The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 1999年に沖縄移住したゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,年下彼氏とのノロケ,過去旅話。

No.5194:俳句1166


手袋をぬぐ手ながむる逢瀬かな


日野草城




スポンサーサイト
  1. 2016/01/31(日) 21:10:13|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5193:なぜそんなところに?

 南米エクアドル東部のとある道路脇にナマケモノが出現し,交通局員に保護されたそーです。
 ガードレールの根本にしがみついてる姿が,か,かわいいじゃねーか!(笑)


CNN Japan記事



 しかし,代謝が遅く動きも鈍い(というより,超省エネで代謝が遅くても生きられるように動きが鈍い)ことで有名なナマケモノが,よくこんなところまで無事に来られたな,と。



  1. 2016/01/31(日) 08:18:27|
  2. 生命:動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5192:俳句1165


櫛拭きて身仕舞い終る霜日和


山崎冨美子




  1. 2016/01/29(金) 22:40:51|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5191:1月予算購入音楽

ショーソン:交響曲変ロ長調,交響詩「ヴィヴィアーヌ」(Armin Jordan/Sinfonieorchester Basel) ¥600

バッハ:管弦楽組曲集(Ton Koopman/Amsterdam Baroque Orchestra) ¥2,300

Coldplay:Ghost Stories ¥1,300

石川智晶:シャーベットスノウ ¥250




 ショーソン,超有名な「詩曲」を実は持ってないという事実。
 インターネットラジオで流れていたのをリッピングしたデータはあるので,正確には「権利を持ってない」と言うべきか(苦笑)



  1. 2016/01/29(金) 08:15:13|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5190:短歌938


滝の上の三船の山にゐる雲の常にあらむと我が思はなくに


弓削皇子




BGM NOW
坂本龍一/The Seed And The Sower(Orchestra)[★★★★]
  1. 2016/01/28(木) 22:30:18|
  2. 短歌(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5189:JR北海道のグランクラス

 のサービス内容が発表されたそーです。
 シート自体は,たぶん他のとほぼ同じ。相変わらず航空機っぽいなあ。まあ,豪華列車じゃないんだから,しょうがないか(苦笑)
 記事には出てないけど,区間営業の「はやぶさ」と「やまびこ」ではアテンダントの車内サービスなしとなる予定(その分,料金は安くなります)。


朝日新聞記事



 ところで,毎度思うことなんですが,どうしてアテンダントは女性ばかりなんでしょーか?(真面目な話)



BGM NOW
이상은(Lee-tzsche)/Winter Song[★★★★]
  1. 2016/01/28(木) 10:29:44|
  2. 雑事:鉄分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5188:1月予算購入書籍

 今月は2冊だけ。ただし,専門書が一つあるので,金額的には・・・;;;


ハンザ「同盟」の歴史 中世ヨーロッパの都市と商業 高橋 理著(創元社) ¥2.376

院政期の内裏・大内裏と院御所 高橋 昌明編(文理閣) ¥6,480



 白河〜後白河院の頃に平安京の南にあった鳥羽殿(離宮)は,幾つかの御所と寺院,貴族たちの別邸や庭園だけでなく,交通・経済の要所として一大都市となっていたという話ですが,往時はさぞ盛観だったんでしょうねえ。



  1. 2016/01/28(木) 09:09:04|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5187:俳句1164


雪降りし日も幾度よ青木の実


中村汀女




  1. 2016/01/27(水) 21:42:02|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5186:後期思春期のかほり(笑)

