The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 沖縄移住17年のゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,ノロケ,過去旅話。

No.6234:久々のmaru CAFE(5/12)

 前回行ったのが1月・・・;;;
 ホントは先月行くつもりだったのに,休みの度に微妙な雨で出る気になれなかったというね。

 着いたらちょうど正午。
 お店の駐車場は7割埋まっていて・・・中もそれなりに。でも,間を置いてお客さんたちが入ってきてたのか,大忙しという感じではなかったね。うちのお店もそうだけど,同じ客数でも一気に入って来られるのと,五月雨式に入って来られるのとでは,全然違うんだよね。

 それはともかく。
 今日はパスタの気分だったのが,メニューを見て急遽ローストビーフに変更。絶対下ごしらえがきちんとされていて,美味しいと踏んだから。maru CAFEに外れなし!
 バイキングのサイドメニューは,ゴーヤー,車麩,栄養価の高い「なんとか」キャベツのサラダ/切干し大根のヨーグルト和え,お豆の塩麹漬け,コーンたっぷりのポテトサラダ/そして勿論トロプルなテビチ。
 久々に食べたローストビーフ,思った通りやわらか~くてジューシーで,美味にございますぅ~~~~♪
 あー,か~つにも食べさせてあげたい!!!

 デザートのスイーツは,ブラックコーヒーとブルーベリー・ティラミスが定番となりつつあります。

 テビチをか~つにお持ち帰りしようかと思ってたんだけど,昨夜電話したところでは,寄れそうな時間にはもう部屋にはいない可能性が高いってことで・・・気温が高くなってるから,ドアに夜までかけっぱなしはやめといた方がいいよね;;;


maru CAFE

maru CAFEローストビーフ

maru CAFE
Google Mapmaru CAFE日記



 手の空いたマスターが時々お喋りの相手をしてくれるのが嬉しいな。「すごい久しぶりですね~」って驚かれたけど。すんません,もうちょっと間を置かずに来たいと思います(苦笑)

 ところで,今日もカウンター席なんだけど,いつもほぼ同じ位置に座ってるって,皆さん気づいてました?(前に写ってるお酒の瓶がヒント)
 ・・・割と無意識に,慣れたところを選ぶようです。変なの(笑)



スポンサーサイト
  1. 2017/05/13(土) 09:35:38|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6213:いい色を維持したまま焼けたはいいものの

 先日,思いつきと出来心で試作してみて見事に失敗してしまった「アボカドとバナナのパンケーキもどき」。
 5日早朝の軽い朝ご飯代わりにならんかな〜と,リトライしてみました。

 改良点は二つ。砂糖抜きにして,片栗粉を少し減らして代わりに卵を1個使用。
 焼き方も,一度に2枚を時間差で(まず大匙一杯分を焼き始め,そいつをひっくり返した時点で次の一杯分を投入)焼くことで,効率よく量産できました。その結果は・・・


バナナとアボカドとオレンジのパンケーキもどき



 ・・・かような具合で,予想以上にアボカドの緑を維持してくれて,いい感じに焼けてくれたのです。
 焼けた直後はそれなりに甘く,オレンジの香りも残っていたのですが・・・ただ,褐色になっている部分が苦かった・・・orz これはオレンジのせいなのか?
 更に。冷えたところで試食してみると,甘味も香りも何処へやら,苦くてゲロマズ・・・なんでこんなもん作っちゃったんだろうと後悔するような代物に成り果ててました・・・あうう。
 バナナと卵の時はまったく問題なかったのだから,元兇はアボカドかオレンジ。おそらく,間違いなくオレンジ。爽やかな甘味と香りを・・・と狙ったのが間違いだったのかも。

 再改良版は,オレンジ抜き,卵もう一個増量で挑んでみることにします。・・・でも,5日用にはやらない!



  1. 2017/05/04(木) 00:45:30|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6183:玉二つと棒一本・・・なかなか固くならないどころか,勝手に黒くなってしまって焦った件(笑)

 えーとね。
 か~つが,カルビーのピザポテトやら湖池屋のプライドポテトだの,今後原料のジャガイモ払底によりしばらく市場から姿を消しそうなスナックを差し入れてくれたので,お返しに・・・と。

 殆ど,思いつきと出来心で始めてみました。
 では,材料でーす。
 アボカド2玉。
 皮が濃い黄色になった熟しバナナ1本。
 オレンジ1個。
 片栗粉大さじ1。
 きび砂糖小さじ1。
 以上!


