The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 沖縄移住17年のゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,ノロケ,過去旅話。

No.5894:古都フエ(Huế)散策4

 次はトゥドゥック(嗣徳)帝陵(Lăn Thự Đức)だと,走りながらAnさんが教えてくれた。チャンティエン橋(Cầu Trường Tiền)を渡って新市街のレロイ(Lê Lội)通りを西へ。
 フエ駅の手前でディエンビエンフー(Điện Biên Phủ 奠邊府)通りに入って南下。ヴェトナム人好みのパステルカラーに塗った家の壁。幾つかの角を曲がった頃,見覚えのある塀が左側に現われた。帝陵を守る塀だ。
 まもなく入口に着いた。前の道に生えた木陰には,パラソルを差し掛けた休憩所兼飲み物販売が幾つも店開きしている。大抵は女性だが,僕らを見て低い椅子から立ち上がって「こっちこっち」と差し招く・・・が,職業バイクガイドのAnさんには行きつけ(というより客を連れてお金を落としてもらう提携先)というものがあるわけで。
 その中の一つに近づいていくと,「来た来た」とにこにこ顔の中年婦人。人が良さそうな笑顔だ。Anさんは気安く挨拶しながら,そこの木陰にバイクを入れた。

 愛想よく手を振る婦人に送られて,中へ。
 古びた磚(煉瓦)積みのアーチ門をくぐると,庭園が目の前に広がる。昨夜の雨の名残でしっとりとした空気。まだ雫を含んだ緑。
 佇まいは,前に訪れた時と何も変わっていない。落ち着いた池庭も中の建物も。皆,薄い朝靄の中で静かに佇んでいる。風もなく,翡翠色の池の水面も,さざ波一つ見えない。
 元々この帝陵は,トゥドゥック帝の生前には離宮「謙宮(Khiêm Cung)」として造営されたものだという。帝は好んでここに滞在したそうだ。文人だった帝の気質からすると,人工物の多い大内よりもこちらの方が好みに合ったのだろう。そして,帝は崩御後に敷地内に造営された墓所に埋葬され,ここは謙陵と改名された。なので,他の帝陵とは違って,中島を築いた庭園風の池やそれに面した船着場,釣殿風に水面に迫り出した建物などが敷地内に存在するわけだ。
 愈謙榭=池に臨んだ舟着場風の建物=の前には子供たちの集団。小学校の見学らしい。引率の先生たちが愈謙榭に降りる階段に皆並ばせたところで,僕らに「シャッターを押して」と声がかかる。明らかに外国人観光客とわかるのに,それでも気にせず頼むところがおおらかで良い。
 お安い御用とカメラを受け取り,アングルを決めるために僕は後ずさる。
 「Be careful!!」
 愈謙榭の欄干の切れ目から池に落ちるんじゃないかと心配したAnさんが叫ぶ。その辺は注意深いから大丈夫だよ。片足を池の上に泳がせて,何とかアングル決定。よし。
 「Một, hai, ba!(1, 2, 3!)」......カシャッ。
 カメラを受け取って,若い女性教師たちは笑顔で挨拶しながら,帝の奥津城の方へと子供たちを追い立てて行った。

 愈謙榭に正対する階段。その上にはこの陵,というよりは離宮の主要な建物がある。
 階段の上の二層門をくぐると,石敷きの方形の庭とその正面には,大内と同じく橙色の瓦を葺いた重檐(軒を二重にした格の高い様式)横長の建物,メインとなる和謙殿だ。帝滞在中には,大内と同じようにここで儀礼が行われたのかもしれない。
 前回は碑文解読に気をとられてしまっていたので注意して見ていなかったが,ここには帝の使用した遺品などが展示されている。インテリアとして飾られた金樹玉果の鉢植え,御製の詩を書き込んだ漆絵の額,フランスから贈られた置時計,靴。
 「He was very short, so his shoes were small.」
 確かに,女物かと思うくらい小さい。前庭に立ち並ぶ文武官の石像の背丈が低いのも,帝が病弱で背が低かったのでそれに合わせたためということらしい。


トゥドゥック帝陵見取図
 1が入口の門,4が愈謙榭,7が和謙殿。

トゥドゥック帝陵池庭
門を入ったところから

トゥドゥック帝陵愈謙榭
愈謙榭

トゥドゥック帝陵池面
愈謙榭から身を乗り出して撮った池面
Google Map, Vietnam(1998.03)




スポンサーサイト
  1. 2016/12/19(月) 12:00:13|
  2. フエ(越南)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<俳句1142 | ホーム | ・・・終わってしもうた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itzamnaj.blog56.fc2.com/tb.php/5894-6ea95f46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
そして,満を持してiPad mini!
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2017.Apr.21~)

honto
江戸城−本丸御殿と幕府政治

ISBN :978-4-12-101945-5
深井 雅海著
中公新書(821円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先