 小用がありまして,お昼前にバスに乗って隣の町まで。
 一昨日の霰が観測されたという大寒波も緩んで,空気はまだ冷たいものの,時々お日様も覗くとほのかに温かく。お散歩するにはいい感じ。
 小一時間で用事を終えて,帰りのバスが・・・なぜか満員状態。平日昼過ぎなんて,一番客の乗らない時間なのに。
 ステップに足をかけて疑問氷解。沿線のどこかの高校がテストかイベントか何かで,早く終わったらしい。年嵩な感じなのを見ると,おそらく三年生only。受験関係かな。
 あまりにもぎっしりなので,ステップぎりぎりのところに立って,停留所ごとに一旦降りては降車客を通す,ということを何回かやってるうちに,やっと前の席が空いて。誰も座らないので,それじゃあよっこらしょと。
 ふう・・・と落ち着いたところで,鼻に押し寄せる若いかほり。暖房がかかっている上に,外から時々照らすお日様のおかげで外からも温められ,更に高校生たちの体温により,発散されたフェロモンがむんむんと。呼吸しているだけで,若返れそう(苦笑)
 ただ,男子たちは後ろの方に多くいて,前には女子が多かったものだから,100%男子フェロモンというわけにはいかなかったのが,残念(笑)
 バス停ごとに降りていく男子たちの残り香を鼻で楽しみ,姿形を目で楽しみ(女子はout of 眼中)。・・・本日もいい一日でございました(いや,まだ終わってないから)


 これで,運転手が気を利かせて,高校生が殆ど降りたところで空調を送風換気に切り替えてフェロモン一掃しなければ,もっと良かったのですが・・・(爆)



  1. 2016/01/27(水) 17:33:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

No.5185:二日酔いを起こさない蒸留酒

 と,ゆーものを猪八戒そっくりな閣下の率いる結構な国が開発したそーです。
 伝えたCNNの記事も,揶揄の気配がありありと(笑)
 閣下,クムダン2は人類を救うワクチンなのに,どーしてノーベル医学生理学賞の候補にならないのでせうね?


CNN Japan記事



 どーでもいいことですが,山上たつひこの「玉鹿市役所ええじゃない課」に出てきた,酔わない酒とゆーのを思い出しちまいましたどすえ。
 酒癖が悪い松坂課長に飲ませたところ,「酔わない酒は空しい」と酔ったふりをしているうちに本当に酔ってしまったというエピソード。タクシーの運転手に「トーショーヘイに会いに行く」と中国まで行けとか,タクシーに向かってお説教するとか。
 ・・・この画期的な蒸留酒も,二日酔いは起こさないけど,間一日を置いて三日酔いになるとか?(爆)



  1. 2016/01/27(水) 09:08:38|
  2. 時事:半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

No.5184:俳句1163


冬満月われの匂ひの中にねむる


寺田京子




  1. 2016/01/26(火) 22:37:58|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5183:安いものには・・・

 ありえないほどたくさんの廃棄食品を横流ししていた某社。
 数年前から,他社にはできない破格の安値で食品の廃棄を受託していたそーで。
 そりゃ,横流ししてぼろ儲けしてたら,いくらでも安くできるわな。



朝日新聞記事



 これに限らず,安過ぎるものには何かのウラがあると考えた方がいい,というより間違いないでしょうな。
 製造過程で手を抜いてるとか,使っちゃいけないものを使ってるとか,使用期限が過ぎてるのをごまかしてるとかの消費者に害をもたらすようなものから,労働力を搾取してるだけの「良心的?」なものまで。
 こういう事件を見ると,「得をしたい」という人間の欲はコワイものだなあ,と人間嫌いで基本性悪説の僕はつくづく思ってしまうのです。



  1. 2016/01/26(火) 09:26:19|
  2. 時事:其他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

No.5182:短歌937


水の涸れた噴水のみを点景に佇てり消滅だけを信じて


光栄堯夫




  1. 2016/01/25(月) 22:41:29|
  2. 短歌(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5181:湯かけ祭り

 群馬県は長野原町の川原湯温泉で,この20日に紅白二組に別れた褌男たちがお湯をかけ合う「湯かけ祭り」が行われたそーです。
 掛け声が「お湯湧いた」→「お祝いだ」って,アンタ・・・(笑)

 零下9℃と寒いとはいえ,みそぎ祭りのような厳しいストイックさはないですな。


朝日新聞記事



 個人的には4枚めの写真が,うまい具合に褌が湯桶に隠れてフルヌードに見えるので,いい眺めだと思いまつ。


 ところで,この祭りも2009年に取り上げてますな。この時は読売新聞。
 もしかして,こういう歳時記事って,各社が回り持ちで何年かごとに記事にしてるのか?(笑)



