The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 1999年に沖縄移住したゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,年下彼氏とのノロケ,過去旅話。

No.6603:古都フエ(Huế)散策12

 船着場に戻ると,船頭の青年は岩場に座って,他の舟の船頭たちとお喋りに興じていた。僕らが乗り込み座ったのを確認して,固定していた綱を解くや,ひらりと乗り移ってすかさずエンジンをかける。
 相変わらず音の割にはのんびりと対岸まで戻った。Anさんが料金を僕に告げる。彼の人柄からして,たぶん適正な金額なのだろう。言われたとおりに支払って,渡し守の家の蔭に置いたバイクに跨がる。
 次はどこだろう? そう尋ねた僕に,AnさんはこれからSpecialなところへ案内する,と答えた。これまでに喋った中身や見たいと伝えた場所などから,僕が相当な歴史好きだとわかったらしい。普通のガイドブックにも出てないようなところだろうか?
 「Nam giao.」
 ナムジャオ・・・ナムジャオ・・・頭の中の拙い漢越語発音データベースでは変換できない。まあ,行ってみればわかるだろう,多分。

 Anさんの操るバイクは,見覚えのある道を幾つか通って市街の方へ戻ってゆく。空も次第に明るくなって,また日射しが復活してきた。
 ところどころに小さな間口の店を交えた家並の間を過ぎて,けっこう広めな道とのT字路に着いた。バイクはそこにある松林の中へ。強い日射しを避けて松の枝の蔭に止まった。
 「Here is Nam giao.」
 松林の間,甎を敷きつめた道がまっすぐ続く。その先には何やら壇のようなものが見えた。何だ? 思わず小走りになってそのまま数段の階段を上る。
 そこは固い砂地の丸い壇。外側と内側とで二重になっている。そして何もない。あるのは周囲を囲んだ石の欄干だけ。そう,中国の天壇から建物を取り除いたような姿。勿論,あれよりは規模は小さい,と思う。上から観察すると,二重の円壇は更に二重の方形壇上に載っていた。
 欄干は4ヶ所が切れていて,全てに階段が設けられている。太陽の位置から察するに,東西南北だ。東西南の3ヶ所には排障(視線を遮るような壁状の目隠し)があった。
 階段の甎が傷んでいたりするが,さほど荒れた感じはしない。

 「In Nguyen dynasty, the Emperor came here and prayed.」
 3年に1度象に乗ってここへ行幸,2晩かけて祭礼を行ったそうだ。
 ここでぴーんとひらめいた。Nam giao=南郊だ。中国では,かつて都に南郊と北郊という二つの壇があった(王朝によって制度が違うが)。そして冬至に南郊で天を,夏至に北郊で地を皇帝(または代理者)が祀っていた。
 Anさんは,阮朝の皇帝たちがここで何を祀ったのかまでは知らないらしい。僕の知識とは頻度が合わないが,恐らくそうした中国の皇帝祭祀に倣った,小中華帝国としてのヴェトナム王朝の祀りが行われた場所に違いない。
 これに類した施設が,同じく中国・明の制度を継受した李朝時代の朝鮮にあったろうか? 社禝壇はソウル市内にあったが・・・留学当時はまだ祭祀そのものにはさほど興味がなかったから,注意していなかった。
 「Look!」
 壇から降りて前の通りに出た時,Anさんがまっすぐ指差した。
 「You can see the flag tower.」
 通りの遥か彼方に,遮るものもなく真っ赤なヴェトナム国旗が風に翻っているのが見えた。
 この通りの名前はディエンビエンフー(Điện Biên Phủ 奠邊府)。慌てて「個人旅行」を取り出してフエのマップを開いてみた。確かにこの通りはダイノイ(Đại Nội 大内,王宮地区)のフラッグタワーからフォン河を挟んで,南へ一直線に延びている。この構成には意味がある筈だ。
 もしかして,この線の延長線上,大内の北にはここに対応する北郊の遺跡があるのでは? そう思ってAnさんに「Where is the Bac giao?」と尋ねてみたが,首を横に振られてしまった。存在しないのか,それともAnさんが知らないだけなのか。

