The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 1999年に沖縄移住したゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,年下彼氏とのノロケ,過去旅話。

No.5867:眺めるのが好きィッ

 いつもお邪魔してる謙介さんのブログで,「地図が好き」というエントリを書かれていたので,便乗(笑)

 けっこう車に乗られている謙介さんは「カーナビに一々行く道路を指示されるの嫌なんです。」
 これ,わかります〜。小さな親切大きなお世話って感じで,ワタシも相方のか〜つも好きじゃありません。
 こと,ワタシに関しては,へそ曲がりというか他人と同じことを操られたようにするのはイヤというβ型的性格のせいもあって,金輪際使ってやらんぞ,と思ってます。というか,「機械の分際で人間様に何指示しとんじゃー」的な?(笑)。
 か〜つは,県外のまったく勝手を知らない,勘の働かない場所なら,最低限使ってもいいかなくらいには思ってるらしいけど。

 なので,二人でドライブデートする時もナビは使いません(ってか,借りるおにーさまの車にナビは最初から付いてないし!)。
 初めて行く場所でも,事前にスマートフォンの地図アプリで大体の道筋を掴んでおき,近くなったらGPS機能で位置をリアルタイムに表示させて,僕がそれを見ながらこの道がいいかな,それともあっちかな,と二人して相談しながら進みます。
 これがけっこう楽しいんですよ。今年の春だったかにAEON MALLライカムに行った時も,帰りにおかしな方向に出てしまって。結局,ぐるっと遠回りをして最寄りの大きな道路に出たんですけどね。その間も,ねえねえこっちかな? なんか違うっぽくない? ま,行ってみよー,と地図アプリすら使わずに試行錯誤しつつ,景色とその試行錯誤自体を面白がってました。
 いつだったか,南部の豊見城方向から那覇の小禄にあるとあるケーキ屋に行こうとして,近道のつもりでか〜つが車を入れたところが住宅地。しかも複雑怪奇な道になっていて,さまよった挙句に振り出しに戻っちゃった時も,ケラケラ笑ってましたもん。
 目的地と同じくらいに,そこへ行く経過も楽しめるという点で,二人共通してます。

 ただ,こういう行動には副作用?もありまして。
 まだスマートフォンなど普及していなかった時代(って,たかだか10年ちょっと前?)のこと。夜中にあてもなくふらふらとドライブデートしてた時,とあるところを目指そうとして,地図も見ずに走ってたら,「たぶん,ここを右折!」とか〜つがハンドルを切ったすぐ目の前に米軍基地のゲートがあって,慌ててUターンしたことがありましたっけ。
 テロリストの突入と間違われなくて,良かった・・・行動は,自己責任で(爆笑)

 ところで,か〜つはどうかわかりませんが,謙介さんと同じくワタシも地図を眺めるのは大好きです。
 広島に住んでた頃,たまに大きな書店の地図コーナーで国土地理院の発行してる5万分の1地形図を買ってきて,床に広げてとっくり眺めて楽しんでました。
 等高線とか川の流れの表示から地形を頭の中に想像して,そこにどういう風に道や鉄路が走っているのか確かめたり,地図記号から景色を想像したり。あれ?どうしてこうなってるのかな?と考えてみるのも面白いんですね。
 今でも,何かの必要があってググールマップを開いたら,目的地からどんどん逸れていって,「あれ,今どこを見てるんだろ?」ってなることが多いです。残念ながら,ググールマップでは等高線など入ってないから地形をしっかり想像することは難しいけど,その代わりに想像した後で航空写真モードに切り替えて答え合わせ(?)をする楽しみは,ありますね。

 バイクに乗ってた頃も,目的地を決めたらどのルートで行けば眺めが良さそうか,走りやすそうか,はたまた早く着けそうかと,目的に合わせて地図と相談してました。
 実際に走ってみたら,案外つまらなかったり,とんでもない道だったり,美しい風景が眺められたり,渋滞だらけだったりと想定と違ってることがあるのも,また楽しい。人生,意外なことがある方が,刺激があっていいじゃないですか(笑)
 そうそう,阿蘇山で,地元の人しか通らないような狭い農道もどきを走ってて,有料道路にゲートを迂回して入れちゃったこともありましたねえ。地図上では繋がってなかったんですが,どうやら放牧とかの作業の為に,何ヶ所か短絡して入れるようにしてあるらしいです。・・・どの地点かなんて,聞くんじゃありませんよ?

 今度,どこかの地形図買ってきて,また地図眺めを楽しんでみようかな。たぶん,いつもと違う脳味噌の部分を使うから,脳の老化防止にもなる筈・・・って,ほら実用的じゃーん(笑)



スポンサーサイト
  1. 2016/12/07(水) 13:27:46|
  2. 雑事:雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<短歌1047 | ホーム | 個人会員募集ってか?>>

コメント

 いや、ホント 地図を見て、自分の頭で考えて、歩く、道路を車で走る、というのは、ボケ防止になるのでは、と思っています。右イケーの、300メートル先を左にイケーのでは、言うがまま、なわけで、頭を使う、なんてことはしないでしょうし。
 前に京都の丹後地方に行った時だったんですが、、。地図上はずっと3ケタ国道が続いている、ことになっているのですが、どんどん道が細くなって、最後は、なんだか個人の家の庭みたいになっているところに出てしまったことがありました。そこでたまたま洗濯物を干していたおばあさんに「ここは国道なんですか? 」と訊いたら、「そうです」とのお返事で。 まぁ3ケタ国道になると、すごいところがあるぞ、とオヤジからは聞いてはいたのですが、どう見たってよその家の庭みたいな場所の横にほそーい道があって、それが国道なんて、、、あれからもう30何年経ったので、多少の整備はされた、と思うんですけど、、。
 蘇州にいたとき、上海の地図を見たら、租界が多かった関係でしょうね。道が突然ぶちっと切れて行き止まりの箇所がいくつもありました。実際に行ってみて、わぁ切れてる、とか。地図をあっちこっち眺める、っておもしろいですね。 
  1. 2016/12/08(木) 12:26:42 |
  2. URL |
  3. 謙介 #IUDLvDjM
  4. [ 編集]

>謙介さん

 ああ,そうですね,確かに地図から考えて行動するのは,脳の色んなところを使いますから,ボケ防止にはなりそうです。ヨシ,これからも地図を愛好しよう(微笑)

 3桁国道,特に400番以降のものには,油断するととんでもないのがありますね。バイクで走り回ってた時に痛感しました(笑)
 阿蘇から椎葉経由で小林に抜ける265号も,峠部分は,絶壁,落石,離合困難となかなか凄いものがありました。
 謙介さんがお住いの四国では,439(ヨサク)号が酷道として有名ですね(微笑)
 大体,そういう国道(部分)は元々林道とかとして整備されたものを,国道に昇格させたのが多いようで。
  1. 2016/12/09(金) 10:47:03 |
  2. URL |
  3. Ikuno Hiroshi #DXknpAqk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itzamnaj.blog56.fc2.com/tb.php/5867-12639bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
iPad miniは2017.06.08に退役,
以後はiPad mini4(Gold)に。
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2017.Aug.06~)

honto
ロシア中世都市の政治世界 都市国家ノヴゴロドの群像

ISBN :4-88202-738-0
松木 栄三著
彩流社(4,104円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先