The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 1999年に沖縄移住したゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,年下彼氏とのノロケ,過去旅話。

No.4594:久高島,リベンジしたのにこの仕打ち(3)

 出航10分前。
 吹きつける雨風の中,桟橋の高速船は軽く上下に揺れている。これで沖に出てフルスロットルにしたら,どーなるんだろう・・・(←実は揺れる船には弱い(+_+;))
 ベンチで喋ってるうちに,観光客の皆様方&地元の方々がいつの間にやら乗り込んでいて,外から見る船室はそれなりに席が埋まってる。
 「じゃ,ここにしよっ♪」
 「あ,ここはやめといた方がいいよ,潮がかかるから」
 デッキ,とは言っても周囲は透明シートで覆われてるし,設置されたベンチに座ってる人たちもいるから大丈夫だろ,と思ったんだけど・・・よく見ると,慣れてる島人っぽい人たちばかり。
 船員さんの忠告に素直に従って,船室へ。・・・ちょっとー,クーラー効き過ぎなんすけど〜{{×_×;}}
 3人掛け2列に並んだ席,前の方にまだ空いてるところがあったので,仲良く二人でおっちん(/^-^(^ ^*)/

 「着いたら,どーするー?」
 「うーん・・・この天気じゃ,自転車借りるわけにもいかないしね」
 「適当に,歩いてみますか(^▽^)」
 「そーしましょ(^o^)」
 出ました,いつもの行き当たりばったり! 難しく言うと「高度の柔軟性を維持しつつ,臨機応変に対応する(フォーク准将談)」ということでァ'`,、(´▽` )'`,、
 そうこうしているうちに,エンジンがかかり高速船はゆっくり桟橋を離れ・・・うっひゃ〜! 防波堤出た途端に加速! ぐぃーん・・・ばっしゃ〜んっ・・・ぐぃーん・・・ばっしゃ〜ん!
 一抹の不安は的中。沖はやっぱり波というより浪が高くて,それを突っ切って走る船は,上下に揺れること揺れること。
 『うぅ・・・このGのかかり方は・・・』
 三半規管が「やめてやめて」と抗議してるような気が。けど,か〜つに心配かけられないし,平気な風を装って,お喋りで気を紛らわす。

 どばしゃ〜んっ!
 窓ガラスに盛大に波がぶつかってますっ!
 「船室に入って正解だったねぇ〜(^^ゞ」
 「あそこだと,もっと揺れてただろうねえ・・・(×_×;)」
 『下手したら吐いてたかも』とは,心の中の声。普通の揺れはどーってことないんだけど,上下左右に不規則に揺さぶられると,キツいなぁ。
 そんな苦行(大袈裟)も10分の辛抱。白い波飛沫の向こうに,島影が。間もなくエンジンの出力が低下,揺れもそれなりに治まってきて。
 波で風化した独特の形を見せる石灰岩の崖をかすめて,徳仁港到着。

 「ありがとうございました〜」
 乗降口にいた船員さんに挨拶するか〜つ。この人のこういう礼儀正しいとこ,好きだわ(←はい,ここノロケですよ〜)
 ・・・あー,降りてもまだなんか揺れてる気がする(^^ゞ
 地元の人たちはさっさと坂を登っていき。観光客の皆様も,カッパを羽織って歩き出す。
 「じゃ,行きますか」
 「あい∠( ̄∧ ̄)」
 幸い,風も雨も弱くなってる。傘でも歩けそうだな。
 「・・・くしょんっ!」
 「大丈夫と〜?」
 「クーラー冷え過ぎだったから・・・でも,だいじょーぶ!」
 坂を登りきったところにはちょっとした広場。右手に「いらっしゃいませ」と書かれた平屋の待合所。ここで島の情報を・・・と思ったら,「ただいま出ております」の札。
 「ん〜。とりあえず,こっちに行こう!」
 安座真でもらった案内マップと照らし合わせて,行く道決定。まずは外間殿あたりを目指しましょ。

 てくてくてく。
 集落の中,小雨の下,傘を差して,おでぶさんとスキンヘッドの異色な組み合わせの男二人が並んで歩く。
 人目がなかったら手をつないでいたのは必定(●^o^●)
 きちんと舗装されているので,水溜まりもなく,足元の心配は全然いらないね。
 小中学校を過ぎ,分かれ道。
 「「右に行ってみよ」」
 ・・・二人,同じこと考えて,同時に言ってるし〜。
 てくてくてく。
 「あ,外間殿だって」
 ほー。ここがアマミキョ様をはじめとした神様たちの祭祀を行うところですか。何か感じるところがあるかと思ったのだけど,どうやらこのトポスと僕の今の精神状態とは微妙に波長がずれているようで・・・斎場御嶽とか末吉宮裏の拝所などでは,ほのかに感じるものがあったのになあ。



Google Map
これは,去年の5月5日のお話ですm(_ _)m




BGM NOW
Prokofiev/Piano Concerto No.3 in C, Op.26 1. Andante - Allegro
(John Browning(Pf), Erich Leinsdorf/Boston Symphony Orchestra)[★★★★★]
スポンサーサイト
  1. 2015/04/12(日) 21:05:34|
  2. 旅情:沖縄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<短歌841 | ホーム | 俳句993>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itzamnaj.blog56.fc2.com/tb.php/4594-1fd89192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
iPad miniは2017.06.08に退役,
以後はiPad mini4(Gold)に。
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2017.Aug.06~)

honto
ロシア中世都市の政治世界 都市国家ノヴゴロドの群像

ISBN :4-88202-738-0
松木 栄三著
彩流社(4,104円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先