 だけど,これは面白かった。久々に知的好奇心が満足したというか,掻き立てられたというか。Anさんみたいに歴史に強いガイドに出会えて良かった。



ヴェトナム,フエ,南郊
一番下の方形壇から。

ヴェトナム,フエ,南郊
一番上の円形壇から南側。先を遮る排障が見える。

ディエンビエンフー通り
ディエンビエンフー通りのまっすぐ先に見える,フラッグタワーのヴェトナム国旗。この向こうに王宮がある。
Google Map, Vietnam(1998.03)



 20年も経った現在では,世界遺産登録もあって,周辺や道路も含めてある程度整備されているらしい。風の噂では,観光イベントとして南郊の祭祀も復活したとか。
 恐らく,雅楽なども演奏されるのだろう。機会があれば観覧したいものだ。



  1. 2017/11/14(火) 08:32:42|
  2. 越南:フエ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6602:短歌1165


日くるればあふ人もなしまさき散る峰の嵐のおとばかりして


源俊頼




  1. 2017/11/13(月) 21:40:25|
  2. 短歌(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6601:さすが,エゲツない(毒)

 大阪の串揚げ店が,一本1万円の特別な串揚げを期間限定で提供し始めた,そーです。
 揚げる素材に金をかけるのはわかるけど・・・


朝日新聞記事:丸ごと伊勢エビ・黒毛和牛… 超豪華串揚げ、1本1万円



 消化されもしない貴重な資源の金を食べ物に散らしたり巻いたりって,さすがオーサカ,考えることがエゲツない。こーゆー感覚,ついてけませーん。ってか,金箔分で金額上乗せしてるんじゃね?
 いっそ,1万円相当の金塊を串揚げにしちゃったら,どーですかね? え?金塊じゃ噛み切れない? じゃ,金箔をミルフィーユ状態にしちゃえばいーじゃない。
 それとも,もっと高価なレアメタルでも散りばめてみる? セシウムとかルビジウムあたり,常温で銀色にとろけてるからソースみたいにかけられるよ(嘲)
 あ,そーだ。お隣の国でトランプに出された『希少で高価な竹島エビ(笑)』を使えばいーんじゃなーい?(爆笑)


 ちなみに,住んでる人には悪いんですけど,オーサカは自分の中では日本で一番行きたくない街です。あの色彩デザイン無法状態な街の姿を画像で目にするだけでも,神経が疲れてしまうので。
 2番目はトーキョー。人間多過ぎで神経疲れる。
 で,3番目以下は,実はない(笑)



  1. 2017/11/13(月) 11:59:43|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

No.6600:俳句1322


野菊あり静かにからだ入れかへる


攝津幸彦




  1. 2017/11/12(日) 21:46:00|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6599:大丈夫かしら・・・

 と心配になるのは,相方のか〜つ。
 通常なら,中学校の秋休みなどで10月に本業の塾に休みが入るところ,今年は学校行事やら中体連などの関係で,塾そのものに休業期間を設けられなかったそうな。
 大抵4〜5日くらいあって,その時に塾長とかは内地の実家に帰ったり,年によっては慰安旅行したりとかしてたのに。
 なので,夏期講習からずるずるずると働き続け。いや,台風の時とか,休みの日はあるにはあったらしいけど。
 その上,夜のMaxValuでのバイトでしょ。40過ぎの人間には,正直きついと思うのよ。30台なら体力回復できると思うけど。

 相当疲れてるみたいで,バイトに行く前にちらっと立ち寄ることも,絶えてなく。電話の声もたまに元気ないことがあるし。
 本業は,期末試験対策〜冬季講習,そしてそのまま受験対策に雪崩れ込んでしまいそうな悪寒。呑気な僕でも心配になるわ・・・



BGM NOW
Boyz II Men/Lonely Heart[★★★★]
  1. 2017/11/12(日) 09:12:16|
  2. 相方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6598:俳句1321


ひとりになるため秋浜を遠く踏む


杉野炭子




  1. 2017/11/10(金) 22:19:43|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6597:大腸内視鏡検査の後

 しょの1。
 腸内をきれいにするための下剤によるトイレ通い。
 数えたら11回行ってた。
 病院のトイレは勿論洗浄便座だけど,備え付けの紙が少し堅めだったせいで,4回目あたりから肛門がヒリヒリしますた・・・orz
 6回目あたりから,洗浄水が当たると・・・ora;;;
 (肉便器になったら,事後はこんな感じなの?)


