞ
 ぶっちゃけ,秀吉も三成も好きな人物とはとても言えないんだけど(特に藤吉郎!),あの描写には哀れを覚えましたからね。これって,山田かつてなかったことです(つ;Д`)
 おかげで,去年の糞ドブ溝小川ドラマのトラウマが少しは癒え・・・るかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっっっ(#ノ`□´)ノ⌒┻━┻


 はあはあ・・・それはともかく。
 やっと主人公が活躍するところまで来たんだし,この調子まで最後までブッ飛ばして欲しいものです( ^o^)ノ''☆








 (ここだけの話,秀頼公初登場の回は凛々しいセミヌードに萌えました(〃∇〃))



  1. 2016/11/07(月) 00:41:01|
  2. 大河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5530:秀次どん・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

 殿下が,正気かどうかしてるかは横に置いといて。

 ほんま,この大河は俳優の演技(&それを引き出す演出)が・・・
 秀次が,生まれたばかりの息子の夭折で慟哭する場面とか,くるわー;;;
 でも,そこまで秀吉の心理を読める秀次だったら,あっさり関白返上してしまいそうなものですが・・・とかツッコんじゃ,だめね(-o-;)

 去年のどぶ泥ドラマの素材を三谷が扱ったら,どうなってたかな・・・いやいや,あのしょーもない小物素材では,無理に違いない(←もう,トラウマ状態)



  1. 2016/07/04(月) 00:25:17|
  2. 大河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
そして,満を持してiPad mini!
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2017.Mar.13~)

honto
中国五代国家論

ISBN :978-4-7842-1545-4
山崎 覚士著
思文閣出版佛教大学研究叢書(7,020円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先