The 3rd. ..........なべてこの世はこともなし

 沖縄移住17年のゲイが垂れ流す身辺雑記,気になる記事,ノロケ,過去旅話。

No.6178:次のデートの予定も決まりつつある中,前回の再現はないだろうなと一抹の不安を隠せない件(笑)

 例年実行しております,GW中の1日デート。
 今回は,4日か5日ということで,僕の方がお休みを調整中。

 以前,沖縄県バス協会がやっていた,GW中の県内四社乗り放題1,000円チケットが復活するのなら,それを使いたいところだけど・・・この期に及んでも何のアナウンスもないから,期待薄。
 一応,か〜つのおにーさまから,車使用の許可はもらってるらしいので,ドライブデートもありなんですが・・・前回,フロントガラスの件で不発に終わってるからな〜(汗)

 GWは人出が多いから,恩納村の施設でのフリーフォールとかは絶対ムリな筈。何するにしても,並んでまでやろうとは思わないのですよ。
 すると,勝連城〜浜比嘉島コースかな?やっぱり。



BGM NOW
navy & ivory/幸せな左腕[★★★★★]
  1. 2017/04/18(火) 00:29:22|
  2. 相方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6177:短歌1092


見わたせば松のたえまに霞みけり遠里小野の花の白雲


式乾門院御匣




  1. 2017/04/16(日) 21:38:20|
  2. 短歌(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6176:第6期読破論文類(11)

 古代オリエント系。


 エジプト学研究第20号.pdf
 屋形禎亮/アマルナにおけるアトンの神官について.pdf
 河合望/トゥトアンクアメン王の「復興碑」について.pdf
 関廣尚世/彩文土器に描かれた文様 -エジプト先王朝期の「表現」について.pdf
 佐藤進/ダフユとサトラペイア -ペルシア帝国支配構造の予備的考察.pdf
 山田重郎/軍事遠征と記念碑建立 -アッシリア王シャルマネセル3世の場合.pdf
 柴田大輔/古代メソポタミアにおける神名の解釈学.pdf
 春田晴郎/アルシャク朝パルティアの一次史料 -バビロン天文日誌第3巻の公刊.pdf
 小林登志子/エンエンタルジのki-a-nag.pdf
 松島英子/紀元前第1千年紀のメソポタミアにおける聖婚.pdf
 杉山二郎/パルティア王宝冠考.pdf
 青木健/ザラスシュトラの預言者化 -10世紀アラビア語文献に見るアーリア人神官からセム的預言者への変貌.pdf
 川瀬豊子/ダーヤラワウ1世治世下の祭儀と王室経済 -ペルセポリスの場合.pdf
 前田徹/ウル第三王朝時代ウンマにおけるシャラ神殿造営.pdf
 前田徹/シュメール語文字史料から見た動物.pdf
 大城道則/原始絵画から読み解く古代エジプト文化:女性・船・来世観.pdf
 長郷まどか/エジプト・Akorisに見られる日乾煉瓦屋根架構法に関する研究.pdf
 田淵結/イスラエル王制成立に関する考察 -サウルの即位をめぐって.pdf
 藤井信之/タケロト2世治下におけるテーベ反乱 --リビア朝治下エジプトのアメン神官団の検討から.pdf
 内田杉彦/古代エジプトの子供たち -ナイルのほとりに生まれて.pdf
 木内智康/アッカド期における円筒印章外形の規格化.pdf



  1. 2017/04/16(日) 09:01:23|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6175:「ぼっち」はこわくないことを体現しているように見えるからウケるんじゃないか?な件(笑)

