The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 1999年に沖縄移住したゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,年下彼氏とのノロケ,過去旅話。

No.6268:巡り合わせの良かった3年ぶりのバストリップ(11)

 休憩スペースの反対側には,大きなディスプレイにうるま市の宣伝画像が。
 うるま各地の風景,農産物,闘牛(人対牛ではなく牛同士),エイサー・・・見るとはなしに眺めながら,お喋りに花が咲くのです。魔女会議にはなってませんからねッ,念のため(笑)

 ふと外の駐車場に目をやると,いつの間にか車が増えてますな〜。
 ここに入った時はうちら二人だけだったのに,城見物を終えた観光客たちが三々五々入ってきては,ちょっとした土産物や飲食物を買って出て行く。時々日本語以外も聞こえてきたりして。
 ・・・そして,たまに東江ツルおばぁに驚く人も(笑) おばぁ,そろそろ色合いが微妙に褪せてきてるから,そろそろお化粧直して(塗り直して)もらった方が,リアルになっていいかもよ?

 「iPhoneは,どんな具合ー?」
 「んーとね・・・やっぱりダメ。ってか,何も反応しないくせにさっきより熱くなってるんですけどーーー?」
 「えーーーーっ?」

 どうやら,バックグラウンドで延々とCPUだか何だかがしゃかりきになって稼働し続けているみたい。コンフリクトでも起こしたのかな。

 「大丈夫???」
 「まぁ,いきなり爆発するようなことはないと思うんで」
 「いやいやいや」

 ものすごく心配顔するか〜つに対して,全然動じてないというか気にしてない僕。常に母艦のiMacにデータはバックアップしてあるし,怪我や火傷さえしなきゃ,いつ火を噴いてもらっても大丈夫でつよ? と他人事のように思ってたり(苦笑)

 んじゃまあ,iPhoneの状態も剣吞ではあるし,バスの時間も近くなったことではあるし,そろそろ動きますか?

 「あ,ちょっと待っててね・・・」

 トイレに消えたか〜つを待つ間,休憩所中に展示されている勝連城関連の遺物・資料などをささっと見ておきましょ。
 重要なものや価値のあるものはさすがに置いてないけど,出土した染付の破片や錆びた多種類の貨幣が,交易で富を蓄えたらしい勝連城の往時を偲ばせてくれる。
 一の曲輪の城門アーチの名残という,巨大な石の彫刻も。こういうのがきちんと残っていれば,さぞ壮観だったろうに,と歴史オタは地団駄を踏んで惜しむのでありました。
 かつての状況を想像で復元したジオラマも。これで見ると,三の曲輪以外は建物が立ち並び(勿論,最大なのは二の曲輪の礎石跡にあった巨大建物),更に四の曲輪も高い曲面城壁で囲い込まれていたんだねえ・・・またもや心の中で地団駄を踏むオタ一名(笑)

 「お待たせ〜」

 出てきたか〜つの声。かかった時間からして「大きい方」だったらしい(笑)。おかげで,じっくり資料類が見られました。
 その時僕が立っていたのは,出土した土器などが展示されている大きな縦長ガラスケースの前。横には,なぜか勝連城周辺の食べ物屋さんの紹介入りの地図。

 「あ〜これ,良さそうだよねえ・・・」
 「わーおいしそう」

 そこに紹介されていたのは,うるま特産(生産日本一だそうな)のもずくをふんだんに使った「うるまもずくチャンプルー丼」。錦糸玉子と青紫蘇の葉,もずくを載せた赤紫色のご飯という彩り豊かな丼をメインに,お刺身や小鉢,もずくのしゃぶしゃぶ・・・と盛り沢山で税込1,000円!
 ご提供は,海中道路の途中にある「あやはし館」と,うるま市の中心部に近い天願の「キャッスルハイランダー」の2店舗。
 もずくといえば,南城市奥武島近くの「くんなとぅ」のもずくそばが有名だけど,こちらはより洗練された御膳になってて,食いしん坊の二人の食指をそそってくれる・・・天願なら,iPhoneを見てもらった後に寄れる? でも時間的にはまだ早いんだよなあ;;;

 「こ,これは・・・」
 「残念だけど,次回,車で来た時ってことで・・・」

 浜比嘉島のワタリガニ天麩羅と合わせて,宿題となりました(笑)

 「あ,これ今回の資料にもらって帰ったら?」

 か〜つが指差したのは,入口近くのカウンターもどきに置かれていた勝連城跡のパンフレットと思しきもの。日本語,英語,ハングル,中国語と揃っております。

 「Hiroshiくんはハングルでも大丈夫だよね〜♪」
 「そりゃ読めるけどさ・・・」

 めんどいから,日本語にしときます(笑)
 さて。お外に出ると,気温が上がったせいか,中城湾から越えてきていた霧も流れなくなり,お天気は薄曇り〜時々薄日。良かった,頭にも日焼け止め塗っといて。
 休憩所を出て・・・えーと,どっち?

 「ハイ,左〜♪」

 一瞬戸惑った,微妙に方向感覚の鈍い僕の手を取って,か〜つが歩き出す。・・・すぐに放したけどね(苦笑)
 軽い坂を登ると,ものすごく広くて立派な三叉路。目の前は与勝中学校の門。事前に見ていたか〜つのAndroidマップで,西原バス停はこの道から右折した方向と把握してたので,てっきりそっちへ行く道の方かと思ったら。

 「・・・Hiroshiくん,そっち違うから;;;」

 この先の与勝交差点で右折,だったそーです。中途半端に地図見てた:::。
 一人だったら,間違いなく入り込んでたな。でも,違う道だったとしても過程を楽しんでしまう人だから,入り込んでもそこはそれなりにEnjoyしたろうけど(ヴェトナム一人旅などで先例が数え切れないほどある 笑)。
 それはともかく。交差点で右折して・・・あれ?すぐそこにあると思ったら,姿が見えないんですけどー?バス停。

 「どゆこと?」
 「まだ先?」

 微妙に不安になりながら進んでいくと,200mくらいのところに発見!
 現在,10時15分。歩いてる間にバスは来なかったから,早発はなかったと思われます。よし。



Google Map




スポンサーサイト
  1. 2017/05/31(水) 00:49:31|
  2. 旅情:沖縄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<俳句1234 | ホーム | 俳句1233>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itzamnaj.blog56.fc2.com/tb.php/6268-dab736ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
iPad miniは2017.06.08に退役,
以後はiPad mini4(Gold)に。
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2017.Oct.19~)

honto
足利義満 公武に君臨した室町将軍

ISBN :978-4-12-102179-3
小川 剛生著
中公新書(972円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先