フルーティなおやき材料

 片栗粉以外の材料をボウルに入れまーす。
 オレンジは,ぎゅっと絞って果汁+果肉少々。
 これを,お手手でぐにゅっと掴み,潰していきまーす。
 ある程度潰れたら,ナックルでぐにぐにぐにっと大きな塊がないように・・・


フルーティなおやき材料
 アボカドの緑がとってもきれい~♪
 オレンジとバナナの香りも立って,いい感じ~♪
 この状態で味見をしてみたら,砂糖はなくても十分甘かったのだけど,
前回あまりにも薄甘いものを作ってしまったので,きび砂糖を入れて,甘味を増量。
 片栗粉もinして,混ぜ混ぜ。


フルーティなおやき
 おたま一杯分を,フライパンで焼いて・・・焼いて・・・あれ?なかなか固まらないんですけどー?
 いつまで経っても,表側がふつふつとした感じのままで,揺り動かすと流れてしまう有様。


フルーティなおやき材料

 業を煮やして,無理やりひっくり返してみたら・・・いい焼き色を通り過ぎて焦げかけていた;;;
 ほら,みんなのところへお帰り・・・



 その後,更に片栗粉を大さじ一杯増量して,今度は大さじ一杯分で焼いてみたんだけど,やっぱり固まる前に焦げちゃう・・・orz;;;
 ので,今回は製品化を断念。もったいないから,生の状態で食べちゃいました。粗く作ったスムージーって感じ(笑)
 焼いたヤツは,焦げの部分以外は,熱々のフルーティーなゆるーい餅もどきって感じで,味の狙いとしては悪くなかったみたい。

 うーむ。
 焼いても固まらなかったのは,何がイケなかったのだろう???
 オレンジの酸が邪魔をしたのか,それとも片栗粉2杯では力不足だったのか・・・ジャガイモのおやきの時は1杯で十分もっちもちに固まったけど,よく考えたらジャガイモ自身にも澱粉は大量に含まれてるからなあ。
 そういえば,大分前にバナナのおやきもどきを作った時には,片栗粉じゃなくて卵を使うレシピだったよな。
 よし,近いうちに片栗粉&卵でリトライしてみるのじゃーーーーーっ!



  1. 2017/04/20(木) 01:01:34|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6148:プルンとしたところに透明な汁が滲み出て,じゅくじゅくと溜まっていた件(笑)

 先日,作ってか〜つに献上した,「豆乳と片栗粉のスイーツ Ver.2.0」。
 未遂デートの時には,フロントガラスの件でなんだかんだと忙しくて,感想を聞けなかったんだけど。
 フロントガラスの結果報告で電話くれた時,教えてくれました。
 冷蔵庫でずっと冷やしてたら,水分が分離してきて容器の上の方に溜まってたそーです。なんでそーーーーなるのっ!?(古)
 ・・・ゼラチンとか寒天と違って,片栗粉だと水分を組織の中に完全に保持しきれないのかね?
 あと,やっぱり甘味は薄かったそーです。うーむ,ほんのりほのかな甘味というのは,彼には向いてなかったか・・・。
 ただ,これらの解決策として,耐熱容器に食べたい量を水分もろとも掘り取って,ぐだぐだに潰してからレンチンしたら,甘味が復活してご機嫌な状態になったとか。ああ,その手があったか!

 というわけで,次回のVer.2.5では,蜂蜜を増やすか,いっそ潔く甘味は砂糖だけでいくかという方向で考えております。


 で?
 いつ作るの?(苦笑)



  1. 2017/04/07(金) 09:10:06|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6132:種の混じった二つの熱く白い液体が冷えると,もっちりとなっていた件(笑)

 こないだ試作してみた豆乳&片栗粉のスイーツ Ver.2.0(笑)。
 今度は無調整豆乳600ml,片栗粉大さじ4杯少々で最初からやってみたら,温めているうちにとろ〜りもったりとしてきて。
 練乳と蜂蜜は前回の3倍量,同じように無印良品のシードミックスも入れてあります。