 京都市動物園にお住いの雌のフンボルトペンギン「ナンテン」が,ネット上で人気なんだそーです。
 理由は,その壁に向かって一羽立ち尽くす「ぼっち」な姿。群れに馴染めないで,自分一羽だけで行動しているんだーです。別にいじめられてるとかいうわけではないようで。
 確かに,記事の画像を見ると,その立ち姿がかわいい・・・しかし,7年前に入園してからずっとってことは,フンボルトペンギンの寿命がどんだけかは知りませんが,群れに入り込むのは最早無理なんでは?
 まあ,別にお互い困ってるわけでもなさそうなので,これは他のペンギンたちより仲間との距離が必要なナンテンさんの個性ってことで。


朝日新聞記事:壁に向かい立ち尽くす… 「ぼっち」ペンギン人気



 ナンテンさんがウケる理由・・・「絆」という言葉に象徴される,人と人との繋がりを強調/強制する空気に疲れが出てるんじゃないですかね? などと思ってしまうわけですよ,社会内隠者的生活を送るひねくれ者としては。
 「友だち百人できるかな」なんて,ぞっとしますわ・・・てか,それホントに友だちか?ただの知り合いレベルだろ(笑)



  1. 2017/04/16(日) 00:46:05|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6174:俳句1211


葱坊主はじっこの奴あっち向き


辻征夫




  1. 2017/04/15(土) 22:17:36|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6173:第6期読破論文類(10)

 源氏物語などの物語関係。


 伊勢光/物語における機能としての帝 -女の「かぐや姫」性をめぐって.pdf
 井上眞弓/『狭衣物語』嵯峨帝(院)のまなざしと耳 -父の娘管理に触れて.pdf
 横溝博/『いはでしのぶ物語』の表現機構 -皇統譜の喩としての桜.pdf
 岩佐理恵/『有明の別れ』の女院の完全性について.pdf
 久富木原玲/源氏物語の密通と病.pdf
 宮﨑裕子/不義の子の罪 -『苔の衣』冬巻「いと罪深きことにてあんなるものを」考.pdf
 栗本賀世子/『宇津保物語』の東宮後宮 -梨壺の問題を中心に.pdf
 呉羽長/『源氏物語』「関屋」巻の空蝉の造型をめぐる小考.pdf
 細野はるみ/光源氏の須磨行きについて -『源氏物語』の宗教的心性.pdf
 三村友希/延期される六の君の結婚 -葵の上の面影.pdf
 山本利達/女楽についての考察.pdf
 助川幸逸郎/『恋路ゆかしき大将』における<物語破壊> -<女性嫌悪>と<『法』としての父権>.pdf
 松浦あゆみ/『浜松中納言物語』における<渡唐体験>考.pdf
 松田存/『源氏物語』逸文雲隠をめぐって.pdf
 神野藤昭夫/幻・匂宮巻間の空白を読む.pdf
 杉浦一彰/『源氏物語』源典侍考 -「朝顔」巻の登場をめぐって.pdf
 清水好子/源氏物語の作風 -遠景の薫.pdf
 西山登喜/うつほ物語 種松王国の位相 -<轆轤師>へのまなざし.pdf
 青島麻子/『源氏物語』の召人について -真木柱巻の方法をめぐって.pdf
 川口陽子/「さるいみじき世の乱れ」考 -代補としての匂宮巻.pdf
 倉田実/夕霧家と左大臣家の養子女たち -移動する子ども.pdf
 大倉比呂志/『恋路ゆかしき大将』論.pdf
 中村文美/源氏物語の研究 -二条院から六条院へ.pdf
 猪川優子/『うつほ物語』俊蔭の「忍辱」 -琴の一族と皇室.pdf
 田坂憲二/二条東院構想の変遷 -明石の君母子の処遇をめぐって.pdf
 島田とよ子/致仕太政大臣の致仕について.pdf
 稲田利徳/藤原教長の「貧道集」と「伊勢物語」.pdf
 日向一雅/源氏物語と平安貴族の生活と文化についての研究 -貴族の一日の生活について.pdf
 武原弘/六条御息所造型の方法について -生霊事件を中心に.pdf
 豊島秀範/『しぐれ』論 -中世物語の展開.pdf
 望月郁子/桐壺帝の抵抗・挫折・再起 -桐壺巻を帝サイドから読む.pdf
 目加田さくを/源氏物語行幸の巻論 -内大臣家の人々造型.pdf
 藍美喜子/『源氏物語』と歴史(1) -冷泉院の命名をめぐって.pdf
 鈴木泰恵/浮舟から狭衣へ -乗り物という視点より.pdf
 櫻井清華/すさまじくもあるべきかな -宇治八の宮論.pdf