  1. 2016/01/25(月) 08:22:05|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5180:俳句1162


雪女となり母の魂遊べるや


山田弘子




  1. 2016/01/24(日) 21:48:31|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5179:そりゃ,あの少佐がいるから

 AFP=時事通信によりますと,英国で最もLGBTが働きやすいのは,英情報局保安部,通称MI5だったそーです。
 やっぱり,バンコラン少佐がいるからでせうか・・・って,それはMI6(秘密情報部)か(苦笑)


時事通信記事



 LGBTの人権擁護団体が毎年発表している職場の平等指数で,去年の7位から一気にトップ。
 その理由について,長官は「MI5に多様性は不可欠だ」と述べています。



  1. 2016/01/24(日) 09:24:27|
  2. 時事:少数
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5178:やっと冬だぁ

 22時現在の気温,13℃。
 明日は10℃まで下がるそうで。
 沖縄に来て,やっと冬に出会ったって感じ(笑)

 今,キッチンスペースのシンク上の小窓全開にしてるので,室温は17〜18℃くらいかと。
 ちなみに,部屋には暖房器具はありません。寒さに強いから必要性を感じないし,この温度で暖房とか迂闊につけたら,体が暑いと感じて発汗→蒸散で皮膚温低下→風邪というルートを辿ってしまうのは必定。
 更にちなみに,今の服装は,上は半袖Tシャツ+長袖Tシャツ+長袖シャツの3枚,下は冬用の厚手のスウェット+ソックス。もうちょっと気温が下がったら,裏起毛のセーターを着る予定。


 さて,あったかいココアを飲んだら,買い置きしといたアイスバーでも食べますかね(笑)



  1. 2016/01/23(土) 22:40:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5177:俳句1161


木枯の日には正座をして過ごす


対馬康子




  1. 2016/01/23(土) 22:19:09|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5176:煩悩の象徴だから・・・

 20日に平泉の毛越寺で,二十日夜祭が行われたそーです。
 祭礼の中では,厳寒の中,裸の男たちが巨大松明を持って練り歩き,境内でそれをぶつけ合う火たきのぼりという行事も行われたそーです。


朝日新聞記事



 常行堂に祀られた魔多羅神の祭礼だそーですが・・・魔多羅神って煩悩の象徴で,煩悩即菩提という衆生にとってはありがたい?教えを表わしてるんですよねー。ついでに「多」を抜いたら,男のアレだし(笑)
 というわけで,期待して画像を見たんですが,参加者は厄年・・・若くないし,体もユルめじゃーん! まあ,運ぶ時の持ち方がそれっぽいし,松明をぶつけ合う図も何やらブツのぶつけ合いっぽくて妄想力をそそりますけどっ。
 というか,運ぶだけなら担げばいいのに,わざわざ腹の前で立てて構えるなんて,明らかに屹立したほにゃららを象徴させてますよねー。五穀豊穣も祈られるようだし。

 俺の恐竜は赤い火を吐く♪



  1. 2016/01/23(土) 09:15:32|
  2. 雑事:歳時
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5175:短歌936


冬枯の森のくち葉の霜のうへにおちたる月の影のさやけさ


藤原清輔




  1. 2016/01/22(金) 21:58:28|
  2. 短歌(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5174:末吉宮の足下

 小径を上って,末吉宮拝殿の足下へ戻る。
 石段の下のアーチを左手に見て,山手側の入口へと上ってみる。
 前に来た時は本殿の朱塗りが見えたのだが,今日は茂った緑に隠されてちらりとも見えない。樹々に埋もれた感じ。
 石の上で危うく滑りそうになりながら,戻って宮の足下を廻る小径を辿ると,ぱっくり縦に割れた岩。雨水で石灰岩の弱い部分が溶かされてこうなったのか,それとも風化で割れてずれ落ちたのか・・・この宮はこうした自然の岩の雰囲気が,「もの凄さ」を感じさせてくれる。それが気に入っているのだが。