 味見兼自分用の200mlと献上用の400mlに分けて。
 冷やしたらこんなんになりました。前回の試作品と比べて,断面がぐずぐずになってないでしょ? 勿論,ダマなんかなくて滑らかでもっちりした口当たりになりました(微笑)
 ・・・僕の好みとしては,試作品のやわやわで危うい感じのする食感も悪くないと思うんだけどさ。



豆乳プリンもどき



 か〜つはスイーツ作りが苦手なので,こうやって作ってあげるとすごく喜んで褒めてくれるんですけどね・・・実はそんなに大変なことはしてないというね(笑)



  1. 2017/03/31(金) 00:45:27|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6115:熱くてとろりとした白い液体からデザートを作ってみたら,意外にイケてて驚いた件(笑)

 あっためた豆乳のことですが,ナニか?(殴)
 以前,おやきを作った時に使った片栗粉が,まだまだ残ってるんですよね〜。
 またおやきや大根餅とかを焼いてもいいんだけど,なんか他の使い道ないかなぁと思案してて,そーいえば大分前に豆乳に投入してもっちりデザートを作るってのがクックパッドに載ってたなあ,と思い出しまして。
 でも,それらしいレシピをイマイチ見つけきれなかったので,か〜つへの献上品にする前に,殆ど野生の勘で自分用として試作してみたのです。

 材料は,近所のお店で買ってきた紀文の調整豆乳200mlパック。調整だと,塩分とか余計なものが入ってるからイヤなんだけど,無調整のを置いてなかったから・・・;;;
 そして蜂蜜,練乳少々,無印良品の「シードミックス&クランベリー」(南瓜の種,松の実,ドライのクランベリー&ブルーベリー),そして片栗粉。
 まずは,小鍋に豆乳を入れて。えーと,片栗粉どんだけ入れればいいんだろ・・・とりあえず大さじ1.5杯分くらいね(←β型らしいいい加減さ 笑)。甘味の蜂蜜,小さじ1くらい入れまーす。豆乳の匂いをちょっと和らげるため,練乳を小さじ1弱入れまーす。
 そーして,片栗粉を溶かすために混ぜる混ぜる混ぜる。溶けたらしいところで,シーフードミックス&クランベリーをぱらぱらぱらっと放り込んで。
 ・・・こんなんになりました。


豆乳+片栗粉



 んでは,これを火にかけてあっためていきまーす。アルミ鍋だから,熱が伝わりやすくて焦げやすいので,弱めの中火で・・・ん〜,ふつふつ沸いてきたけど,あんまりトロみが出てこないなぁ。やっぱり片栗粉が足りなかったか。
 というわけで,一旦火から下ろして片栗粉を更に大さじ2杯ほど追加・・・あーっダマになっちゃうう〜〜〜〜〜っ!
 急いでヘラでかき回したものの,あちこちに小さな片栗粉の塊が・・・orz;;; ま,いいや,自分で食べる試作品だもん。できたものがどーなったかによって,最終的な片栗粉の量を決めればいいんだよね(←このあたり,立ち直りが早いβ型 笑)
 で。も一度火にかけてかき回してると,さすがにもったりとしてきたので,ちょっと味見・・・ん,甘味もあって悪くない。
 というわけで,捨てずに取っておいた(笑)ゼリーのカップに流し込んで。粗熱とれたら冷蔵庫に監禁。
 ・・・こんなん出ましたけどぉ?


豆乳+片栗粉のデザート試作品



 真っ白な筈の豆乳が主成分なのに,なぜか緑色を帯びているのは,南瓜の種の仕業ですかね?
 食感は,固めのクリームとすんごくやわらか〜いお餅を足して2で割って,ちょっとほろっとさせたような・・・もっちりともぷるんとも違う面白い感じ。
 肝心のお味は,冷やすと甘味も弱くなってしまったけれど,ドライクランベリーなどから出てきた甘味が加わって,ほんのりお上品な甘さに。松の実と南瓜の種も水分を吸って生地?と馴染んでるし,風味がアクセントになっていて,思いつきで入れてみたんだけど,正解。
 ただ・・・ダマになってしまった片栗粉の部分だけは味が入ってなくて,しかもちと粉っぽいのね。
 あと,豆乳の匂いが少し強く感じるから,練乳をも少し増やした方がいいのかな? 豆乳好きなら気にならないレベルだけど。

 というわけで,次回は無調整豆乳を使って,失敗しないように気をつけて献上品を作ることにいたしませう(微笑)