  1. 2017/04/15(土) 09:00:11|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6172:折り曲げられて,吊り下げられて・・・お次はスパンキング?それとも蝋燭でも?な件(笑)

 アメリカの建築事務所が,みょーな建築物のアイディアを相次いで発表したそーです。

 しょの1。
 ながーい逆U字型の超高層ビル。
 クリップというかひっくり返った音叉というか・・・間を飛行機が通り抜けられるから,航空ショーなんかにはもってこい(笑)
 巨大ハリケーンが襲来した時,風圧でどうにかならなきゃいいけど。


CNN Japan記事:形は逆U字、世界「最長」のビル 米建築事務所がアイデア



 しょの2。
 小惑星を地球周回軌道上に移動させ,そこからケーブルでビルを地球上に向かってぶら下げる,逆転の発想。基礎の小惑星は周回軌道上にあるので,それに合わせてビルも高速で空中を移動するというね。

 ・・・発想としては面白いんだけど。
 動力を持たない小惑星を,どうやって安定して周回軌道上に定位させるのか。
 いや,それ以前に,こんな巨大な棒(笑)が空中を移動してたら航空上の邪魔になるだろ,とか地震や津波からは解放されても今後増えると思われる超強力な暴風雨に巻き込まれたらどーなるんだ?とか,ツッコミどころ満載(笑) あと,基部に近い階層では,宇宙線対策も必要ですな。
 『地上に縛りつけられた生活から抜け出し、空中に浮かぶビルで自由に暮らせたら――。』と記事にはありますが,出入りも難しそうだし,なんのこたぁない,そのビルに縛りつけられた生活になるんじゃないですか?(爆笑)


CNN Japan記事:空中に浮かぶビル、米で構想 地震や津波からも解放



 ・・・建築家という人種は,いろんな発想をして驚かされるんですが。
 いっそスパンキングし合うビルとか,蝋燭(のようなもの)を垂らすビルとか,亀甲縛りのビルとか発想してみたらどーです?



  1. 2017/04/15(土) 00:45:56|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6171:俳句1210


大切の猫も留守なり朧月


井上井月




  1. 2017/04/14(金) 22:18:47|
  2. 俳句(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6170:第6期読破論文類(9)

 韓半島系。


 延恩株/新羅の始祖神話と日神信仰の考察 -三氏(朴・昔・金)の始祖説話と娑蘇神母説話を中心に.pdf
 荷見守義/ヌルハチ助兵の謎:文禄・慶長の役との関係をめぐって.pdf
 金鴻植/李朝初期における並作制成立の歴史的條件(下):主として奴婢制から佃戸制への移行問題に関連して.pdf
 桑野栄治/朝鮮成宗代の儀礼と外交 -『経国大典』成立期の対明遥拝儀礼.pdf
 古畑徹/渤海・日本間航路の諸問題:渤海から日本への航路を中心に.pdf
 三池賢一/新羅官位制度(下).pdf
 山内弘一/李朝儒教社会の形成 -一夫一妻制の定着過程をめぐって.pdf
 山本進/朝鮮王朝後期の貨幣政策と鴨緑江辺経済.pdf
 篠原啓方/朝鮮王朝の茶礼 -明・清使への賓礼を中心に.pdf
 森田豊/渤海小考 その3 -高句麗1.pdf
 森平雅彦/高麗における元の站赤 -ルートの比定を中心に.pdf
 西川孝雄/高麗時代の「烈女伝」と「方伎伝」研究 -立伝人物の分析.pdf
 西川孝雄/高麗時代邑号陞降の研究3.pdf
 糟谷憲一/李朝後期の権力構造の歴史的特質:門閥と党派.pdf
 竹腰礼子/李朝初期の駅について.pdf
 田中俊明/慶州新羅廃寺考(1).pdf
 武田幸男/広開土王碑からみた高句麗の領域支配.pdf
 北村秀人/高麗時代の地方交易管見.pdf
 野村伸一/朝鮮の仮面戯2 -死霊供養の戯として 承前.pdf
 矢木毅/高麗における軍令権の構造とその変質.pdf
 李泰勲・長節子/朝鮮前期の浦所に関する考察.pdf
 林在圭/韓国の祖先祭祀における儀礼食の特徴と共食 -忠清南道一両班村落の事例を中心に.pdf
 六反田豊/定陵碑文の改撰論議と桓祖庶系の排除 -李朝初期政治史の一断面.pdf
 曺述燮/『三国遺事』に現れる夢-その(2).pdf