末吉宮



 傾斜はさほどないのに,落葉と湿った泥,転がる石ころの相乗効果で歩きにくい路面。晴れた日でも,緑に覆われて陽があまり当たらないから,完全に乾くことはないんだろう。
 もう少し行くと,根ごとべりっと剥がれて倒れた木。様子から察するに上から落ちたんじゃなく,左の岩壁に張り付いていたのが風のせいか,それとも自重に耐え切れずこうなったのか。亜熱帯の植物は,面白い生え方をする。


末吉宮
Google Map末吉公園






  1. 2016/01/22(金) 13:08:50|
  2. 旅情:沖縄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5173:独立の象徴の巨大スッポン

 ヴェトナムの首都ハノイ中心部にあるホァンキェム(Hoàn Kiếm:還剣)湖に棲む巨大スッポン(体重約200kg)が死んでいるのが見つかったそーです。

 ヴェトナムは,陳朝末期に帝位纂奪の内紛に乗じられて,明の永楽帝の時に中国から侵攻され,しばらく支配されていました。それからの独立を果たした後黎朝の初代・太祖レロイ(Lế Lợi:黎利)に護国の剣を授けた伝説の亀,独立の象徴として親しまれてきた存在。・・・勿論,この死んだ亀さんがその本人(?)というわけではなく,何代目かの子孫ですが(1968年に死んだその一人?の剥製が湖上の島の祠に保管されてます)。
 ちなみに,湖の名ホァンキェム(還剣)は,無事に独立を果たし新たな王朝を開くことに成功したレロイが,授かった剣を投げ込んで返還したことに因んでいるとか。

 折しも,次の5年間の政治の方向と新指導部3人(共産党書記長,国家主席,首相)を決める共産党大会の真っ最中でもあり,何か不吉な前触れではないかという声もあるそうで・・・



時事通信記事




  1. 2016/01/22(金) 09:13:26|
  2. 越南:雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5172:俳句1160


卓の布替へてあかるき寒暮光


西岡千鶴子




  1. 2016/01/21(木) 22:13:54|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5171:喜びの顔

 先日の中華民国総統&立法院議員選挙で,野党民主進歩党が勝利したわけですが。
 そのことを分析したロイター通信の記事の画像。
 民主進歩党支持者の集会で,跳び上がって勝利を喜ぶ青年が,いい顔してます。
 政治関係で,日本の若者がこんな顔を見せることって,殆ど,いや100%ないでしょうね。

 で。
 そんな辛口なことを思いながら,オキャマのBORDERな心はこうも思っちゃうワケですよ。
 「喜びの顔だけじゃなくって,悦びの顔も見てみたいのォ♪」(←轢殺)
 二の腕も逞しくておいしそーだし・・・う〜ん寝てみたい(古)(←凌遅)


中華民国立法院選挙
ロイター通信記事:画像もそちらから





  1. 2016/01/21(木) 08:32:03|
  2. 男達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5170:俳句1159


寒き夜の畳におきし時計かな


徳川夢声




  1. 2016/01/20(水) 22:30:20|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5169:末吉宮のまわり

 えっちらおっちらと磴道をを上ると,やっと末吉宮が見えてきた。
 左手にある小さな絵馬掛けには,真新しい願い事の絵馬や白い和紙の御神籤がびっしり。皆さん,新年のお詣りに来られたようで。ちらりと一つを見やると,「高校合格」祈願・・・無事に受かるといいね。
 反対側の小さな社務所に灯りが。新年だからなのか,それともたまたま今日がその日だったのか,兼轄している波上宮から神官が詰めているわけだ。
 前を通る時に,軽く会釈して「お訪ねしますよ」の挨拶。
 拝殿の前に上ると,今日は神官が詰めているためか,扉が開いてる。もっとも,通常の参拝は高い石段の下で,ということになっているらしい。

 一礼して,そこにおわす神々に敬意を表しておいて。拝殿の下に降りる。
 左に行けば,すぐに石段をくぐる石のアーチに出るところ,今回はそのまま茂みに続く小径を辿ってみる。
 しばらく行ったところに現われたのは,石灰岩の断崖。前面が少し開けているので明るいけれど,上から樹の根が絡み合って下りてきている姿が異様。何やら水が少しずつ浸み出しているような・・・見ると「子の御方水」と刻まれた碑があって,水神の拝所。