 しょの2。
 全て終わっておうちに帰ってから,トイレに入ったら。
 なぜか青い液体が出てきました。
 逐一観戦していたモニターには,そんなもん写ってなかったんだけど。
 アレですか? ビデオ映えするようにジェルでヌルヌルぐちょぐちょになってるのを強調するため?
 (ゲイビじゃないからッ)


 しょの3。
 最初の晩餐は,ピ●ーラのデリバリー頼みました。
 Mサイズのキャンペーンクォーターと,生ハムとカマンベールチーズのペンネグラタン&焼きたてアップルパイ。
 久々。んまーーー。
 (・・・喰い過ぎ)



BGM NOW
中村晃子/恋の綱渡り[★★★★]
  1. 2017/11/10(金) 00:43:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6596:短歌1164


虫の音もうらがれまさる浅茅生にかげさへ弱る有明の月


西園寺実氏




  1. 2017/11/09(木) 21:16:07|
  2. 短歌(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6595:で,肝心の結果は

 朝8時前〜15時過ぎまで,ほぼ一日仕事となった胆嚢造影CTスキャンと大腸内視鏡検査。
 診察室で,先生から結果講評。

 大腸の方は,例のポリープ二つだけ。見たところ良性なのでほっといてもいいけど,長い間には癌化する可能性がなきにしもあらずなので,半年ごとに経過観察して折を見て内視鏡下で取っちゃうのもいいですね。
 で,胆嚢の出口の壁の肥厚については,画像からは悪性の所見はない・・・とはいうものの,初期の胆嚢癌との鑑別は難しいので,生検しないと100%の白黒はつけられないんです。
 ただ,胆嚢癌は早期発見が難しい上になかなかタチが悪いので,生検する負担をかけるくらいならいっそ胆嚢ごと取っちゃうというのも,アリですね。幸い,腹腔鏡でなら一泊二日の入院でできますから,体の負担は少ないです。

 って感じ。
 そーかー。
 母上が肺癌だったしなー。
 父方の祖父殿も最後には胃癌ができてたし(高齢だったので進行が遅くて,症状が出る前に天寿を全うしたけど)。
 癌の危険因子は体質的に持ってる可能性はあるんだよなー。

 性格的に,悪性化するかもしれないものを抱えてクヨクヨするくらいなら,いっそ取ってしまってすっきりしちゃえ,な人だし。
 というわけで,今月末にもう一回先生と相談して,今後どーするか決めます。多分,両方取っちゃう方向で。


 ・・・腹腔鏡手術は,局麻じゃなくてやっぱ全麻だよね? モニター観戦したいんだけど,ダメかな?(ダメに決まってるだろ!)



  1. 2017/11/09(木) 18:00:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6594:やれやれ,やっと終わった

 胆嚢のCTスキャンと大腸内視鏡検査,無事終了しますた。
 CTはともかく,大腸内視鏡の下準備にあんなに時間かかるとは思わなんだ・・・orz

 8時前に受付け済ませて。CTスキャンは一番乗りぃ♪
 渡された検査着に着替えて,かわいい感じの女性看護師に導かれるまま,CT室へ。
 お迎え下さった(笑)CTスキャン機は,GE製。丸い輪っか状態の本体に入るようになっているベッドに仰向けになって。
 まずは,血圧測定。・・・受付けの時に計った数値より,最高最低共に10ほど上がってるのは,見知らぬ検査に対するドキドキのせいか,それとも好奇心でワクワクしてるせいか,判別に苦しむところであります(笑)
 次いで,調整?位置決め?のために,一往復してから,本番。