  1. 2017/04/14(金) 08:59:29|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6169:下手したら来年まで待たなきゃいけないのか,それまで老体が保つのか心配になってきた件(笑)

 現在使用中の母艦iMacは,2009年製の8歳児。
 パソコンとしてはかなりのお歳になっちゃってるわけですが,とりあえずハード面では特に大きな問題を出すでもなく(2年目くらいに液晶に1dotだけ画素欠けが出たくらい),順調に稼働してくれてます。さすがに,Appleからは,最新OSはもう入れられまへんで!と断られてますが(笑)

 そろそろ買替え時とは思うものの,どうせ同じくらいの金額出すなら最新型で更新したいじゃないですか。
 で,Appleの上級副社長連の話では,年内に新型iMacを出すとか。・・・年内って,いつよ?
 新製品は初期の不具合が出ることが多いから,出てすぐに買うのは控えたいんだよね。ある程度人柱が出揃って,それが改善されたタイプからにしたい,用心深い人だから(苦笑)
 秋頃に発表,即発売開始,として出てきた問題が解消されるのは2〜3ヶ月後? んーーーーー,お願い,それまで元気で働いてよね?

 ・・・引退後のiMac(20-inch, Early 2009)は,動画入りでか〜つに譲っちゃおうかしら?

何の動画かというあたりは,忖度して下さい(←誤用)




  1. 2017/04/14(金) 00:45:40|
  2. 林檎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6168:短歌1091


花の色をうつしとどめよ鏡山春よりのちの影や見ゆると


坂上是則




  1. 2017/04/13(木) 22:31:05|
  2. 短歌(詩歌紹介)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No.6167:第6期読破論文類(8)