末吉宮の近くの拝所



 ここで小径は二手に。「子の御方水」の前を通って更に先に向かうのと,下方へ行くのと。
 先に進むと,どんどん行ってしまって収拾がつかなくなりそうなので,ちょっとだけ下へ降りてみる。
 10mも下ると,また巨岩。足下の地面が抉れて,オーバーハングになっている。羊歯がそこから頑張って生えて逆さまに葉を広げているのも,また異様。何かありそうな雰囲気だが,特に拝所らしいもの(香炉とか)は見当たらず。ただ,根元近くの小岩の向こう側に真新しいカップ酒のガラス瓶があったので,やはり誰かが拝んでいるのかもしれない。ただの酔っ払いがここまでくるわけはないので。
 オーバーハングの向こう側にも踏み分け道っぽく見える空間があったが,進むのはやめておく。


末吉宮近くの拝所

末吉宮近くの拝所
Google Map末吉公園




BGM NOW
聖飢魔II/嵐の予感 [Live][★★★★]
  1. 2016/01/20(水) 09:39:58|
  2. 旅情:沖縄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5168:短歌935


ふりつもる上葉の雪の夕ごりに凍りてかかる松の下露


九条行家




  1. 2016/01/19(火) 21:41:24|
  2. 短歌(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5167:今日のmaru CAFE

 12時半を過ぎて行ったら,お店の駐車場は殆ど一杯・・・一抹の不安を感じながらドアを開けると。
 座敷もほぼ埋まり,椅子席も小グループ×2,おばさまグループ×1で,こりゃ正面カウンターかなぁと思ったら,お二人様用の小さなテーブルが空いてた!
  俺の背後に立つんじゃない 無防備に背中をさらすのがイヤなのと,何より座高が低いおかげでカウンターだとテーブルと顔が近くなって食べにくいという現実的な理由から,マスターにお断りしてそっちへ。

 メインは白身魚のクリーム煮・・・って,これ前回も頼んでたね;;;
 今日のサイドメニューは,島豆腐,ポテト,ゴーヤースライス,テビチ,車麩,お豆。
 テビチは,先客がお鍋を掻き回してくれていたおかげで,完形を保っていたものはなかった(それほど柔らかいのです)代わりに,骨と肉とがほぐれていて,骨の殆ど入らない効率的な取り方ができたぞ。骨を気にすることもなく食べるのがとっても楽でした(笑)
 食後は,名物アップルパイを二つとホットティー。

 隣のおばさまグループが席を立ったかと思うと,また次のグループが。
 新年から商売繁盛でよかです♪


maru CAFE

maru CAFE
Google Mapmaru CAFE日記




  1. 2016/01/19(火) 14:16:59|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5166:さすが,斬新でつね

 「わしゃ,水爆ドカンとやったんじゃ,エラいんじゃ」と自己主張に邁進しているどこかの国が,南の国と仲良く対抗宣伝戦をやってますが。
 ソウル北の坡州で,大量の宣伝ビラが束で落下して車が壊れているのが見つかったそーです。

 ・・・なるほど,宣伝と見せかけて財産に被害を及ぼすという地道な作戦でつか?
 これなら,旧日本軍が(資源が足りずに)陶器を使って作ったという風船爆弾ほどにも金がかからないし,さすが慧敏なる閣下の御指導の賜物でつね。


 ・・・んなわけあるかい(笑)



産經新聞記事




  1. 2016/01/19(火) 09:24:30|
  2. 時事:半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.5165:俳句1158


大釜に湯のたぎりをり雪起し


鎌田容克




  1. 2016/01/18(月) 22:44:36|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
iPad miniは2017.06.08に退役,
以後はiPad mini4(Gold)に。
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2017.Nov.18~)

honto
イスラムと近代化 共和国トルコの苦闘

ISBN :978-4-06-258544-6
新井 政美編著
講談社選書メチエ(1,728円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先