  1. 2017/03/24(金) 00:50:17|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6092:今日のたましだ

 3月に入ったというのに,北からの寒波のせいで妙に気温の低くなったここ数日。
 珍しく13時過ぎにお店に着いた時には,ぱらりぱらりと小さな雨が降り始めてて,慌てて屋内に。

 何にするか悩んだ挙句に,いつもの野菜プレート(微笑)
 左上から,苦菜(かなぁ)と林檎と胡桃の和え物,味が濃いもりもりの葉野菜&胡瓜,大根とセロリの酢の物,法蓮草のおひたし。右下,茄子の素焼きwithアンダンスー(油味噌),トマト,ブロッコリー,人参ときて,キノコとイカ入りのスパニッシュオムレツ,ウムクジ天麩羅(手前),大根の地漬け(ジージキー)。
 大根の地漬け(ジージキー)は初めて食べたんだけど,甘くて発酵した乳酸的な風味の深い味わい。ブログ(↓)によると,塩漬けして干した大根を黒糖と一緒に1年間漬け込んだもの,だそーで。道理で,深みがある味だと思った。一切れと言わず,もっと食べた〜〜〜い♪

 食後は,生地に抹茶を練り込んだ蒸かしたてのお饅頭を,ローゼルソーダで。お饅頭,餡子がたっぷりで嬉しい(微笑)

 ・・・いつになったら,か〜つをここに連れて来られるのかなあ(近所だけど,うちらの活動時間とお店の営業時間がなかなか合わない 苦笑)


たましだ

たましだ
Google Mapやんばる野菜カフェ たましだ



 お店を出る時には,雨が少し強くなっていて・・・新都心に寄って買い物をする予定だったのは次のお休みに延期,濡れながらさっさと帰りましたとさ。



  1. 2017/03/10(金) 15:26:45|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6039:チョコ製作 2017

 チョコも3度目なら〜 少しは上手に〜 愛のメ〜ッセ〜ジ〜 伝えたい〜♪ ってなわけで,バレンタインのお手製チョコでございます。

 今回は,前回とほぼ同じ,豆腐クリーム使用のトリュフもどきをメインに,それだけでは芸がないので,甘酸っぱくヨーグルトクリーム使用のチョコチーズケーキもどきを。
 ちなみに,チョコチーズケーキもどきは,ふと思いついて作った完全オリジナル(笑)
 トリュフもどきの製作過程は昨年のエントリ「心を込めて作りました」を見ていただくとして。

 ヨーグルトクリームのチョコチーズケーキもどきの方ですね。
 では材料です。
 ヨーグルト適宜。
 ドライフルーツ適宜。
 Asahiの「クリーム玄米ブラン カカオ」。
 カカオ95%の「明治チョコレート効果」適宜。
 豆腐クリーム適宜。
 表面に飾るための,南瓜の種適宜。

 適宜,ばっかりなのは,作る大きさによって変わってくるからで,決して我が道を適当に行ってしまうβ型的性格だからでは・・・ないと思う(苦笑)
 今回は,無印良品の耐熱密封タッパー内寸約70×95×30mmのものを使用したので,玄米ブランは小袋1つ分=2枚。チョコレートは小袋6個分としてみました。
 ヨーグルトは,ドライフルーツ投入後で容器の1/2〜3/5くらいになる量で。
 豆腐クリームは,小匙3杯分くらい?かな。


 半日前から用意しておいた,ヨーグルト&ドライフルーツの混ぜ物。ヨーグルトの水分を吸って,ドライがウェットになってるのを確認,ついでによぉくかき回してフルーツから出た甘味を行き渡らせておきます。
 台?にするのは,か〜つの健康のことを考えて,Asahiの「クリーム玄米ブラン カカオ」・・・ですが,サンドされたクリームはこそげ取ってしまいます(勿論,それは僕の口の中へ 笑)


クリーム玄米ブラン



 ビニール袋にでも入れて,上からタントンタントンダンダンダンッと叩いて,細かくします。それをタッパーの底へ敷き詰めて。


ブランの粉末
これから何かの種を播くわけじゃ,ないぞ(笑)



 鍋に湯を沸かして,適温になったら小さな鍋をそこへ入れて,チョコレートのテンパリング開始。
 チョコが艶っぽく溶けたら,ヨーグルトをそっと投入。優しく混ぜ混ぜ。混ざり切ったら,豆腐クリームを入れて,更に混ぜ混ぜ。


