The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 沖縄移住17年のゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,ノロケ,過去旅話。

No.5997:古都フエ(Huế)散策6

 トゥドゥック(Thự Đức,嗣徳)帝の奥津城を出て,脇から裏手へ。池に流れ込む渓流もどきを石の堰で渡った所に,もう一つの奥津城があった。ここは前回には来ていない。帝のものを二回り以上小さくしたような広さだ。
 Anさんは,皇后の墓所だ,と説明してくれた。確かに,入口から内部が直接見えないように造られた排障のモザイクも龍ではなく鳳凰(中華文化圏では基本的に龍は男性,鳳凰は女性を表わすことが多い)だから,その場はそうかと納得したのだが,後でチケットの地図を確認すると「Kien Phuc's Tomb」(Kiến Phúc,建福帝廟)になっていた。
 主の詮索はともかくとして,メインの離宮施設などとは離れていて,あまり観光客も来ないせいか,ここは少々荒れ気味だった。塀が見事に壊れていたり,草むしていたり。さすがにこのあたりまでは修復の手が及びかねているらしかった。ただ,陶磁器の破片を使ったモザイクは,さすがに美しかった。
 荒れた石段や床面にプルメリアの白い花が一面に散っている。Anさんが一つ拾い上げて僕の鼻先に。ぷーんと甘い匂いが漂った。

 今,資料に当たってみたところ,やはりAnさんが正しかった。儷天英皇后の謙壽陵。


 道に戻ると,どこから現われたのか,ジュース売りの女の子たちが声をかける。Anさんは,彼女たちからは買わないように,と僕に小声で注意する。・・・バイクを置いた所の物売りの女性から買ってもらいたいからだろう。
 そこから先に進むと,これまたミニチュアな帝廟風の一郭。先程の皇后の墓所以上に荒れた雰囲気がある。周囲は樹々も茂っていて,裏山と一体化した感がある。苔むした石段の上は・・・封鎖されているようだ。
 Anさん曰く「Tomb of Tu Duc's Prince」だそうだが,病弱な帝には皇子はいなかった筈で,後継者は弟や甥だったのだが・・・。チケットの地図も「Chap Khiem Temple」とあるだけで,頼りない。中を見れば手がかりがあるかも,と思ったが,残念ながら修復工事中。トヨタ財団の援助だとか。

 資料によると,こちらがキェンフック帝(1869〜1884年)の廟だった。帝は,実子のないトゥドゥック帝の甥で養子となり,帝の崩御後,1年足らずの間に廃位,毒殺された二人の皇帝を挟んで15歳で即位。半年後に帝も権臣により毒殺された。養子になっているから,Anさんの表現は間違いではない。当時は,フランスの植民地化の圧力が相当強くなっていたこともあり,独立の陵を造らず,養父トゥドゥック帝の陵域内に陪葬されたらしい。



 庭園の草地にはプルメリアの花に混じって,動物の糞も転がっている。近くの山から鹿が出て来るからとAnさんは言っていた。
 そして池に面した釣殿「沖謙榭」の背後に出た。池を挟んで向かいには,あの愈謙榭が見える。ぐるりと一周したことになる。
 橙色の瓦葺寄棟の母屋内部は,何もない空間。今は剥げかけたり褪せたりしているが,黒漆塗りで仕上げたらしい欄間や建具の装飾は,さすがに見事。ここは帝の遊興空間だったようだ。
 池岸ぎりぎりに建てられた母屋に接続して,一段低くした屋根付きベランダ空間が池の上に迫り出す。柱と欄干だけの,吹き抜け空間。欄干の2ヶ所が切り欠かれて,木の階段が池に降りるようになっている。中部ヴェトナムの酷暑の時季,帝はここで涼みながら詩を吟じたりしていたのだろうか・・・
 そんなことを思いながら風に吹かれていると,さっきの小学生たちがやってきた。わいわいきゃあきゃあと楽しそうだ。先生たちも僕らに気づいて,にっこり。
 思いついて母屋のの入口側,舞良戸風の扉が形よく開かれている庇の廊下を撮ろうとカメラを構えた・・・ら,子供たちがひょいひょいあちこちから顔を覗かせる。鬼ごっこのようなもぐら叩きのような遊び。仕方がないなあ,と遊び終わるのを待っていたら,気づいたリーダー格の子が仲間を制して引っ込ませてくれた。Cám ơn!(感恩,ありがとう)

 池にはぽつりぽつりと蓮の花が開いている。風は向こう側のプルメリアの甘い匂いを運んでくる。夕闇の迫る中,水上に雅楽団を乗せた舟でも浮かべて,ここで楽を楽しみながら酒を嗜んだら最高だろうなあ・・・。


嗣徳定陵マップ
19が儷天英皇后謙壽陵,24が建福帝陪陵,5が沖謙榭。

儷天英皇后謙壽陵
儷天英皇后の謙壽陵

儷天英皇后の謙壽陵のモザイク
謙壽陵陵の排障モザイクは2羽の鳳凰。陶磁器やガラスを砕いた欠片を使っている。

建福帝陪陵
建福帝陪陵。現在は修復完了して,見学可能。

沖謙榭
沖謙榭の外観(前出)

沖謙榭
沖謙榭の庇部分
Google Map, Vietnam(1998.03)




スポンサーサイト
  1. 2017/01/30(月) 10:24:34|
  2. フエ(越南)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<俳句1169 | ホーム | おとわちゃん(のママとパパ 笑)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itzamnaj.blog56.fc2.com/tb.php/5997-cfbe355d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
そして,満を持してiPad mini!
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2017.Apr.21~)

honto
江戸城−本丸御殿と幕府政治

ISBN :978-4-12-101945-5
深井 雅海著
中公新書(821円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先