 日本史中世(戦国期まで)。


 阿部勝則/豊臣五大老・五奉行についての一考察.pdf
 綾部正大/大和国「国民」越智家栄の動向について -身分制の観点から.pdf
 安田元久/兵粮米・地頭加徴米小考.pdf
 安野眞幸/博多「唐坊」と蒙古襲来.pdf
 伊藤信博/室町時代の食文化考 -飲食の嗜好と旬の成立.pdf
 磯貝富士男/長承・保延の飢饉と藤原敦光勘申について.pdf
 永塚昌仁/鎌倉殿護持僧についての一考察 -源家三代期から宗尊親王期までを中心に.pdf
 遠城悦子/春華門院昇子内親王の八条院領伝領についての一考察.pdf
 遠藤ゆり子/執事の機能からみた戦国期地域権力 -奥州大崎氏における執事氏家氏の事例をめぐって.pdf
 岡邦信/鎌倉幕府に於ける地方監察の使節について.pdf
 下沢敦/『太平記』の記述に見る京都篝屋.pdf
 河音能平/畿内在地領主の長者職について.pdf
 丸島和洋/北条・徳川間外交の意思伝達構造.pdf
 義江彰夫/「保」の形成とその特質.pdf
 弓倉弘年/中世後期畿内近国守護の研究 -畠山氏の家系・分国支配と内衆および奉公衆等の動向.pdf
 金恩貞/摂関家年中行事における正妻の役割 -12世紀前期を中心に.pdf
 原水民樹/『吉記』寿永3年4月15日条の読み -崇徳院・頼長奉祀に係わる一問題.pdf
 五島邦治/応永26年「酒屋等請文」考証 -「町人」を中心に.pdf
 甲斐玄洋/建武政権の太政官符発給 -政権の理念と構想の一断面.pdf
 佐々木紀一/文覚発心説話と渡辺党の信仰.pdf
 佐藤秀成/防長守護小考.pdf
 佐藤和夫/安東水軍史論序説.pdf
 坂東瑞帆/戦国期京都におけるソシアビリテの一考察 -分一徳政令引付史料に現れる貸借関係から.pdf
 山田雄司/足利義持の伊勢参宮.pdf
 紫苑第5号.pdf
 柴佳世乃/慶政と園城寺 -慶政『三井寺興乗院等事』『大師御作霊像日記』を読む.pdf
 勝山清次/南北朝時代の東寺領近江国三村荘:守護領荘園の代官支配.pdf
 小谷俊彦/鎌倉期足利氏の族的関係について.pdf
 小林一岳/一揆の法の形成 -一族結合の法的性格.pdf
 小和田哲男/後北条氏領国における農民逃亡.pdf
 松浦義則/中世越前の諸地域について.pdf
 松薗斉/『看聞日記』に見える尼と尼寺.pdf
 松山宏/中世都市の条件について -不確な諸例.pdf
 松島周一/戦国期東西交通における智多と尾張.pdf
 上杉和彦/中世前期の近江国一宮建部社.pdf
 植田信廣/「名字を籠める」という刑罰について -『大乗院寺社雑事記』を手掛かりにして.pdf
 新井浩文/梶原政景の政治的位置 -足利義氏との関係を中心に.pdf
 森茂暁/足利将軍の元服 -足利義満より同義教に至る.pdf
 秦野祐介/クビライ・カアンと後嵯峨院政の外交交渉.pdf
 菅原正子/戦国大名の「法度」と分国法 -中国の法典と比較して.pdf
 星野重治/京極道誉被官吉田厳覚の動向をめぐって:京極道誉研究の一考察.pdf
 西村汎子/日本中世の老人観と老人の扶養 -女性を中心として.pdf
 青山英夫/室町幕府守護の領国形成とその限界:播磨国守護赤松氏を中心として.pdf
 石原比伊呂/足利義嗣の元服.pdf
 石塚栄/在地領主の得分権について -古代末期における在地領主制に関連して.pdf
 川岡勉/中世伊予の開発領主と国衙.pdf
 泉谷康夫/鎌倉時代の大和国 -興福寺と多武峰を中心に.pdf
 大山喬平/文治の国地頭をめぐる源頼朝と北条時政の相剋.pdf
 大塚俊司/戦国期大友氏の年中行事と家臣団.pdf
 滝沢優子/定家と成家 -『明月記』俊成死亡記事に見る確執.pdf
 谷昇/興福寺・和泉国司紛争と後鳥羽上皇 -建久9年初度熊野御幸をめぐって.pdf
 丹生谷哲一/鎌倉幕府御家人制研究の一視点 -散所御家人を通して.pdf
 池享/中世後期における「百姓的」剰余取得権の成立と展開:戦国大名領国支配の前提として.pdf
 中井裕子/建武新政期の検非違使庁について.pdf
 仲村研/朽木氏領主制の展開(続).pdf
 朝倉弘/大和国司興福寺考2 -春日若宮おん祭の創始.pdf
 長谷川裕子/戦国期畿内周辺における領主権力の動向とその性格 -近江国坂田郡箕浦の今井氏を事例として.pdf
 辻浩和/南北朝期祇園社における居住と住宅.pdf
 天野忠幸/戦国期畿内の流通構造と畿内政権.pdf
 田中信司/松永久秀と京都政局.pdf
 田平孝三/播磨国飾磨津別符の伝領と支配.pdf
 渡邊大門/備前国浦上宗景の権力構造.pdf
 湯浅吉美/『吾妻鏡』に見る鎌倉武士の方違え.pdf
 藤井崇/教弘期大内氏分国における東寺勧進聖性栄の勧進活動.pdf
 藤川功和/平経高と六条宮 -『平戸記』に見られる順徳院思慕のかたち.pdf
 日隈正守/平安後期から鎌倉期における大隅国正八幡宮の禰寝院支配.pdf
 白井克憲/建永元年の後白河法皇託宣事件について.pdf
 飯田悠紀子/伊勢平氏の領主的性格.pdf
 服部英雄/景観にさぐる中世:変貌する村の姿と荘園史研究.pdf
 福島二朗/東山道が果たした役割と地方の地域社会発展に及ぼした影響について.pdf
 平田伸夫/問注所とその文庫 -鎌倉初期幕政下に於ける所在と性格.pdf
 平澤悟/室町期の興福寺大乗院門徒.pdf
 北爪眞佐夫/後白河と清盛.pdf
 網野義彦/日本中世の桑と養蚕.pdf
 木元英策/戦国期「得分」の存在形態と成立過程.pdf
 野口実/鎮西における平氏系武士団の系譜的考察.pdf
 柳川響/貴族日記と説話 -藤原成佐をめぐる二説話と『台記』.pdf
 鈴木公雄/出土備蓄銭と中世後期の銭貨流通.pdf
 鈴木江津子/室町幕府足利義教「御前沙汰」の研究.pdf
 和田琢磨/将軍義詮像の性格 -40巻本『太平記』と足利将軍家との関係.pdf
 槇道雄/院政時代における院領荘園支配機構とその性格.pdf