 造影剤を点滴で入れる針が,右腕にぶすっと。冷え防止のために首周りに置いてくれたバスタオルのせいで,刺さる瞬間が見えなかった・・・ので,痛く感じたです。凝視してると,そっちに神経集中するから,痛みの感覚も鈍るのよね。これ経験則。
 「造影剤が入ってくと,あったかく感じると思いますけど,異常じゃありませんからね〜。ハイ,入れま〜す」
 ・・・あ,ホントだ。手から舌の裏あたりがあったかい。
 「気分が悪いとかあったら,すぐに言って下さいね〜」
 んでは,撮影開始。ん〜〜〜〜イイ顔してるね〜いいよいいよ,その笑顔キープね〜〜〜・・・ってチガウ!!!
 ベッドが移動してお腹が入ったあたりで,輪っかの中身が高速回転開始。ナニ,この勢い? 音こそ聞こえないけど,ギュイーンって感じ。
 「イキヲオオキクスッテ,トメテクダサイ」
 機械音声の仰せのままに,目一杯吸い込んで。
 「イキヲハイテラクニシテクダサイ」
 はいはい。

 ってな感じで,断層撮影そのものは2分くらいで終了。呆気ないな。
 点滴の針を抜いて,止血絆創膏貼ってもらって。
 「それじゃ,内視鏡検査室へ行きますね〜」
 検査室へ入ったところで,異変発生・・・咳をした瞬間,高まった腹圧でスライム状の何かがお尻から漏れた感じ(尾籠な話でスマソ)。どうやら,寝る前に飲んだ緩下剤のヨーピスの効き目が来たらしい・・・そこ,年食って括約筋が緩んでるから,とか言わないッ!!!
 看護師に断って,持って来ていた替えのボクブリを持ってトイレへ。あー感触通りの事態が・・・;;;
 気を取り直して,待機場所に戻ると今度は検査室の女性看護師からの説明。
 トレイに置かれた2ℓ入りの下剤を,30分かけて20㎖ずつ2回,次に水200㎖飲んで30分の1時間半が1サイクル。これを繰り返して大腸の中をきれいに・・・って気が長い話だなあ。
 このトレイのある人を見るに,今日大腸内視鏡を外来で受けるのは男二人,女二人,オキャマ一人ね(爆)
 9:15に飲み始めて,iPad miniで読書しながら2杯飲み終えて。まだ催さないなあ。ワタシの大腸は下剤に鈍感なのか?
 10:00になってやっとトイレに行きたくなった。あ,液状で出てくる。でも固形物も混じってるし,色も勿論茶色。10分後にも行ったけど,まだまだ。
 2サイクル目。10:30頃になると,色が薄くなってきた。固形物は小さい欠片レベル。
 そんなマズいわけじゃないけど,下剤飲むのにも飽きてきたなあ。言われた通りに時々立ち上がって検査室のある2階のフロアを歩き回ると,割と催しやすい。確かに歩くと腸の動きが活発になるみたいね。
 で,11:10。看護師が「次にトイレに行ったら,状態を見せて下さいね〜」と言ってたので,流さずに見てもらう。
 「・・・まだですねえ。頑張ってもう2杯飲んで下さい。その後でまた見ましょう」
 固形物はなくなったけど,まだ山吹色だもんね。

 2ℓの下剤もほぼ底を尽きた13:00。お小水よりも薄いくらいのレベルになって,やっとOK出ました〜。って,4時間弱かかったの??? 他の人たちも,大体前後してOK出たようで。
 事前にもらった案内によると,検査の開始は14時からってなってたけど,病院の検査体制の都合じゃなかったのね・・・(苦笑)
 看護師から,検査用の紙製パンツを渡されて,穿き替え。お尻の部分だけブリーフの前開きみたいになってて,穿くとゴワゴワ,スースー。