テンパリング中

ヨーグルトクリーム投入



 では,味見を・・・ん,ドライフルーツの甘味とヨーグルトの酸っぱさで,チョコ菓子のくせになんか爽やかだぞ(いや,それを狙ったんだろ 笑)
 これでいい味だと思うんだけど,自身がダイナミックレンジの広過ぎる甘味覚であることと,食べる時には冷やされていることを考えて,蜂蜜を1匙足してネリネリ。


ヨーグルトクリームチョコ完成



 先程の容器に流し込んで,表面を平らに均したら蓋をして冷蔵庫へ。冷える間に,クリームの水分を土台のブラン粉が吸ってしっとりしてくるだろう,という計算。


タッパーに入れる



 冷えて固まった(と言っても,柔らかいけどね)ところで,飾りの南瓜の種をぱらぱらと。
 南瓜の種は更年期男性の前立腺肥大予防効果もあるらしいからね(笑)


南瓜の種を載せて




 ところで。
 メイン?の方は,今回少し柔らかめにできてしまったので,去年のように手で成型するのはやめ。
 ラップに入れて,トッピングに胡桃/カシューナッツ/アーモンド/ドライフルーツを載せて,茶巾絞りもどきに。
 どうやら,チョコレートの量が少し足りなかったみたいね(ケーキもどきに使った分を足すのを忘れてた 笑)。


ラップで茶巾絞り



 というわけで。
 1時間後に,持ってって来ま〜す♪



  1. 2017/02/13(月) 22:30:22|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6037:準備ちう

 クリームチーズを放置して室温に戻し。
 ドライフルーツをヨーグルトに混ぜ込み,水分を吸わせてヨーグルトクリームに変身させているところ。


ヨーグルトとクリームチーズ



 チョコレート2種製作作業開始は,日没後の予定でござゐます。



  1. 2017/02/13(月) 15:01:11|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6024:南瓜の煮物

 久々に,作ってみたの。勿論,か〜つへの差入れ用(自分の為に作るなんてことは,メンドくさいからやらない 笑)

 今回は,酒粕を少し溶かした水に,あらかじめ用意しておいた冬菇の戻し汁を足して。
 味付けは,例によって使わなかった納豆のタレ(笑)。岩塩で塩気を調整しておいて(それでも薄いと思う)

 南瓜と冬菇を入れて沸騰したらすぐに弱〜とろ火。
 火が通ったあたりで,桜海老と県産サヤインゲンを投入。
 味がしみたあたりで火を消して,乾燥ワカメを適宜投入,放置して冷えるに任せます。



南瓜の煮物
サヤインゲン投入直後



 今日もか〜つは夜のバイトがあるらしいので,耐熱タッパーに入れて,お部屋のドアに掛けておきました。



  1. 2017/02/09(木) 00:38:34|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6014:一粒1,270m

 じゃなくて,1,270円です(グリコかッ)。
 えー,山口県柳井市の法人が作っているハート形のイチゴ「いちごころ」のお値段だそーです。
 大粒の,それはそれは見事なハート形で,色艶も美しく・・・化粧箱に入れて発送される1日100個の限定高級品。実ってる画像を見ると,ハート形になってないやつもそれなりにありそうで,歩留まりが悪いのかな。
 バレンタインデーにいかがですか?って話ですが・・・あのー,肝心のお味の方は・・・?(笑)


朝日新聞記事:ハート形イチゴ、1粒1270円 バレンタインにいかが



 そのうち柳井市のふるさと納税返礼品に採用されるかもですな。



  1. 2017/02/05(日) 09:25:02|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6007:お昼は豆腐ステーキ

 今日のソースは,無印良品謹製の「サブジの素」に玉葱,人参,ニラ,エノキを足してみました。パッケージには,ジャガイモやオクラを使えと書いてあったけど,サブジは野菜の炒め煮のことだから,これはこれでOK牧場でした(笑)


豆腐ステーキ




  1. 2017/02/02(木) 13:37:54|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
そして,満を持してiPad mini!
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2017.May.16~)

honto
新しい物性物理 物質の起源からナノ・極限物性まで

ISBN :4-06-257483-7
伊達 宗行著
講談社ブルーバックス(1,123円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先