  1. 2017/04/13(木) 09:23:37|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

Ikuno Hiroshi

Author:Ikuno Hiroshi
Self
↑現在  ↓過去の一時期
755860.jpg
広島から沖縄へ移住した100%ゲイ。
年齢不詳に見えるが五十路を越えた。
ハッテンバで出逢った10歳下の相方と
・・・何年目だっけ? でも,いつも
いちゃいちゃ熱々バカッポー実践中。

LC630以来の筋金入り林檎使い。
Power Macintosh 7300
→ iMac(Blueberry)
→ eMac
→ iMac (20-inch, Early 2009)
虎→雪豹→獅子丸
→山獅子→寄席見て
→得甲比丹
そして,満を持してiPad mini!
更に,iPhone6!
ネットはNiftyServe以来の古参兵。

ついでに典型的なB型的性格。
パタリロのギャグは
ほぼ暗記しているらしい。
猫・犬複本位制だったが,
現在は,猫本位制に移行。
芸能・スポーツ以外の雑学王(笑)

HIV関連

財団法人 エイズ予防財団

HIV検査・相談マップ

読書中の本(2017.Apr.21~)

honto
江戸城−本丸御殿と幕府政治

ISBN :978-4-12-101945-5
深井 雅海著
中公新書(821円)

過去の『読書中の本』一覧

最近の記事

コメントツリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月間アーカイブ

plugin by カスタムテンプレート

カテゴリ

お気に入りリンク








旅先写真館
風景・街並み



ゲイリンク

SindBad Bookmarks
SindBad Bookmarks

All About [同性愛]
All About [同性愛]

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)
にほんブログ村
同性愛・ゲイ(ノンアダルト)


ブログ内検索

RSSフィード

管理者運営サイト

このブログをリンクに追加する

連絡先