 脱水防止のためのあったかい麦茶を飲みながら待ってると,14:05に名前呼ばれて検査室へゴー。あれ?やっぱり一番乗り?
 iPad miniを預けて,ソックス脱いで,ベッドに座ったら腸の動きを止めるための薬を肩に筋肉注射。・・・針先を見てたから,看護師が言うほどには痛くなかった。
 間もなく先生登場。何も言わなかったのに安定剤なしで検査突入したのは,過去カルテのおかげ?
 指示通りに,左を下にして両足重ねて折り曲げて。
 「ゼリー塗りますー」
 麻酔剤のキシロカイン入り?かな。ただの潤滑ゼリーじゃないよね,エロビじゃないんだから(笑)
 「じゃ入れますよー」
 「力抜いてて下さいね〜」
 ・・・心配ご無用です。もっと固くて太いのが出入りするのに慣れてるから♪ 最近ご無沙汰だけど(苦笑)
 すぐ目の前にモニターが設置されていて,内視鏡カメラの映像が映し出される。よし,観戦できるぞ〜♪
 で,呆気なく入ったそこは,未知の世界(笑)。へーこーなってんだ。ガンガン当てられると気持ちEスポットはどのへんかしらん?と思う間もなく,内視鏡はどんどん奥へ奥へ。
 大腸は胃や十二指腸などよりイマイチ鈍感なのか,どうも先端がどこらへんにいるのかが神経を集中してないと感触としてよくわからない。それでも,横行結腸に入ったあたりは,角を曲がったせいかちょっと感じましたな。
 ここで,ゆっくり仰向けになるように指示。左足を曲げて,右足をその上に組むように載せる姿勢をキープ。あ,上行結腸に入った(笑)
 盲腸に到達したところで,「じゃ,これから戻りながら見ていきますよー。時々膨らませるために空気入れますけど,我慢しないで出しちゃって下さいねー」
 ・・・なんか,昔の悪ガキに捕まってストローで空気吹き込まれるトノサマガエルみたいな気分です(笑)

 ゆっくりゆっくり引き抜かれながら,要所要所で撮影。時々,残ってる液体を付属のノズルで吸い取ってるけど,なぜかその感触はあるというね。お腹の中に小さな掃除機が入ってるような,妙な感じ。別に不愉快じゃないけど。
 出口近くまで来たところで,先生が言ったです。
 「あーポリープ,ありますね」
 あ,ホントだ。ぷっくり膨らんでるのがモニタに写ってる。
 更に出口に近づいたところで,もう一つ。便潜血反応の犯人はこいつらか?

 余韻を感じる暇もなく,僕を体の中からいじりまわしたブツはスポンと抜かれて,検査終了。1回くらいスポット刺激してくれても,いいんじゃなぁ〜い?(当院はそーゆーサービスは一切行っておりません!)
 内視鏡抜いた後,中に入っていたゼリーがぬるりと穴から出てくる感触が・・・種付けされた後っぽくて,ちょっとだけ萌えたのはヒミツです(殴)
 蒸らしたタオルで看護師が拭いてくれたけど・・・渡してくれれば自分で拭いたのに。あ,男の看護師ならお任せしちゃうけどッ(再殴)
 「ハイ,じゃ検査終わりましたので,着替えて元の場所で座って待ってて下さいね〜」

 というわけで,検査自体は経鼻胃カメラよりも実は楽だったというね。
 結果につきましては,長くなったので次エントリで。



  1. 2017/11/09(木) 16:32:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6593:俳句1320


墜ち蟷螂だまつて抱腹絶倒せり


中村草田男




  1. 2017/11/08(水) 22:26:11|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6592:まずは半分......

 大腸内視鏡検査前の最後の晩餐は・・・腸内をさっさとキレイにしてしまいたいので,なし。
 ちなみに昼餐は,食パン1枚,朝は普段はグラノーラのバーとかバナナなんだけど,禁忌なので,面倒になって抜き。って,今日一日に食べた固形物は食パン1枚だけかぁ。
 ま,2週間ほどの絶食経験から,そんなことやっても日常生活には影響なく動けることわかってるので,いっか。

 というわけで,事前に飲むように渡されたヨーピスをば,そろそろ飲みまする。
 200mlの水で薄めてまず半分。ほぼ無色透明,味はほんのり甘みがあるかな,というレベル。よかった,マズい薬じゃなくて(笑)
 後は寝る前に残りを・・・って,実は夜型生物なので就寝時間はかなり遅いんだよね。検査前だからといって,簡単に前倒しできるわけもなく。とりあえず,一般的だと思われる12時頃に,飲んどくか。
 緩下剤だから,急にピーゴロゴロ・・・となることはないと思うけど。熟睡中に催したら,ヤだな;;;



緩下剤ヨーピス
薬袋の日付は,検査を仮予約した日ね。




  1. 2017/11/08(水) 19:19:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
iPad miniは2017.06.08に退役,
以後はiPad mini4(Gold)に。
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2017.Nov.18~)

honto
イスラムと近代化 共和国トルコの苦闘

ISBN :978-4-06-258544-6
新井 政美編著
講談社選書メチエ(1,728円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先